Yahoo! JAPAN IDを忘れた・わからない場合の検索・確認方法

スマホと疑問符

 

Yahoo! JAPAN ID

2019年のZホールディングス(旧ヤフー)の決算資料によると、月間ログインユーザーID数は4,901万IDに上るそうです。

みなさんはいくつYahoo! JAPAN IDをお持ちでしょうか。

私は普段利用しているものが1つ。把握しているものを含めると3つ。把握できていないものも含めるとおそらく5つ以上。

「おそらく」というのは、タイトルの通り、忘れてしまったIDがあるということです。

この「忘れた・わからない」ID。有料サービスやYahoo!ウォレット等の登録がなければ大した問題にはなりませんが、長期間使い込んだIDや銀行口座など、何らかの登録を行っているIDの場合はそうはいきません。私にも苦労してIDの捜索を行った経験があります。

この記事では、大事なYahoo! JAPAN IDを忘れた・わからない場合の検索・確認方法を、私の実体験や今後の管理方法も交えながらご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Yahoo! JAPAN IDを忘れた・わからない場合の検索・確認方法

「Yahoo! JAPAN – ID登録確認」メールで確認する

Yahoo! JAPAN - ID登録確認

Yahoo! JAPAN IDの取得では、取得時にメールアドレスを登録した場合は「Yahoo! JAPAN – ID登録確認」が届きます。

このメールでIDを確認できますが、スマホやパソコンが故障したり買い替えたりしている場合には残っていないことがほとんど。

また、一部のサービスからの登録では、メールアドレスの登録が省略されているため、確認メール自体が届いていないケースもあります。

ここで確認できない場合は、次の手段に移ります。

 

「ログインできない場合のお手続き」の「自分のYahoo! JAPAN IDを探す」で検索する

「ログインできない場合のお手続き」

Yahoo! JAPANには、ログインできない場合の専用ページとして「ログインできない場合のお手続き」が用意されています。

  • ログイン方法を再設定する
  • 自分のYahoo! JAPAN IDを探す

手続きには上記2つの方法がありますが、Yahoo! JAPAN IDが分からない場合は、下段の「自分のYahoo! JAPAN IDを探す」を選択します。

Yahoo! JAPAN IDのパスワードが分からない場合はこちら

Yahoo! JAPANにログインできないときにパスワードを再設定する方法

 

「Yahoo! JAPAN ID検索」入力画面

  • 「連絡用メールアドレス」を入力
  • 「生年月日」を入力
  • 「結果をメールで送信」ボタン

⇒Yahoo! JAPAN IDの検索結果(見つかったID数)が表示され、同時に「Yahoo! JAPAN – ID検索結果のお知らせ」がメールで届きます。

 

  • 連絡用メールアドレスについて
    • 検索に利用できる「連絡用メールアドレス」は、現在登録している連絡用メールアドレスであり、以下のものは検索に利用できません。
      • 過去に登録したことはあるが、現在は登録していないメールアドレス。
      • Yahoo!メールアドレス(○○○@yahoo.co.jp)
    • 「現在登録している」と言っても、どのアドレスを登録したかなんて普通は覚えていませんので、コツは、自分が現在保有しているメールアドレスを片っ端から入力して試してみることです。
    • 検索結果はメールで受信しますので、過去に使っていたメールアドレスでは受信できません。対象外です。
  • 生年月日について
    • 生年月日は、西暦で8文字で入力します(1990年1月1日⇒19900101)。
    • コツは、ご家族の分も含めて、自分が知っている生年月日を、こちらも片っ端から入力して試してみることです。
    • 私の場合は、特に見つかったからと言って意味はありませんでしたが、娘の生年月日で登録していたものが2つ見つかりました。

 

「ID検索結果」画面

  • Yahoo! JAPAN IDの検索結果(見つかった場合)
    • ここでは、IDの文字列は表示されずID数のみ。
  • 見つからなかった場合
    • 「一致するYahoo! JAPAN IDが見つかりません」と表示。

 

ID検索結果のお知らせメール

  • メールで届いた「Yahoo! JAPAN – ID検索結果のおしらせ」
    • IDの文字列はこちらで確認。

 

スポンサーリンク

検索してもYahoo! JAPAN IDが見つからない場合

有料サービスを利用しているYahoo! JAPAN IDは照会が可能

有料サービスであるYahoo!BBの利用や大事な銀行口座やクレジットカード情報が紐づいているYahoo!ウォレットの登録がある場合は、Yahoo! JAPAN IDを忘れてしまった場合でも、申請すれば照会が可能となる救済措置があります。

 

新規でYahoo! JAPAN IDを取得する

IDの捜索を諦めて、新規でYahoo! JAPAN IDを取得してしまいます。

新規で取得する方法と注意点をまとめた記事はこちら

【Yahoo! JAPAN ID】後悔しないための登録方法。

私は前項の「Yahoo!ウォレットの登録」があるIDを数日に渡って探し続けたことがありますが、結局見つからず、時間を優先してID照会申請を行わずに新規でYahoo! JAPAN IDを取得しました。

古いIDから銀行口座の登録を抹消したかったんですが(抹消しないと同じ口座は違うIDに登録できない)、別の口座を登録した方が都合が良いことに気付き、新規取得を選択した経緯があります。

探すことにムキになると、私のように本来の目的を見失うこともありますので、見つからないときは新規取得もご検討ください。

 

IDを忘れてログインできない状況に陥らないために

誰しも、忘れてもいいと思っているわけでもないのに忘れてしまうのがIDだ、という前提に立つと、効果的なのはYahoo!が推奨している「本人確認の追加」ではないでしょうか。

本人確認の方法を数多く持っていれば、極端な話、IDを覚えておく必要もありません。現に私はうろ覚えです。

本人確認に利用される情報は、

  • 携帯電話番号
  • メールアドレス

の2種類ですが、携帯電話番号は、既に番号を登録したIDがあるのに新規で登録してしまうと、既存のIDから携帯電話番号の登録が削除されてしまうので、基本的には2個目以降のIDには使えません。

上記以外で、すでに別のYahoo! JAPAN IDに登録している携帯電話番号を使って新規にYahoo! JAPAN IDを取得した場合は、既存のIDから携帯電話番号が削除されます。携帯電話番号が削除されたIDはログインできなくなる可能性があります。ご注意ください。

引用元:Yahoo! JAPAN IDに関するヘルプ

 

というわけで、メインIDのみをご利用の方が本人確認の追加を行う場合は、

既に携帯電話番号を登録したIDを持っていて、サブIDの本人確認の追加を行う場合は、

なお、連絡用メールアドレスには、

  • 他のIDでメインメールアドレス・連絡用メールアドレスとして使っているアドレス
  • フリーメールのアドレス
  • プロバイダーや携帯キャリア提供のアドレス

など、何でも登録できますが、Yahoo!メール(○○○@yahoo.co.jp)だけは登録できません。

 

また、デジタル情報は便利な反面、寿命が短いという欠点がありますので、アナログ情報として「紙」に印刷または記載しておくのも1つの手段だと思います。

我が家には、10年前に作ったCDやDVDには壊れてしまったものが多々ありますが、20年前から使っている手帳は無傷で健在です(記載するときは自分にしか分からないように暗号化してください)。

 

この記事が、Yahoo! JAPAN IDのより良い管理の一助になれば幸いです。最後に関連記事を残します。

 

※記事内容は、2019年10月の情報をもとに作成しています。最新情報はYahoo! JAPANの各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました