【株主優待クロス取引】当日のタイムテーブル。

英字新聞とまるい置時計

 

この記事は、現在調整中です。しばらくお待ちください。

 

前回の記事《株主優待クロス取引に必要な信用取引口座、信用取引の知識について。》では、クロス取引で必ず必要となる証券取引口座、信用取引口座、信用取引の知識などについてご紹介しました。

今回は、いよいよ実践に入った場合の実際のタイムテーブル、証券会社ごとのコスト比較、得られる結果などについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

株主優待クロス取引のタイムテーブルとは

権利確定日が2018年7月末の優待銘柄についてシミュレーションします。

22232425262728
293031   
7月26日権利付最終日この日までに現物株を保有する
7月27日権利落ち日この日に売っても権利は消えない
7月31日権利確定日株主としての権利が確定

7月26日(木):権利付最終日のタイムテーブル

  1. 寄付きは9時だが、8時頃から確認できる寄前気配を確認するために早めにPCの前に身を置く。※前日などに注文を入れて、当日朝の気配を見ないのは危険です
  2. 優待を獲得したい銘柄に注文を入れる。「同銘柄」に「同株数」の「現物買い」と「信用売り」を「成行」で発注。※成行で注文しないと同値で約定しない恐れがあります。
  3. 原則、9時ちょうどに全ての注文が約定する。※前日の株価と寄付き前の気配に開きがある場合、すぐには約定しません。
  4. そのまま大引け(15時の取引終了)を迎える。

1.2.3.の流れは、「前場」を前提としていますが、後場の寄付(12:30~)でも可能です。また、朝の気配を確認できないときは、取引時間終了までに約定の状況を確認できれば問題は起きません。詳しくは下記の記事にまとめています。

 

「朝の気配」「成行注文」に関しても、注意点をまとめていますので、合わせてご覧ください。

逆日歩を制する者は株主優待を制す。逆日歩日数の調べ方や金額の計算方法、発生をある程度予想して避けるための6つの方法など。
逆日歩を理解しているかいないかで、株主優待の利益には大きな違いが生まれます。この記事では、逆日歩日数の調べ方や計算方法、発生を予想して避けるための6つの方法など、優待ヤーが身に着けるべきさまざまな事案について解説しています。

 

7月27日(金):権利落ち日

  1. 証券会社の注文ページで「現渡し」の手続きをとる。これで取引終了となる。※この日に行わないと「貸株料」が増えていきます。
  2. 保有株の確認ページで、優待獲得のためのすべての保有株がなくなっていることを確認する。

 

7月31日(火):権利確定日

この日の作業はありません。

 

おわりに

 

逆日歩が発生しない、一般信用の売りができる証券会社は他に「SBI証券」「楽天証券」などがありますので、そちらも参考にされてはいかがかと思います。

また、2017年11月の発表でしたが、クリック証券が一般信用の売りができるサービスを2018年中に開始予定とのことでした。今回のコスト比較を見る限り、この件からは目が離せない状況です。

 

GMOクリック証券から発表がありましたので記事にしました。是非ご覧ください。

【GMOクリック証券】一般信用売りサービス(短期・無期限)を開始!
GMOクリック証券が、2018年8月20日(月)の取引分より、一般信用売りサービスの取り扱いを開始しました!一般信用売りは逆日歩が発生せず、優待クロス取引を行うには非常に便利なサービスです。他社との手数料の比較も合わせてご紹介します。

 

続いての記事はこちら。

逆日歩を制する者は株主優待を制す。逆日歩日数の調べ方や金額の計算方法、発生をある程度予想して避けるための6つの方法など。
逆日歩を理解しているかいないかで、株主優待の利益には大きな違いが生まれます。この記事では、逆日歩日数の調べ方や計算方法、発生を予想して避けるための6つの方法など、優待ヤーが身に着けるべきさまざまな事案について解説しています。

 

※金額、サービス、ルール等は2018年9月現在のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました