【大和証券グループ本社(8601)の株主優待】をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

大和証券グループ本社の株主優待内容

引用元:個人投資家向け会社説明会資料

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

大和証券グループ本社(8601)の株主優待情報

基本情報

コード8601銘柄名大和証券
グループ本社
権利確定
月日
3月末日・9月末日権利付
最終日
2019年9月26日
単元株数100株株価475円
株数1,000株最低
投資金額
475,300円
優待内容・名産品
・ダイワポイント
プログラム
・四季報
など
優待価値2,000円相当
優待
利回り
0.84%
1株配当20.00円配当
利回り
4.21%
貸借区分貸借優待配当
利回り
5.05%
一般売
GMO
一般売
カブコム
長期:500万株超
発行済
株式数
17億株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年7月12日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

3月末と9月末の株主を対象に株主優待を実施(年2回)。株主優待品カタログから、好きな商品を選択可能。

  • カタログ内容
    • 名産品・雑貨、ダイワポイントプログラム、会社四季報、寄付
  • 1,000株以上:1点 2,000円相当
  • 3,000株以上:2点 4,000円相当
  • 5,000株以上:1点 5,000円相当
  • 10,000株以上:2点 10,000円相当

 

スポンサーリンク

大和証券グループ本社(8601)の企業紹介

大和証券グループ-TOP

引用元:大和証券G本社-TOP

  • 設立:1943年 上場:1961年 本社:東京都 業種:証券・商品先物取引業
  • 大和証券を中心とする総合証券グループ。
  • 国内に約160店舗を擁し、大和証券の預かり資産は約62兆円。
  • 世界では、20の国と地域に拠点。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス前に最低限の数値DATAを把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は45万円~50万円。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去の100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年9月…3日分:15円
    • 2017年9月…3日分:15円
    • 2018年9月…3日分:165円
    • 2019年9月は逆日歩1日分。
  • 発行済株式数は約17億株
  • 一般信用売りの在庫は、7月11日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」500万株超(抽選時)。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:「短期」余裕あり。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 7月11日現在
    • 優待取得には1,000株必要です。
    • 潤沢な資金がある方、うまく時間が取れず最後まで口座資金が残ってしまった方用のおすすめ記事です。
    • 昨年、一昨年は70万円前後の資金が必要でしたが、今年は50万円以下と狙いやすくなっています。
    • カブコムの一般長期在庫は、抽選時で500万株超。最終日でも、よっぽどのことがない限り枯渇しそうにありません。

 

コストシミュレーションは1,000株のみ。GMOでの在庫解放も想定して終盤です。

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・カブドットコム証券 共通
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 9月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額450,000円475,000円500,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
9/5231,4928501,5548761,617901
9/6221,4448321,5048561,564881
9/9211,3978131,4548371,511860
9/10201,3497951,4048171,458840
9/11191,3027761,3547981,406819
9/12151,1127021,1537201,195737
9/13141,0646841,1037001,142716
9/17131,0176651,0536811,089696
9/18129696471,0036611,037675
9/198780573803583826593
9/207732554753563773573
9/246685536702544720552
9/255637517652524667532
9/262495462502466509470

※数値は概算

おわりに

グルメ優待専門の方、資金が残っていそうな方は、頭に入れておくべき優待だと思います。

また、優待品のひとつ「ポイントプログラム」はIPOでの優遇サービスが受けられます。優待だけでなく、日頃からIPOにも参加されている方は、カブコムの最終日でコスト500円弱。検討する価値があるかもしれません。

 

9月優待のまとめ記事はこちら

【2019年】9月株主優待 クロス取引可能なおすすめ111銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年9月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事の内容は、2019年7月12日が基準です。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました