クリックポストとは?料金・サイズなど6つの特徴、利用方法を解説!

おもちゃの家とポストの横に座るおもちゃのくまさん

クリックポストとは

「クリックポスト」は、全国一律185円で荷物を送れる、日本郵便による運送サービスです。

インターネットを利用するため、運賃のネット決済、あて名ラベル印刷、追跡サービスなど、さまざまな便利なサービスが付加されています。

また、送れないものはほんの一部のもので、重さも1kgまで許されているので、本、CD、衣類など、多種多様なものを安く簡単に送ることができます。

もしこれまでに「クリックポスト」で送れるものを「ゆうパック」や「ゆうメール」「定形外郵便」等で送っていたとしたら、かなりの節約になります。

この記事では、クリックポストの特徴、利用方法、注意点などをご紹介します。

 

6つの特徴

クリックポスト公式

引用元:日本郵便トップ-郵便・荷物-クリックポスト

 

特徴1. 全国一律185円

全国一律料金なので、沖縄から北海道に送る場合でもこの料金です。送る側はもちろんですが、送られる側、特にヤフオク!などでは、落札者が送料を支払うケースが多くなっているので、非常に助かります。

 

特徴2. インターネットで運賃の決済ができる

ウェブサイト上で運賃の決済ができるため、切手を買ったり、郵便局に足を運んだりする必要がありません。土日祝日でも手続きが可能です。

 

特徴3. あて名ラベルの印刷ができる

ウェブサイト上で宛先住所・氏名等を入力、自宅等のプリンターで印刷し、荷物に貼付してそのまま差し出すことができます。

 

特徴4. ポストからの差し出しが可能

郵便局の窓口へ足を運ぶ必要がありません。土日祝日でもポストから差し出すことができます

 

特徴5. 郵便受けに配達される

基本的には郵便受けへの配達となり、入らない場合のみ「不在配達通知書」でのやり取りとなります。

 

特徴6. 荷物の追跡サービスが利用できる

郵便局の「引受」「到着」の情報、配送先の「お届け先にお届け済み」等の情報を、日付・時刻付きで確認できます。

 

スポンサーリンク

サイズ・重量

クリックポストのサイズ・重量

引用元:日本郵便-クリックポスト

 

◇サイズ

A4が入る角形2号の封筒が24cm×33.2cmなので、この大きさまでの封筒が利用できます。また、封筒を使わずに、クリックポストに対応した箱形の入れ物を使ったり、自分でクラフト紙などで包装することも可能です。また、厚さが3cmまで可能であるため、送れるものの幅がかなり広がります。

 

◇重量

1kg以内のものが送れます。一般的な文庫本が1冊100g~200gなので、うまく梱包すれば5~6冊の配送も可能です。

 

利用方法

  1. 事前手続きとして、Yahoo! JAPAN IDの取得とYahoo!ウォレット(クレジットカード払)の利用登録が必要です(無料)。
  2. 初回は、Yahoo! JAPAN IDでクリックポストのWebサイトにログインし、利用者情報を登録する必要があります(無料)。
  3. お届け先情報等を入力し、Yahoo!ウォレット(クレジットカード払)で支払いの手続きをします。
  4. あて名ラベルを印刷します。モノクロ印刷も可です。ただ、手書き等で修正したものは引き受けてくれません。
  5. ラベルを荷物に貼り付けて、郵便ポストまたは郵便局の窓口へ差し出します。

Yahoo! JAPAN IDを取得していない方は、初回の利用登録さえ乗り越えれば、その後は継続して安い料金で配送サービスが利用できます。

 

送れるものと送れないもの

クリックポストで送れるもの

引用元:日本郵便-クリックポスト

 

現金、信書、貴重品、危険物などが送れないだけで、他のものはすべて送れます。

信書とは…受取人に対して差出人の意思を表示する文書、または事実を通知する文書。(該当例:手紙・納品書・領収書・見積書・各種証明書・結婚式の招待状など)

 

スポンサーリンク

注意点やデメリット

インターネットの環境とプリンターが必要
利用するには、Yahoo! JAPAN IDの取得Yahoo!ウォレット(クレジットカード払)の利用登録が必要。
切手や現金での支払いはできず、Yahoo!ウォレットのクレジットカード払いのみにしか対応していない。
配達に日数がかかる場合がある。クリックポストのQ&Aには「概ね翌日から翌々日」との記載がありますが、空輸をせず主に陸送であるため、距離によってかなりの変動があるようです。私の記録では、福岡⇒北海道:4日、福岡⇒新潟:3日、福岡⇒東京:3日となっています。
速達等のオプションサービスが利用できない
補償(損害賠償)がない。安いので当然ですが、配送時の事故には対応していません。
重さが100g以内であれば、「定形外郵便」の方が安い。定形外郵便の「規格内」のサイズはクリックポストと同一であるため、送るものが軽いときは注意してください。140円で送れる場合があります。

 

おわりに

厚さ3cm、重さ1kgまで可能でありながら200円以内で送れるサービスはなかなかありません。しかし、ヤフオクやメルカリではあたり前の配送手段でも、一般への認知度はさほど高くないようで、利用者が少ないのが現状です。

補償がない点、日数がかかる可能性がある点などを理解したうえで利用すれば、大変便利なサービスですので、ぜひお試しください。

ちなみに、ヤフオクではレターパック(360円または510円)を使って発送する出品者が多いんですが、同一商品でも送料の安いクリックポストを使うと、優先的に売れることが多くあります。ご検討ください。

 

レターパックの関連記事です。

レターパックプラス・ライトを徹底解説!料金・出し方・日数など
引用元:日本郵便-レターパック レターパックプラス・レターパックライトとは? 「レターパック」は日本郵便が提供するサービスで、専用封筒を購入し、4kgまでの重さなら全国一律料金でさまざまなものを送ることができるサービスです。 ...

 

※料金・サービス等は2018年9月現在のものです。

コメント