水道光熱費

スポンサーリンク
水道光熱費

「ドラム式」「縦型」洗濯機の特徴・価格・水道料金・電気料金等の比較

同じ「洗濯機」でも、外観や洗浄方式、乾燥方式など、さまざまな違いのある「ドラム式」「縦型」2種類の洗濯機について、特徴やメリット、デメリット、価格、水道料金、電気料金など、かかる費用をご紹介します。今後、洗濯機の買い替えをご検討の際の一助となることが、この記事の目標です。
水道光熱費

「ドラム式」「縦型」洗濯機を比較!水道料金、節水術とその金額をご紹介

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の水道料金、節水術とその節水金額、それぞれの節水金額を考慮した上での買い替えシミュレーションなどをご紹介します。
水道光熱費

液晶とプラズマの電気代を比較!5つの節電術と節電金額を比較!

「テレビには一体どれくらいの電気代がかかっているのか」を液晶テレビとプラズマテレビで比較し、「何をすればどれくらいの節電になるのか」を5つの節電術、節電金額付きでご紹介します。
水道光熱費

「定格消費電力」と「年間消費電力」の違いや電気料金の計算方法

節電を効率よく行うための準備として、まずはご家庭の家電製品が、一体どれくらいの電気料金が発生しているのかを把握する必要があります。この記事では「定格消費電力」や「年間消費電力」、「電気料金の計算方法」などについてご紹介いたします。
水道光熱費

節水シャワーとお風呂の残り湯を使った節水術を金額つきでご紹介!

お風呂の使用水量の割合は全体の40%にも及びます。この部門での節水が、最も水道料金の節約に貢献するのは間違いありません。この記事では、主に水の出る2か所「シャワー」「浴槽」について、節水シャワーヘッドと残り湯を使った節水術をご紹介させていただきます。
水道光熱費

電気代の平均はいくら?【地域別・一人暮らし~大家族】の平均を調査

電気代の節約を考えるとき、まずは自宅のある地域や世帯人数別(一人暮らし~大家族)の平均金額、自宅にある電気機器の種類とその使用量の割合などを把握するところから始めると効率的に節電が行えます。電気料金の4割以上を占める冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコン、これらを中心に節電に取り組むことで、大きな節約効果が期待できます。
水道光熱費

【一人暮らし~大家族】水道料金の平均はいくら?使用水量平均も調査

一人暮らしから大家族まで、世帯人数別の水道料金と使用水量の平均を調査しました。ご家庭の水道料金は、風呂、トイレ、炊事、洗濯の4つのシーンで全体の94%を占めます。この4シーン全てで節水を心掛けることにより、大きな節約効果が期待できます。