【神戸物産(3038)の株主優待】業務スーパー商品券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

神戸物産の「業務スーパー商品券」と「PB商品」

引用元:神戸物産-決算説明資料

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

神戸物産(3038)の株主優待情報

基本情報

コード3038銘柄名神戸物産
権利確定
月日
10月末日権利付
最終日
2019年10月29日
単元株数100株株価5,850円
最低株数100株最低
投資金額
585,000円
優待内容業務スーパー
商品券
優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.17%
1株配当35.00円配当
利回り
0.60%
貸借区分貸借優待配当
利回り
0.77%
一般売
GMO
一般売
カブコム
長期:7.6万株
発行済
株式数
6,840万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年7月26日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

毎年10月31日現在の株主名簿に記載された100株以上の株式を保有している株主を対象に、保有株式数に応じて「業務スーパー商品券」を贈呈。

  • 100株以上
    • 継続保有3年未満:1,000円分
    • 継続保有3年以上:3,000円分
  • 500株以上
    • 継続保有3年未満:10,000円分
    • 継続保有3年以上:15,000円分
  • 1,000株以上
    • 継続保有3年未満:15,000円分
    • 継続保有3年以上:20,000円分
  • 希望する株主には、「業務スーパー商品券」を自社グループ商品の詰め合わせと引き換え。
  • 公式:業務スーパー-株主優待

 

スポンサーリンク

神戸物産(3038)の企業紹介

神戸物産-TOP

引用元:神戸物産-TOP

  • 設立:1991年 上場:2006年 本社:兵庫県加古郡 業種:卸売業
  • 冷凍食品などの食材を販売する「業務スーパー」を北海道から沖縄まで全国展開。
  • 店舗数は2018年3月に800店舗を達成。2020年には850店舗を目指す。
  • 国内の食品加工工場は21か所。海外には350を超える協力工場を持つ。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス前に最低限の数値DATAを把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は55~60万円。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去の100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年10月…1日分:0円
    • 2017年10月…1日分:0円
    • 2018年10月…1日分:10円
    • 2019年10月は逆日歩1日分。
  • 発行済株式数は6,840万株。
  • 一般信用売りの在庫は、7月26日現在、
    • カブドットコム証券:「長期」7.6万株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:「短期」残りわずか。
    • 日興証券:2,100株

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 7月26日現在
    • 神戸物産は、2018年11月に1:2の株式分割を行っています。同時に株主優待内容も変更となっており、従来の100株:3,000円分の商品券から、100株:1,000円分の商品券に。
    • 株式分割で優待価値が下がるのは仕方ありませんが、注目は株価です。
    • 分割前、2018年10月26日(権利付最終日)の株価は5,780円ですが、現在の株価は5,850円。企業価値が変わらなければ、理論的に株価は半分のはずなので、つまりこれは、企業価値が2倍以上になったということですね。。。
    • 嘆いても仕方ないので優待の話に戻りますが、1,000円分の商品券に対して必要資金が60万円。とてもおすすめとは言えませんが、500株:1万円分の商品券なら何とかなるかもしれません。

 

ということで、コストシミュレーションは「500株:1万円分」一本で行きます。

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・カブドットコム証券 共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 10月30日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料(+信用事務管理費)
      • 管理費:9/2~9/24のクロスは108円(税込)
投資金額2,750,000円2,875,000円3,000,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
9/259日分9,3629,6759,987
9/952日分8,5718,8489,124
9/1744日分7,6677,9028,138
9/2437日分6,8767,0757,275
9/3031日分6,0906,2586,427
10/823日分7,3405,1867,6505,3137,9605,441
10/922日分7,0505,0737,3475,1957,6445,318
10/1018日分5,8904,6206,1344,7226,3784,824
10/1117日分5,6004,5075,8314,6046,0624,701
10/1516日分5,3104,3945,5284,4865,7454,578
10/1615日分5,0204,2815,2244,3685,4294,455
10/1712日分4,1503,9424,3154,0144,4804,085
10/1810日分3,5693,7163,7083,7773,8473,838
10/219日分3,2793,6033,4053,6593,5303,715
10/238日分2,9893,4903,1023,5413,2143,592
10/245日分2,1193,1512,1923,1872,2653,222
10/254日分1,8293,0381,8893,0681,9483,098
10/283日分1,5392,9251,5852,9501,6322,975
10/292日分1,2492,8121,2822,8321,3152,852

※数値は概算

おわりに

幸い、カブコムには少なくない一般長期在庫がありますし、優待閑散月の10月なので、資金的にも何とかなるのではないでしょうか。

業務スーパーは、我が家も月に一度はお世話になる格安食材のお店です。往復のガソリン代が300円くらいかかりますが、近場で買物するよりも圧倒的にお得です。

近くに店舗がある方は一度覗いてみてください。(例えば、炭酸水1L:59円とか。)

 

10月優待のまとめ記事はこちら

【2019年】10月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年10月権利、おすすめの株主優待です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。詳細記事がある銘柄は、記事執筆時点ですべて一般信用でのクロス取引が可能です。

 

※記事の内容は、2019年7月26日が基準です。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました