【コメダHD(3543)の株主優待】電子マネー年間2,000円分!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

コメダ珈琲店で使える電子マネーをチャージする「KOMECA」

引用元:コメダHD-株主総会

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメダホールディングス(3543) の株主優待

コメダホールディングス(3543) の基本情報

コード3543銘柄名コメダホールディングス
権利確定
月日
2月末日・8月末日権利付
最終日
2020年2月26日
単元株数100株株価2,138円
株数100株最低
投資金額
213,800円
優待内容電子マネー優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.94%
1株配当51.00円配当
利回り
2.39%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.32%
発行済
株式数
4,604万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年11月28日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

コメダホールディングス(3543) の株主優待内容

毎年2月末日および8月末日現在、100株以上保有の株主が対象。

  • 100株以上
    • 全国の「コメダ珈琲店」および「おかげ庵」で利用できる株主優待電子マネー1,000円分

 

電子マネーがチャージされるカード「KOMECA」について

株主優待電子マネーのチャージ方法

  • 新規株主
    • 5月中旬に空のカード(KOMECA)が送付され、6月1日に自動チャージ。
  • 継続株主
    • 既存のカード(KOMECA)に、6月1日に自動チャージ。

有効期限

  • 2月末日:6月1日~翌年5月末日
  • 8月末日:12月1日~翌年11月末日

「KOMECA」利用可能店舗

北海道から沖縄まで、全国800店舗以上(2019年11月現在)。

「KOMECA」利用上の注意

  • 継続株主にはKOMECAが送付されないので保管が必要。
    • 最後に送付されたKOMECAに自動チャージされる。
  • KOMECA紛失時は、再発行手数料500円(税込)が必要。
  • 2枚のKOMECAの電子マネー・ポイント残高を1枚のKOMECAに合算することが可能。
    • 裏面16ケタのカード番号と6ケタのPIN番号が必要。
    • 残高合算は〈KOMECAマイページ〉から。

 

スポンサーリンク

コメダホールディングス(3543)の企業紹介

コメダHD-TOP

引用元:コメダHD

  • 商号:株式会社コメダホールディングス
  • 創業:1968年 上場:2016年
  • 本社:愛知県名古屋市 業種:卸売業
  • 北海道から沖縄まで、全国で喫茶店チェーンを展開。
  • 2019年11月現在の店舗数は、グループ全体で約860店。
  • 2018年には、初のコーヒー製造拠点として関東コーヒー工場が操業開始。

 

コメダホールディングス(3543)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での投資金額は19~22万円。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。
  • コメダHDの貸借選定は2018年8月29日で、優待基準日での逆日歩の記録は、2019年2月・8月の2回のみ。100株あたりの逆日歩は、
    • 2019年2月…1日分:195円
    • 2019年8月…3日分:0円
  • 発行済株式数:約4,604万株
  • 一般信用売りの在庫は、11月27日現在、
    • カブドットコム証券:「長期」約16万株
    • GMOクリック証券:
    • SBI証券:「短期」残りわずか
    • SMBC日興証券:3,500株
    • 楽天証券:「無期」1,200株

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 一般在庫の豊富な銘柄で、優待価値も大きくないので、カブコムの在庫は毎回枯渇しません。
  • 全部とはいかないかもしれませんが、多くの証券会社で終盤のクロスが想定できる銘柄です。

以上を踏まえ、コストシミュレーションは終盤です。

 

スポンサーリンク

 

  • 20万円以下のGMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 2月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • 20万円超のGMOクリック証券とカブドットコム証券は共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 2月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額190,000円210,000円230,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOK.com
クロ
ス日
貸株
日数
現物一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
1/2734日分576705735
1/2833日分568697725
1/2932日分560688716
1/3029日分537662688
1/3128日分529654678
2/327日分521645669
2/426日分514636659
2/525日分751506939628993650
2/622日分691482873602920622
2/720日分651467829585872603
2/1019日分631459806576848593
2/1218日分611451784567823584
2/1315日分551428718542751555
2/1414日分531420696533726546
2/1713日分511412673524702536
2/1812日分490404651516678527
2/1911日分470396629507653518
2/207日分390365541472556480
2/216日分370357518464532470
2/255日分350350496455508461
2/264日分330342474447484451

※概算数値

【コメダホールディングス(3543)の株主優待】電子マネー年間2,000円分!まとめ

  • コメダの株主優待は、100株一律、電子マネー1,000円分。
  • 電子マネーはKOMECAにチャージ。
  • 上記には記載してないが、2月期は「議決権行使への御礼、電子マネー500円」があるかも。
  • 一般在庫が豊富なので、終盤のクロスが想定できる。カブコムなら最終日でコスト500円弱。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2020年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【2月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年11月28日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました