【平和堂(8276)の株主優待】優待券またはギフト券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

平和堂の株主優待内容

引用元:平和堂-報告書

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

平和堂(8276)の株主優待情報

基本情報

コード8276銘柄名平和堂
権利確定
月日
2月20日・8月20日権利付
最終日
2019年8月16日
単元株数100株株価1,935円
最低株数100株最低
投資金額
193,500円
優待内容優待券
または
ギフト券
優待価値1,000円相当
優待
利回り
1.03%
1株配当35.00円配当
利回り
1.81%
貸借区分貸借優待配当
利回り
2.84%
一般売
GMO
短期:上限5,000株一般売
カブコム
長期:約10万株
発行済
株式数
5,854万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年6月17日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

毎年2回(8月20日・2月20日)、100株以上を所有の株主に「株主様ご優待券」または「UCギフトカード」を贈呈。《公式:平和堂-株主優待制度

「株主様ご優待券」の場合

  • 100株以上:1,000円相当(100円券×10枚)
  • 500株以上:5,000円相当(100円券×50枚)
  • 1,000株以上:10,000円相当(100円券×100枚)
  • 2,000株以上:20,000円相当(100円券×200枚)
  • 3,000株以上:30,000円相当(100円券×300枚)
  • 4,000株以上:40,000円相当(100円券×400枚)
  • 5,000株以上:50,000円相当(100円券×500枚)
  • 合計金額1,000円以上の買物につき、1,000円毎に1枚(100円券)利用可能。
  • 平和堂、エール、ヤナゲン、丸善の各直営店舗で利用可能。

 

「UCギフトカード」の場合

  • 100株以上:500円相当
  • 1,000株以上:2,000円相当
【UCギフトカード】使えるお店やコンビニは?おつりや買取相場、購入・入手方法まで徹底解説!
UCギフトカードの利用可能店舗、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店や使い方、換金率や買取相場、購入・入手方法などを幅広く解説しています。

 

スポンサーリンク

平和堂(8276)の企業紹介

平和堂-TOP

引用元:平和堂-TOP

  • 設立:1957年 上場:1981年 本社:滋賀県彦根市 業種:小売業
  • 滋賀県を地盤に総合スーパーを展開。
  • グループ店舗数は、2府7県で160店舗以上。滋賀には80店舗以上。
  • 中国では百貨店進出。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス前に最低限の数値DATAを把握

平和堂の権利付最終日は8月16日、権利落ち日は8月19日。

  • 直近の株価水準での投資金額はおよそ20万円。
  • 優待券1,000円分での優待利回りは、年1回分で0.5%。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年8月…3日分:0円
    • 2017年8月…3日分:270円
    • 2018年8月…1日分:265円
    • 2019年2月…1日分:2,080円
    • 2019年8月は逆日歩1日分。
  • 発行済株式数は約5,854万株。
  • 一般信用売りの在庫は、6月17日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約10万株。
    • GMOクリック証券:「短期」上限5,000株。
    • SBI証券:「短期」残りわずか。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 6月17日現在
    • 平和堂の優待券は転売需要が高く、当たり前に1,000株以上の発注があるので、カブコムの一般信用売り在庫10万株は、多いとはいえません。
    • また、株数を2倍3倍と増やしても、カブコムの手数料は2倍3倍とはならないので、資金力のある方はどんどん大きく狙ってきます。
    • このような状況なので、制度クロスで大きな株数のクロスを行った人が痛い目にあっているケースを何度も見かけたことがあります。気を付けてください。

シミュレーションは、100株、500株、1,000株の3パターンでやってみます。

 

100株:1,000円分の場合(投資額18万円~22万円)

  • 20万円以下のGMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 8月19日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • 20万円超のGMOクリック証券とカブドットコム証券は共通
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 8月19日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額180,000円200,000円220,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物制度現物制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
7/1930527553677
7/2229519545668
7/2328512536659
7/2427504528650
7/2524482504623
7/2623475495614
7/2922467487605
7/3021644460688479870596
7/3120625453667471847587
8/117568430604446777560
8/216549423583438754551
8/515530416561430731542
8/614511408540421707533
8/713492401519413684523
8/89416371435380591487
8/98397364414372568478
8/137378356393364545469
8/146359349372356522460
8/153302327308331452433
8/162283319287323429424

※数値は概算

500株:5,000円分の場合(投資額90万円~110万円)

クロスの方法は、上記「20万円超」と同様。

投資金額900,000円1,000,000円1,100,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
7/19302,8232,9553,476
7/22292,7862,9133,431
7/23282,7492,8723,386
7/24272,7122,8313,340
7/25242,6012,7083,205
7/26232,5642,6673,160
7/29222,5272,6263,114
7/30212,5792,4902,8082,5853,0373,069
7/31202,4842,4532,7032,5442,9213,024
8/1172,2002,3422,3862,4202,5732,888
8/2162,1052,3052,2812,3792,4572,843
8/5152,0102,2682,1762,3382,3412,798
8/6141,9152,2312,0702,2972,2252,753
8/7131,8202,1941,9652,2562,1092,707
8/891,4402,0461,5432,0921,6452,527
8/981,3452,0091,4372,0501,5292,481
8/1371,2501,9721,3322,0091,4132,436
8/1461,1551,9351,2261,9681,2972,391
8/1538711,8249101,8459492,255
8/1627761,7878041,8048332,210

※数値は概算

スポンサーリンク

1,000株:10,000円分の場合(投資額180万円~220万円)

クロスの方法は、上記「20万円超」と同様。

投資金額1,800,000円2,000,000円2,200,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
7/19304,3964,6595,268
7/22294,3224,5775,178
7/23284,2484,4955,087
7/24274,1744,4124,997
7/25243,9524,1664,725
7/26233,8784,0844,635
7/29223,8044,0024,545
7/30214,6413,7305,0993,9195,5574,454
7/31204,4513,6564,8883,8375,3254,364
8/1173,8813,4344,2553,5914,6294,093
8/2163,6913,3614,0443,5084,3974,002
8/5153,5023,2873,8333,4264,1653,912
8/6143,3123,2133,6223,3443,9333,821
8/7133,1223,1393,4113,2623,7003,731
8/892,3622,8432,5672,9332,7723,369
8/982,1732,7692,3562,8512,5403,279
8/1371,9832,6952,1452,7692,3083,188
8/1461,7932,6211,9342,6862,0763,098
8/1531,2232,3991,3022,4401,3802,827
8/1621,0332,3251,0912,3581,1482,736

※数値は概算

おわりに

それぞれのコスト率はおよそ、

  • 100株:55%
  • 500株:60%
  • 1,000株:46%
  • 2,000株:38%

500株が一番効率が悪く、株数を増やせば増やすほど効率が良くなっていくようです。

ただ、そんなに昔でもない2015年2月には、最高料率×3日分で、100株あたり6,240円の逆日歩が発生したこともあるようですので、制度クロスには十分にご注意ください。

 

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ39銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年8月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年6月17日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました