ヤフオク出品者の【入札の取り消し】手数料や方法、依頼された場合の対応、評価などについて

ヤフオクの入札を取り消してがっかりする女性

はじめに

ヤフオク出品者は、嫌がらせの入札や、入札者からの依頼などを理由に「入札の取り消し」を行うことができます。

出品者保護の観点からも、「取り消し」自体にペナルティはなく、不測の事態でも安心してオークションを継続することができます。

この記事では、せっかく入った入札がなぜ取り消しに至ってしまうのか、その理由や対応方法、取り消しの方法や影響についてもご紹介します。

 

「入札の取り消し」に至る理由

売るために出品した商品に、買名乗りを上げてくれる人が現れた。にもかかわらず、入札を取り消すのですから、それなりの理由があります。

嫌がらせ

これは、本人に聞いたわけではなくあくまで想像です。

  • ライバル出品者の販売活動を妨害するため。
  • たくさん売れている出品者が気に入らない、妬み。
  • 嫌がらせが楽しい、愉快犯。
  • そもそも本人には「嫌がらせ」の意識はないが、出品者は「嫌がらせ」と感じてしまう。

私は、運よく遭遇したことがないので、上記は聞いた話でしかないのですが、「嫌がらせ」に困っている出品者の方々はたくさんいらっしゃいます。

また、たまたま遭遇するわけではなく、被害が繰り返し起きてしまうのも特徴のようです。

 

入札者からの依頼

何らかの理由で「出品者への質問」を通して、入札者から取り消したい旨の連絡をもらうことがあります。

  • 他にもっと良い商品が見つかった。(はっきりとは言わないと思いますが)
  • 間違って入札してしまった。(ゲーム、スマホ、電化製品の型番違いなど)
  • 気が変わって買うのをやめたくなった。(必要性や支払い能力の問題)

入札者側には、自分自身で「入札の取り消し」を行う手段はありません。そのため、ガイドライン通り「出品者への質問」を利用して取り消しを依頼します。

 

入札者の「評価」が悪い

これは、出品者自身のコントロールになります。やはり、ヤフオク!に参加するには、出品者、入札者(落札者)ともに多少の勉強が必要です。

ヤフオク!に慣れていない落札者とは、スムーズに取引が進まないことがあります。

  • 個人情報や支払い方法、取引の流れなどを質問される。
  • 連絡や支払いが遅い。
  • 受取連絡をしてくれない。

出品歴が長くなると、こういった勉強不足の方々と何度も遭遇し、最終的には「新規」や「評価が悪い」落札者との取引を控える出品者としての気持ちが芽生えます。ただ、最終的には出品者の自己判断です。

 

スポンサーリンク

各理由への対応方法と「入札の取り消し」方法

「嫌がらせ」への対応方法

「嫌がらせ」の基準はありませんが、自分がそうだと感じた場合の対応についてご紹介します。

まず、入札を取り消します。出品者側にペナルティはありません。取り消された入札者は、同じオークションには再入札できなくなります。

さらに、その入札者を「ブラックリスト」に登録することもでき、今後一切の取引(入札、質問、値下げ交渉)を拒否することができます。同一人物が使っていると推測されるYahoo! JAPAN IDも同時に登録されます。(相手のオークションに対しても同じことができなくなります。)

ブラックリストに登録したことは、相手には通知されません。

 

ヤフオク出品者の【ブラックリストの編集】登録方法や影響について
はじめに ヤフオク!は、誰もが参加できる開かれた場所である一方で、顔が見えないが故に、意思疎通を図るのが困難な状況になることがしばしば発生します。また、匿名性を逆手にとっての嫌がらせも、少なからず存在します。 そんな、無用なトラ...

 

入札者からの「取り消し依頼」への対応方法

入札者側に「入札の取り消し」権限はなく、出品者側に判断は委ねられます。

納得のいく正当な理由での依頼であれば、特に問題なく「入札の取り消し」で事は済みますが、不可解な理由であったり、気分を害するやり取りになってしまった場合は、上記同様、「ブラックリスト」に登録することもできます。

また、「出品者への質問」を通して取り消しの依頼があった場合、稀に「公開」を嫌って、返事は不要という入札者の方がいます。この場合、返事をせずに入札の取り消しのみで構いません。返事をしなければ「公開」されません

 

評価が悪い入札者への対応方法

こちらも完全に出品者の判断です。

私も、良い評価と悪い評価が半々の方から入札をいただいたことが何度かありますので、そういうときにどう対応しているかをご紹介します。

まだ、ヤフオク!を始めて間もない方の場合は、慣れていない分、評価が割れることは大いにあり得ます。評価数が少なく、「良い評価」の率が悪い入札者のとき、私の場合は、過去の評価一覧を見て判断するようにしています。

どんな理由で悪い評価をされたのか、それに対してどんな反応を見せているのか、反省はしているのか、などです。

今後の改善が見込まれる場合は、通常通り取引を進めますが、あまりに感情的になってバトルを繰り返しているような方だと、さすがに引きます。。。

 

「入札の取り消し」方法

入札を取り消すと、同じ入札者による入札はすべて取り消され、同じオークションに再入札することもできなくなります。

オークションの管理「入札の取り消し」

  1. ヤフオク!TOP ⇒マイ・オークションの「出品中」をクリック
  2. 取り消したい入札がある商品の商品名をクリック
  3. オークションの管理の「入札の取り消し」をクリック
  4. 入札者の一覧表示で、取り消したい入札者の[取り消し]をクリック
  5. 確認ページで内容を確認(ブラックリストに登録したい場合はチェック)
  6. 「入札を取り消す」ボタン

これで入札が取り消されます。

 

スポンサーリンク

「入札の取り消し」による影響 手数料や評価について

手数料について

前述した通り、「入札の取り消し」自体には、何のペナルティもありません。ただ、入札を取り消した後に、オークションそのものを取り消すと「出品取消システム利用料:500円(税抜)」が発生します

 

【ヤフオクに出品した商品の取り消し】料金や再出品などについて
はじめに ヤフオク!に出品した商品を取り消したい、その場合の料金や方法、再出品の方法などについてのご紹介です。また、一旦出品はしたものの、内容を訂正したい場合も、ほとんどの場合「取り消し」が必要になります。 内容を把握して慣れて...

 

つまり、商品自体に問題が発生したり、出品者の都合でオークションを継続できなくなった場合は、速やかに「オークションの取り消し」を行う必要があるということです。

 

評価について

こちらも「入札の取り消し」のみでは、評価には影響しません。影響が出るのは、売れない商品であるにもかかわらず、入札⇒オークション終了⇒落札 となった場合です。

 

ここからは上記「影響が出る場合」の参考です。

出品者都合で、落札者に事情を説明して「落札者を削除」することになります。さらに評価は、

  • 取引相手から自動で「非常に悪い」
  • ヤフオク!のシステムから「非常に悪い」

と、目も当てられない状況になります。商品が売れない状況になった場合は、落札される前に速やかに対応を取ってください。

 

 

以上が、「入札の取り消し」の理由やその対応、手数料や評価などへの影響についてのご紹介となります。この記事が、楽しいヤフオク!ライフの一助になれれば幸いです。

 

※金額・ルール等は、2018年11月現在のものです。

コメント