【Y!mobile】ヤフーカードは必要?支払い特典やメリットについて

Y!mobileユーザーがPayPay残高またはヤフーカードで支払った場合の還元率

引用元:ワイモバイルオンラインストア/Yahoo! JAPANカード

 

ワイモバイルユーザーにヤフーカードは必要か。

この答えは、「あり」か「なし」かの二択であれば「2020年8月時点では必要なし」。

もちろんヤフーカードは非常に優れたクレジットカードで、私自身もメインカードとして利用していますが、「ワイモバイルユーザー」に必ず必要かと聞かれたら「そうでもない」となります。

逆に、「ワイモバイルユーザーでなければ必須」といっても過言ではない理由もあったりします。

この記事では、ワイモバイルユーザーにおけるヤフーカードの支払い特典、利便性、メリットなどについてご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイモバイルユーザーにヤフーカードは必要?

「PayPay残高」と「ヤフーカード」の支払い特典比較

まずは、核心に迫るためにユーザーとして最も気になる支払い特典についてご紹介します。

特典の種類Yahoo!ショッピングLOHACOPayPayモール
PayPay
残高
ヤフー
カード
PayPay
残高
ヤフー
カード
PayPay
残高
ヤフー
カード
ストアポイント
(Tポイント)
1%1%1%1%1%1%
ヤフーカード
利用特典
1%1%
PayPay残高払い
(PayPayボーナス)
1%1%1%
クレジットポイント
(Tポイント)
1%1%1%
Yahoo!プレミアム
会員特典
2%2%2%2%2%2%
PayPayモール2%2%
ワイモバイル
スマホユーザー
2%2%4%
Enjoyパック
会員特典
5%5%5%5%5%5%
特典合計11%10%11%10%15%11%
  • 特典名の記載がない特典は「PayPayボーナスライト」(期限60日)。
  • 上から2段目「ヤフーカード利用特典」はPayPayモール対象外。
  • 下から4段目「Yahoo!プレミアム会員特典」はワイモバイルユーザーの無料特典。
  • 下から3段目「PayPayモール」の特典は「PayPay残高」または「ヤフーカード」払いが対象。
  • 下から2段目「ワイモバイルスマホユーザー」の特典は「PayPay残高」払いのみが対象。
  • 最下段「Enjoyパック会員特典」は500円(税抜)の有料サービス

表は、Yahoo!ショッピング、LOHACO、PayPayモールで、「PayPay残高」で支払った場合と「ヤフーカード」で支払った場合の特典比較です。

ご覧の通り、すべてのサイトでヤフーカード払いよりPayPay残高払いの方が還元率が高くなっています

つまり、「支払い特典」において、ワイモバイルユーザーに必要なのは、ヤフーカードではなく「PayPay残高」ということになります。

関連記事

【Yahoo!ショッピング】ワイモバイルスマホユーザー特典のAtoZ

【Yahoo!ショッピング】ワイモバイルスマホユーザー特典のAtoZ
ワイモバイルスマホユーザーの買い物特典を、Yahoo!ショッピングだけでなくLOHACO、PayPayモールについても合わせてご紹介します。まずは、ワイモバイルスマホユーザーの最大特典からご覧ください。

 

スポンサーリンク

ワイモバイルユーザーが「PayPay残高」にチャージする方法は?

ヤフーカードは、PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカードです。

わざわざ、チャージのためにATMに足を運ぶ必要もなければ、対応銀行の口座を開設する必要もありません。

ただ、ヤフーカードによるPayPay残高へのチャージが、クレジットポイントの対象外であることに加えて、ワイモバイルユーザーには「まとめて支払い」という便利なチャージ方法があります。

公式:ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ方法

つまり、「わざわざ出向かなくてよい」というメリットにおいては、ヤフーカードの必要性はありません。

※「nanacoチャージ」「PayPay決済」もクレジットポイントの対象外です。

 

還元率では劣勢だがTポイントが貯まるメリットはある

総還元率では劣勢ですが、ヤフーカードには、Tポイントが貯まるメリットがあります(クレジットポイントの1%分PayPayより多い)。

ただ、Yahoo!ショッピング、LOHACO、PayPayモールでは、PayPayとTポイントは、もちろんどちらも利用できますし、2020年6月現在のそれぞれの加盟店数は以下の通りとなっています。

  • PayPay:230万か所
  • Tポイント:17.4万店舗

Tポイントは使えるけどPayPayは使えない、といったお店がどれくらいあるかは分かりませんが、利用できるお店・場所に10倍以上の開きがある点は押さえておいてください。

  • PayPayは使えないけどTポイントなら使える例(Tポイントのメリット)
    • Yahoo!公金支払い
    • Yahoo!ショッピングの商品券類
    • ENEOS
    • ヤマト運輸 など

 

「ワイモバイルユーザーには高還元率のヤフーカード!」にほぼ根拠はない

ヤフーカードが、年会費無料、1%の高還元、グループ内での買い物特典が豊富などの面で、非常に優れたクレジットカードであることは、誰の目にも明らかです。

しかし、「ワイモバイルユーザーには」という条件は、2020年8月現在では必要ありません。理由は、前項までにご紹介した通りです。

ただ、逆に、ワイモバイルユーザーでなければヤフーカードは必須!と言っても過言ではない理由があります。前項までに示した内容を、「ワイモバイルユーザーでない場合」に変換してご紹介します。

 

スポンサーリンク

ワイモバイルユーザーでない場合はヤフーカードが必要!

前項同様、まずは還元率を見てください。

特典の種類Yahoo!ショッピングLOHACOPayPayモール
PayPay
残高
ヤフー
カード
PayPay
残高
ヤフー
カード
PayPay
残高
ヤフー
カード
ストアポイント
(Tポイント)
1%1%1%1%1%1%
ヤフーカード
利用特典
1%1%
PayPay残高払い
(PayPayボーナス)
1%1%1%
クレジットポイント
(Tポイント)
1%1%1%
Yahoo!プレミアム
会員特典
2%2%2%2%2%2%
PayPayモール2%2%
特典合計4%5%4%5%5%5%

ワイモバイルユーザーでない場合は、ヤフーカード払いの還元率がPayPay残高払いの還元率を上回りました(PayPayモールは同じ)。

これは、PayPay残高払いでもらえるワイモバイルユーザー特典がないことが影響しています。

次に、PayPay残高へのチャージですが、こちらも「ワイモバイルまとめて支払い」が使えないので、わざわざATMに足を運んだり、対応銀行の口座を開設したりする手間を省くには、ヤフーカードが最も利便性の高いチャージ方法となります。

最後にTポイントですが、こちらはヤフーカード払いを選択した場合は減らないので影響はありません。

 

【Y!mobile】ヤフーカードは必要?まとめ と あとがき

まとめると、以下のようなことが言えます。

  • ヤフーカードは必要?ワイモバイルユーザーの場合
    • Yahoo!ショッピング、LOHACO、PayPayモールでの買い物は、「ヤフーカード払い」よりも「PayPay残高払い」の方が還元率が高いので、必ずヤフーカードが必要というわけではない。
    • PayPay残高へのチャージは、「ワイモバイルまとめて支払い」が利用できるので、必ずヤフーカードが必要というわけではない。
    • ヤフーカードはTポイントがより多く貯まるメリットはあるが、利用できる場所はPayPayの方が10倍以上多い。Tポイントしか使えないケースは少ない。
  • ヤフーカードは必要?ワイモバイルユーザーでない場合
    • Yahoo!ショッピング、LOHACOでの買い物は、「PayPay残高払い」よりも「ヤフーカード払い」の方が還元率が高いので、ヤフーカードはあった方が良い。
    • PayPay残高へのチャージは、「ワイモバイルまとめて支払い」が利用できないので、唯一チャージができるクレジットカード「ヤフーカード」があった方が良い。
    • Tポイントを優先的に貯めたい人も「ヤフーカード払い」ならロスなく獲得できる。

 

この記事は、ワイモバイルユーザーのヤフーカード保有を否定するものではありません。

メインカードとして数百万円分の利用実績、数十万円分の特典実績がある筆者も、その優れた性能を十分に理解しています。

今回は「ワイモバイルユーザー」という非常に狭いくくりでご紹介しましたが、このくくりを取り払った場合(つまりワイモバイルユーザーの方も含めて)、Yahoo! JAPANカードは、国内 最良・最強のクレジットカードだと考えています。

 

Yahoo!ショッピングLOHACOPayPayモールでの買い物特典は、日々更新のポイントカレンダーで確認(記事)。

ワイモバイルの料金プラン、お得な申込日はオンラインストアで確認(公式サイト)。

 

※記事内容は、2020年8月が基準です。最新情報は価格WEBサイトで確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました