ゆうメールとは?サイズ・厚さ・重さなどの概要と追跡・配達日数・送り方に至るまで幅広く解説。

実際の「ゆうメール」

 

ゆうメール」は、重量ごとに定められた全国一律料金で、1kgまでの重さの「冊子状の印刷物(雑誌・書籍など)」または「電磁的記録媒体(CD・DVDなど)」を送ることができる日本郵便が提供するサービスです。

スマートレターレターパックなどのような専用封筒ではなく、自分で用意した封筒や厚手のビニール袋、段ボール箱などでの発送が可能で、送料には切手も利用することができます。

また、スマートレターやレターパックには付加できない、速達や書留などのオプションサービスが付加できるのも特徴のひとつです。

この記事では、そんな「ゆうメール」について、サイズ・厚さ・重さなどの概要に加えて、追跡サービスや配達日数、送り方に至るまで幅広く解説しています。

※この記事は、大口事業者の特別制度は除外した内容になっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆうメールのサイズ・厚さ・重さなどの概要と追跡サービス・補償等について

基本情報

サイズ(長さ)14cm~34cm
サイズ(幅)9cm~25cm
厚さ3cmまで
重さ1kgまで
150gまで250gまで500gまで1kgまで
180円215円310円360円
追跡サービス無し
補償無し
  • 円筒形または似た形のものも可能で、最小サイズは「直径(厚さ)3cm、長さ14cm」。
  • 特例:6cm×12cm以上の耐久性のある厚紙または布製のあて名札をつければ差出し可能。

 

定形外郵便やクリックポストとの料金等の比較

ゆうメールは、重さによって段階的に料金が決まります。よく似た料金体系に「定形外郵便物」がありますが、荷物を「冊子とした印刷物」または「電磁的記録媒体」に限ると、若干「ゆうメール」の方が安くなると言えます。

  • 例:定形外郵便物「規格内」
    • 100gまで:140円(これは定形外が安い)
    • 150gまで:210円
    • 250gまで:250円
    • 500gまで:390円
    • 1kgまで:580円

ただ、切手は使えませんが、ゆうメールのサイズ限度とよく似た「クリックポスト」の場合は、1kgまで198円で送れますので、個人が利用するほとんどの場合、ゆうメールに出番はありません。

いろいろなケースを想定してみましたが、

  • 100gまで:定形外140円、ゆうメール180円、クリックポスト198円、で定形外の勝ち。
  • 150gまで:定形外210円、ゆうメール180円、クリックポスト198円、でゆうメールの勝ち。
  • 250gまで:定形外250円、ゆうメール215円、クリックポスト198円、でクリックポストの勝ち。
  • 250g~1kgまで:198円のクリックポストが明らかに勝ち。

となりますので、ゆうメールに分があるのは、重さが100g~150gのみということになります。この場合はクリックポストの198円より18円安く送れます。

 

スポンサーリンク

主なオプションサービス

項目内容料金
速達+330円
一般書留損害要償額10万円まで+380円
10万円以上は5万円ごとに
(最大500万円)
+21円増
簡易書留損害要償額5万円まで+320円
引受時刻証明条件:一般書留+320円
配達証明
(条件:一般書留)
差出時に依頼+320円
差出後に依頼+440円
特定記録+160円
代金引換+265円
配達日指定日曜・休日も可+52円
本人限定受取条件:一般書留+105円
着払い料金後納・私書箱以外+21円/個

※詳しくは「日本郵便-ゆうメールの主なオプションサービス等」をご覧ください。

 

追跡サービスについて

基本サービスには、追跡サービスは付加されていません

利用したい場合は、オプションとして「書留」や「特定記録」を付加する必要があります。

また、基本サービスに追跡サービスが付加されている配送方法は以下になります。

 

補償について

基本サービスは、損害賠償の対象ではありません

賠償・補償が必要な場合は、オプションとして「書留」を付加する必要があります。また、以下の配送方法もあります。

 

スポンサーリンク

ゆうメールで送れるもの・送れないもの

ゆうメールで送れるもの・送れないもの

引用元:日本郵便-ゆうメールとして送付可能なお荷物

送れるもの(利用例)

  • 冊子とした印刷物…例:書籍・雑誌、商品カタログ、各種マニュアル、カレンダーなど
  • 電磁的記録媒体…例:CD・DVD・MD、ビデオテープ、カセットテープなど
  • コイル状の金具でとじたカレンダー
  • 冊子を筒状にして梱包したもの

 

送れないもの

  • 上記以外のもの
  • 信書(ただし、内容物に関する簡単なあいさつ状、請求書等の無封の添え状や送り状は同封可)
  • 印刷を利用していない手書きの紙など
信書とは…受取人に対して差出人の意思を表示する文書、または事実を通知する文書。(該当例:手紙・納品書・領収書・見積書・各種証明書・結婚式の招待状など)

 

ゆうメールの送り方

  • 封筒・ビニール袋・箱などを利用して、下記の方法で「内容品が確認できるように」して荷物を用意する。
    • 封筒や袋の一部をハサミなどで切って中身が確認できるようにする。
    • 透明な袋を使う。
    • 郵便局窓口で中身を提示する。
  • 外装の見やすいところにゆうメール」の文字を表記し、宛名を書く(上記よりこちらが先でも可)。
  • 料金を切手で支払う場合は切手を貼ってポストに投函。現金で支払う場合は郵便局窓口へ。
    • 慣れない場合は、窓口へもっていけば、重さを量って料金を算出してくれたり、「ゆうメール」のはんこを押してくれたりと、やり方を教えてくれる。
  • 届け先の郵便受箱に配達される。
    • 郵便受箱に入らない場合は、手渡しでの配達となる。どちらの場合もできなかった場合は、不在配達通知書が入れられる。

 

書籍を購入した際に、黒いビニール袋で送られてきた、実際の「ゆうメール」です。右下が切られていて、中身が確認できるようにしてあります。

実際に送られてきたゆうメールの袋(右下が切り取られている)

 

スポンサーリンク

ゆうメールの配達日・配達日数

配達日

配達は平日・土曜日のみで、日曜日・休日は配達されません。

お急ぎの場合や日曜日・休日に届けたい場合は、オプションとして「速達」・「配達日指定」などを付加する必要があります。また、以下の配送方法もあります。

 

配達日数

日本郵便のWEBサイトに「お届け日数を調べる」ページがあります。

ゆうメールは通常、普通郵便(定形郵便・定形外郵便など)と同じ扱いになるそうです。

検索すると、比較的近い地域は「翌日」または「翌々日」、遠方の地域(九州⇒北海道)でも「翌々日」との検索結果が出ますが、日曜日・休日は配達がありませんし、天候や交通状況によっては、3~5日かかることもあるようです。

 

ゆうメールのメリット・デメリット(注意点)

メリット

  • 送料に切手が利用できる。ヤフオク!で利用すれば切手の換金も可能。
  • 豊富なオプションサービスが利用できる。《例:配達日指定(+52円)で日曜日・休日でも配達が可能。》

 

デメリット(注意点)

  • 個人利用のほとんどの場合、クリックポストの方が安い。
    • 例…200gの書籍の場合、ゆうメール:215円、クリックポスト:198円。
  • 追跡サービスが利用できない。
  • 損害賠償の対象ではない。
    • 対処法1:オプションとして「書留」を付加する。
    • 対処法2:「定形外郵便+書留」などに変更。
  • 送れるものが限られている。
  • 信書が送れない。
  • 発送方法に慣れないと使いにくい。

 

おわりに

ヤフオク!で、いかに安く商品を発送できるかを出品の度に考えている私ですが、やはり「ゆうメール」には出番がありません。

記事内で何度もご紹介した通り、料金面ではほとんどの場合、クリックポストに分があります。

もし、ゆうメールに大きな出番があるとしたら、それは個人ではなく、毎月一定の荷物を差出して後納契約する事業者ではないでしょうか。

中身が確認できるように角を切り取ったりと、なにかと不思議なルールに包まれたサービスです。

 

※金額・サービス等は、2020年4月現在のものです。

コメント