スマートレターとは?サイズ・厚さ・追跡などの概要と配達日数や送り方に至るまで幅広く解説。

スマートレター「表」「ロゴ」「裏」「投函」

引用元:日本郵便-スマートレター

 

スマートレター」は日本郵便が提供するサービスで、専用封筒を購入し、1kgまでの重さなら全国一律180円でさまざまなものを送ることができるサービスです。

郵便局や郵便局のネットショップ、コンビニエンスストアでも専用封筒が購入でき、送りたいものを入れて、そのままポストへの投函ができるため、いつでも発送ができる便利なサービスとして利用されています。

厚さも2cmまで可能で広範囲のものに利用でき、切手を貼る必要がなく梱包作業も楽なため、ヤフオク!やメルカリの出品者がまとめ買いをして利用することもある、人気の発送方法です。

この記事では、そんなスマートレターについて、サイズや厚さ、追跡サービスなどの概要に加え、配達日・配達日数、送り方に至るまで幅広く解説しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートレターのサイズ・厚さ・追跡サービス・補償などの概要

基本情報

サイズ25cm×17cm(A5ファイルサイズ)
厚さ2cmまで
重さ1kgまで
料金(全国一律)180円
差出場所ポスト・郵便局窓口
配達方法郵便受箱
追跡サービス無し
補償無し

 

定形外郵便物やクリックポストとの料金等の比較

同じサイズと重さの場合(上記のMAX)、定形外郵便物「規格内」の料金は580円ですので、スマートレターなら3分の1以下の料金で送れることになります(定形外郵便物「規格内」は34cm×25cm、厚さ3cmまで可能)。

定形外郵便物「規格内」の料金は、100g以内が140円、150g以内が210円となっていますので、一般的には、100gを超えるかどうかが、発送方法を決める分岐点になると思われます。

また、重さが100gを超えて、厚さも2cmを超えそうなときは、重さが1kg、厚さが3cmまで可能な「クリックポスト」がおすすめです。全国一律188円で送ることができます(クリックポストのサイズは34cm×25cmまで可能)。

 

オプションサービスについて

オプションサービスを付加することはできません。

付加したい場合は、別の配送方法に変更する必要があります。

 

追跡サービスについて

追跡サービスは利用できません。

利用したい場合は、別の配送方法に変更する必要があります。

 

補償について

損害賠償の対象ではありません。

賠償・補償が必要な場合は、別の配送方法に変更する必要があります。

 

スポンサーリンク

スマートレターで送れるもの(利用例)

公式サイト上で、送れないものとして次の記述があります。

  • 次のようなものの送付はご遠慮ください。
    • ガラスや陶磁器などのわれもの
    • 精密機械などのこわれもの
    • なまもの・いきもの
    • 芸術作品等代替品の入手が困難なもの
  • 万一配送途中に事故があった場合でも、損害賠償は行いません。
  • 現金・貴金属等の貴重品および爆発物・毒劇物等の危険物等を入れて送付することはできません。

引用元:スマートレター-ご利用の条件

つまり、上記以外のものであれば、送ることが可能ということになります。また、クリックポストゆうメールゆうパケット等では送れない「信書」も送ることができます

信書とは…受取人に対して差出人の意思を表示する文書、または事実を通知する文書。(該当例:手紙・納品書・領収書・見積書・各種証明書・結婚式の招待状など)

 

代表的な利用例は、「書籍」「CD・DVD」「文房具」「カード類」「小物・雑貨」などになります。

スマートレターの利用例

引用元:日本郵便-スマートレター

 

スマートレターの購入場所と安く買う方法

購入できる場所

  • 全国の郵便局:定価販売
  • コンビニエンスストア等切手類販売所:定価販売(販売していない店あり)
  • 郵便局のネットショップ:定価販売(5,000円以上で送料無料)
  • ヤフオク!:定価の110%前後
  • メルカリ:ほとんど販売なし
  • Amazon:定価の120%~140%
  • 金券ショップ:定価の97~98%(枚数が多いほど割引率が高い、例:100枚-17,200円、95.55%)

調査は2019年10月です。特に定価よりかなり高い価格で販売されているAmazonには注意が必要です。

 

安く買う方法

  • 欲しいときに確実に手にいれるなら、近くの郵便局やコンビニで定価で買う。
  • 忙しい方は郵便局のネットショップで、5,000円分以上注文して送料無料で買う。
  • 急ぎでなければ、ヤフオク!で定価割れで出品されたものを落札する。かなり難しい。
  • 金券ショップのそばを通りかかったときに、ついでに割引で買う。

どの方法も今一つ決め手に欠けますので、もう一つご紹介するとしたら、コンビニ等で、クレジットカードや電子マネーで購入する方法です。

クレジットカードのポイント還元や電子マネーのチャージをうまく利用することで、安く買うのと同等の効果が得られます。

どのケースも一長一短ありますので、ご自身の状況に合わせて購入してください。

 

スポンサーリンク

スマートレターの送り方

  • 上記の何れかの方法で専用封筒を買う。
  • 届け先や自分の情報を記入する。
    • 印刷したものを貼ることも可能。
  • 送りたいものを入れる。
    • 厚さが2cmを超えていないか、重さが1kgを超えていないか確認。
  • ポストに投函、または郵便局窓口に差出す。
  • 届け先の郵便受箱に配達される。
    • 郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書が入れられる。

このように、送り方は非常に簡単です。強いて言えば、厚さ重さに注意することです。

 

スマートレターの配達日・配達日数

配達日

配達は平日・土曜日のみで、日曜日・休日は配達されません。

また、速達等のオプションも付加できませんので、お急ぎの場合や日曜日・休日に届けたい場合は、別の配送方法に変更する必要があります。

 

配達日数

日本郵便のWEBサイトに「お届け日数を調べる」ページがあります。

検索すると、比較的近い地域は「翌日」または「翌々日」、遠方の地域(九州⇒北海道)でも「翌々日」との検索結果が出ますが、スマートレターは普通郵便と同様の扱いで、日曜日・休日は配達されませんし、遠方の場合や天候、交通状況によっては、さらに2~3日多めにかかることもあります。

 

スマートレターのメリット・デメリット(注意点)

メリット

  • 料金が安い。重さが100g超~1kgの場合、定形外郵便物より安くなることがほとんどである。
  • 信書を送ることができる。
  • 専用封筒なので、切手や封筒を用意する必要がなく、梱包作業が簡単である。
  • どんな時間帯でも、24時間営業のコンビニで専用封筒を買い、送りたいものを入れてそのままポストに投函できるので便利である。

 

デメリット(注意点)

 

おわりに

クリックポスト同様、1kgまで可能でありながら200円弱で送れるサービスは他にありません。

また、切手を貼ったり、別途、封筒を用意したりする必要がないため、非常に簡素化された便利なサービスです。

料金は全国一律180円。書籍や雑貨等を送る際に、是非一度お試しください。

 

※金額・サービス内容は、2019年10月現在のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました