レターパックプラス・ライトのサイズ・厚さ・追跡などの概要と配達日数や出し方に至るまで幅広く解説。

レターパックプラス・レターパックライト

引用元:日本郵便-レターパック

 

レターパック」は日本郵便が提供するサービスで、専用封筒を購入し、4kgまでの重さなら全国一律料金でさまざまなものを送ることができるサービスです。

レターパックには、料金が520円の「レターパックプラス」と、370円の「レターパックライト」の2種類があり、いくつかの項目でサービス内容に違いがあります。

郵便局やオンラインストア、コンビニエンスストアでも専用封筒が購入でき、送りたいものを入れてそのままポストへの投函ができるため、いつでも発送ができる便利なサービスとして広く利用されています。

厚さも、レターパックプラスは制限なし、レターパックライトは3cmまで可能で広範囲のものに利用でき、切手を貼る必要がなく梱包作業も楽なため、ヤフオク!やメルカリの出品者がまとめ買いをして利用することもある、人気の発送方法です。

この記事では、そんなレターパックについて、サイズや厚さ、追跡サービスなどの概要に加え、配達日・配達日数、出し方に至るまで幅広く解説しています。

 

増税後のレターパック

  • 旧料金のレターパックをお持ちの方、2019年10月1日以降は、新料金との差額分の切手を貼付してご利用ください。
  • 新料金のレターパックと交換することもできますが、手数料が42円かかってしまいます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レターパックのサイズ・厚さ・追跡サービス・補償などの概要

基本情報

 レターパックプラスレターパックライト
サイズ34cm×24.8cm(A4ファイルサイズ)
重さ4kgまで
厚さ3cm超えてもOK3cmまで
料金520円370円
差出場所ポスト・郵便局窓口
集荷有り無し
配達方法対面手渡し郵便受け
追跡サービス有り
補償無し

 

料金の違い:「厚さ」と「配達方法」について

料金が違う理由は主に2点、「厚さ」と「配達方法」です。

厚さは、3cmを超えるかどうかの違いです。

配達方法は、レターパックプラスの場合、対面での手渡しとなり、受取印または署名をもらいます。不在の場合は、不在配達通知書が郵便受箱に入ります。

レターパックライトの場合は、郵便受箱への配達です。郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書が入ります。

 

「集荷」について

レターパックプラスには集荷のサービスがありますが、郵便局ごとに対応が異なるので、事前の問い合わせが必要です。

 

オプションサービスについて

オプションサービスを付加することはできません。

付加したい場合は、別の配送方法に変更する必要があります。

 

追跡サービスについて

レターパックプラス・レターパックライト、ともに追跡サービスが利用できます

追跡番号は、専用封筒に貼り付けてあるシールに印字されており、このシールをはがして荷物を差出します

ヤフオク!等で相手に追跡番号を知らせる必要がある場合は、このシールに印字された番号を伝えます。

追跡は、日本郵便の専用ページ「追跡サービス-個別番号検索」で行えます。

 

補償について

損害賠償の対象ではありません。

賠償・補償が必要な場合は、別の配送方法に変更する必要があります。

 

「旧レターパック」について

510円(500円)または360円(350円)で購入済みの旧レターパックは、10円分(20円分)の切手を貼れば利用できます。

新しいレターパックと交換することもできますが、手数料が42円かかってしまいます。

 

スポンサーリンク

レターパックで送れるもの(利用例)

公式サイト上で、送れないものとして次の記述があります。

  • 次のようなものの送付はご遠慮ください。万一配送途中に事故があった場合でも、損害賠償は行いません。
    1. ガラスや陶磁器などのわれもの
    2. 精密機械などのこわれもの
    3. なまもの・いきもの
    4. 芸術作品等代替品の入手が困難なもの
  • 現金・貴金属等の貴重品および爆発物・毒劇物等の危険物等を入れて送付することはできません。

引用元:レターパック-ご利用の条件

つまり、上記以外のものであれば、送ることが可能ということになります。また、クリックポストゆうメールゆうパケット等では送れない「信書」も送ることができます

信書とは…受取人に対して差出人の意思を表示する文書、または事実を通知する文書。(該当例:手紙・納品書・領収書・見積書・各種証明書・結婚式の招待状など)

 

代表的な利用例は、「書籍」「CD・DVD」「プレゼント」「衣類」「オークション商品」「カタログ」「パンフレット」などになります。

レターパックで送れるものの例

引用元:ゆうびん.jp-レターパック

 

レターパックの購入場所と安く買う方法

購入できる場所

  • 全国の郵便局:定価販売
  • コンビニエンスストア等切手類販売所:定価販売(販売していない店あり)
  • オンラインストア「ゆうびん.jp」:定価販売(5,000円以上で送料無料)
  • ヤフオク!:定価の100%~110%(定価割れもわずかに)
  • メルカリ:定価前後(出品数は少ないが定価割れも散見)
  • Amazon:定価の115%~120%
    • ※販売者は「日本郵便」ではない。
  • 金券ショップ:定価の96~99%

調査は2019年10月です。金券ショップが最も安価でAmazonが最も高額でした。

これは1年前と同じ状況ですが、ほとんど販売物がなかったメルカリでもレターパックの出品が確認できました。

 

安く買う方法

  • 欲しいときに確実に手にいれるなら、近くの郵便局やコンビニで定価で買う。
  • 忙しい方はオンラインストアで、5,000円分以上注文して送料無料で買う。
  • 急ぎでなければ、ヤフオク!やメルカリで定価割れで出品されたものを落札する。
  • 金券ショップのそばを通りかかったときに、ついでに割引で買う。

最も安く確実に購入できるのは、2019年10月の調査では金券ショップです。

また、チャンスは多くありませんが、ヤフオク!やメルカリでも定価の95%程度での購入チャンスがあります。

もう一つ紹介できるとしたら、コンビニ等でクレジットカードや電子マネーで購入する方法です。クレジットカードのポイント還元や電子マネーのチャージをうまく利用することで、安く買うのと同等の効果が得られます。

 

スポンサーリンク

レターパックの出し方

レターパックの追跡番号

引用元:伝票のお問い合せ番号について

  • 前項の何れかの方法で専用封筒を買う。
  • 届け先や自分の情報を記入する。
    • 印刷したものを貼ることも可能。ネット上にテンプレート多数あり。
  • 送りたいものを入れる。
    • 重さが4kgを超えていないか、レターパックライトの場合、厚さが3cmを超えていないか確認。
  • 追跡番号が印字されたシールをはがす(画像参照)。
  • ポストに投函、または郵便局窓口に差出す。
    • レターパックプラスは集荷サービスがあるが、問い合わせが必要。
  • 追跡サービスを利用する(必要な場合)。
  • 届け先に荷物が到着する。
    • レターパックプラスの場合は、対面での手渡しとなり、受取印または署名が必要になる。不在の場合は、不在配達通知書が郵便受箱に入る。
    • レターパックライトの場合は、郵便受箱への配達となる。郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書が入る。

 

レターパックの配達日・配達日数

配達日

専用封筒で荷物を送る、類似サービスの「スマートレター」と比較します。

関連記事:スマートレターとは?

まず、レターパックには、スマートレターにはない日曜日・休日の配達があります

さらに、レターパックプラス・ライトはともに、速達に準じた配送方法になっていて、普通郵便に準じるスマートレターとは配送方法自体が違います。

ただ、

  • レターパックプラス:午前中から配達する
  • レターパックライト:午後からの配達

と決まっているそうで、ここでレターパック同士でも若干の時間差が生じることになります。

つまり、早く届く順番はおおむね、プラス→ライト→スマートレターとなります。

※上記は、日本郵便に問い合わせた内容です。

 

配達日数

日本郵便のWEBサイトに「お届け日数を調べる」ページがあります。

検索すると、比較的近い地域(九州⇒近畿)は「翌日午前または午後」、遠方の地域(九州⇒北海道)でも「翌日午後または翌々日午前」との検索結果が出ます。また、「レターパックライト」は1日多くかかる場合があるとの記述があります。

まとめると、原則として、航空法などによる制限を受けないものは、検索結果通り「翌日」または「翌々日」に届き、制限を受けるものや、レターパックライトの場合は、到着までに少し余分に日数がかかると考える必要があるようです。

「配達日」の項で記載したプラスとライトの違いも参考にしてください。

 

レターパックのメリット・デメリット(注意点)

メリット

  • 4kgまで520円または370円で全国に配送できる料金の安さ。
  • 追跡サービスが利用できる。
  • 信書を送ることができる。
  • 日曜・休日も配達があり、速達並みに早い。
  • チャンスを待てば、ヤフオク!やメルカリで安く手に入る。
  • 専用封筒なので、切手や封筒を用意する必要がなく、梱包作業が簡単である。
  • どんな時間帯でも、24時間営業のコンビニで専用封筒を買い、送りたいものを入れてそのままポストに投函できるので便利である。

 

デメリット(注意点)

 

おわりに

やはり、レターパックの魅力は「メリット」の項で記載した内容、そのままではないでしょうか。

  • 日曜・休日も配達される上に速達並みに早く
  • 追跡サービスが利用できて安心感があり
  • 24時間いつでも専用封筒が手に入って発送できる

値段にさえ目をつぶれば、これほどサービス内容が整った配送方法は他にはありません。

※どうしても値段に引っかかる方はスマートレター(180円)ですね。

 

※金額・サービス内容は、2019年10月現在のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました