【サンヨーハウジング名古屋(8904)の株主優待】QUOカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

サンヨーハウジング名古屋の株主優待「QUOカード」

引用元:サンヨーハウジング名古屋-決算説明会資料

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

サンヨーハウジング名古屋(8904)の株主優待情報

基本情報

コード8904銘柄名サンヨー
ハウジング名古屋
権利確定
月日
8月末日権利付
最終日
2019年8月28日
単元株数100株株価957円
最低株数100株最低
投資金額
95,700円
優待内容QUOカード優待価値1,000円相当
優待
利回り
1.04%
1株配当38.00円配当
利回り
3.97%
貸借区分貸借優待配当
利回り
5.02%
一般売
GMO
短期:上限200株一般売
カブコム
発行済
株式数
1,488万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年7月26日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

  • 100株以上:QUOカード 1,000円分

公式:サンヨーハウジング名古屋-配当・株主優待

 

関連記事

【QUOカード】使えるお店や使い方。

【QUOカード】使えるお店や使い方。シーン別利用方法の完全ガイド。
累計300枚以上のQUOカード使ってきた筆者が、日用品や食料品での使い方、書籍はもちろん文具や雑貨の購入で使えるお店、ガソリン給油時の注意点、使える飲食店、ディズニーチケットの入手方法などを徹底解説します。

 

スポンサーリンク

サンヨーハウジング名古屋(8904)の企業紹介

サンヨーハウジング-TOP

引用元:サンヨーハウジング名古屋-TOP

  • 設立:1989年 上場:2002年 本社:愛知県名古屋市 業種:不動産業
  • 東海地方を地盤に、注文住宅、戸建分譲、宅地分譲を主力とする企業。
  • 2018年には、戸建て住宅の新ブランド「AVANTIA」を立ち上げ。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 直近の株価水準での投資金額はおよそ9.5万円。
  • QUOカード1,000円分での優待利回りは1%超。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。
  •  現在の株主優待内容になったのは2018年8月から。100株あたりの逆日歩は、
    • 2018年8月…3日分:2,880円(最高料率の模様)
    • 2019年8月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約1,488万株
  • 一般信用売りの在庫は、7月26日現在、
    •  カブドットコム証券:なし。
    • GMOクリック証券:「短期」上限200株。
    • SBI証券:「短期」残りわずか。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 6月10日現在
    • 株主優待の優待品で、最も多く人気が高いのがQUOカード。しかも6月優待は1年の中でも優待が多い月に分類されますが、QUOカードに関しては非常に少ない。
    • 今後、カブコムの長期在庫がどれくらい増えてくるか分かりませんが、昨年の3,000円近い逆日歩を見たら、とてもじゃありませんが制度クロスでは狙えません。
    • 既にコストが優待価値を下回ってますので、薄利でも一般クロスを狙ってくる人が多くなる予測がつきます。
  • 7月26日現在
    • カブコムの長期在庫は枯渇気味。
    • GMOで上限200株解放。
    • 日興にわずかに在庫あり。

 

コストシミュレーションは、早めのクロスを想定するしかないようです。

  • GMOクリック証券・カブドットコム証券 共通
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期または長期)売り」
    • 8月29日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料(+信用事務管理費)
      • 管理費…6/11~6/24のクロス:216円(税込)
      • 管理費…7/1~7/22のクロス:108円(税込)
投資金額80,000円90,000円100,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物現物現物現物現物現物
一般一般一般一般一般一般
6/1181676710743
6/1775657687718
6/2468634662689
7/161503528553
7/854480502524
7/1247457476495
7/1647457476495
7/2241437454470
7/2934306320334
7/3033302316330
7/3132299312326
8/129289301313
8/228286298309
8/527283294305
8/626279290301
8/725276286297
8/821368263390272413280
8/920360260381268402276
8/1319351256371264391272
8/1418343253362261381268
8/1515318243333249349256
8/1614309240324246339252
8/1913301237314242328247
8/2012292233305238318243
8/2111284230295235307239
8/228259220267224275227
8/237250217257220265223
8/266242214248216254219
8/275233210238212244215
8/284225207229209233210

※数値は概算

おわりに

2018年の逆日歩金額2,880円からの逆算です。

2,880円÷3日分÷4倍(最終日の制度売り)÷100株=2.4円

当時の株価が1,100円台ですから、これは最高料率。ということは、権利付最終日でも「注意喚起」が出ずに、蓋を開けてみたら最高料率だったということになります。

ちなみに、今年も同じことが起きると逆日歩はやっぱり2,000円以上。「注意喚起」で4,000円以上。赤字金額よりも精神的ダメージの方が大きいかもしれません。

 

8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ40銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年8月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は、2019年7月26日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました