【ティーライフ(3172)の株主優待】クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

ティーライフの株主優待

引用元:ティーライフ-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ティーライフ(3172)の株主優待

ティーライフ(3172)の基本情報

コード3172銘柄名ティーライフ
権利確定
月日
7月末日権利付
最終日
2021年7月28日
単元株数100株株価1,467円
最低株数100株最低
投資金額
146,700円
優待内容株主様ご優待券優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.68%
1株配当44.00円配当
利回り
3.00%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.68%
発行済
株式数
425万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2021年7月21日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

ティーライフ(3172)の株主優待内容

7月末日現在、100株以上保有の株主に対し、自社商品の買い物に利用できる「株主様ご優待券」を進呈。また、「株主様ご優待券」でのみ購入可能な商品も併せてご用意。

  • 100株以上:1,000円券 1枚
  • 500株以上:2000円券 1枚
  • 1,000株以上:3,000円券 1枚
  • 有効期間:1年間
  • 優待特選商品以外の商品は、カタログを請求するかデジタルカタログを参照。
  • クーポンコードの入力により、WEBサイトでの利用も可能。
  • 株主優待券利用の場合は送料無料。
  • 利用枚数に制限なし。
  • 公式:ティーライフ-株主優待情報

 

スポンサーリンク

ティーライフ(3172)の企業紹介

ティーライフ-会社ロゴ

引用元:ティーライフ

  • 商号:ティーライフ株式会社
  • 設立:1983年 上場:2012年
  • 本社:静岡県島田市 業種:小売業
  • 健康茶、健康食品、化粧品、医薬品等の通信販売が主軸。
  • 定期購入の割合が高く、2015年には直営の物流センターの稼働を開始。
  • 積極的なM&Aで、グループを拡大中。

 

ティーライフ(3172)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資額は15万円前後
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能
  • 貸借選定は2017年8月
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2018年7月…1日分:2,240円
    • 2019年7月…1日分:1,440円
    • 2020年7月…3日分:165円
    • 2021年7月…3日分:210円
    • 2022年7月…逆日歩3日分
  • 発行済株式数:425万株
  • 一般信用売りの在庫

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 発行済株式数が極端に少ない425万株ということで、一般在庫は極少です。
  • 貸借選定後の2回の基準日では、どちらも優待価値に対して大きな逆日歩が発生しています。
  • 極端に少ない発行済株式数、優待閑散月の7月、優待品の人気度、優待ランクがあるなど、高額逆日歩要素を数多く持っている銘柄なので、制度クロスはおすすめできません。

コストシミュレーションは100株と500株。

 

スポンサーリンク

 

100株:1,000円分の場合(投資額14~16万円)

  • GMOクリック証券(1約定ごとプラン)
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 7月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • auカブコム証券(ワンショット手数料)
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(長期)売り」
    • 7月29日の権利落ち日に品渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
      • 別途「プレミアム料」が必要な場合あり
  • SMBC日興証券(ダイレクトコース)
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 7月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=金利+貸株料
投資金額140,000円150,000円160,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






現物現物制度現物現物制度現物現物制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
7/1913435338794493438546234891
7/208361309533703125637831660
7/217346303473543065136130954
7/266332298423383004534430248
7/275317292363222943932729642
7/284302286313062883331128936
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興
投資金額140,000円150,000円160,000円

※概算数値

スポンサーリンク

500株:2,000円分の場合(投資額70~80万円)

  • GMOクリック証券(1約定ごとプラン)
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期)売り」+「当日に買建玉を現引」
    • 7月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
  • auカブコム証券(ワンショット手数料)
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「当日に買建玉を品受」
    • 7月29日の権利落ち日に品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
      • 別途「プレミアム料」が必要な場合あり
  • SMBC日興証券(ダイレクトコース)
    • 100株同様
投資金額700,000円750,000円800,000円
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興






一般一般制度一般一般制度一般一般制度
短期長期一般短期長期一般短期長期一般
7/1913152611973971598122842516691259454
7/208115710542631202107428212471094300
7/217108310252361123104325311631061270
7/26610099962091044101222410781028239
7/275936967182965981195994996208
7/284862939155886951166909963178
証券会社GMOauK日興GMOauK日興GMOauK日興
投資金額700,000円750,000円800,000円

※概算数値

【ティーライフ(3172)の株主優待】まとめ

  • ティーライフの株主優待は、株数に応じた優待券。
  • 100株:1,000円分、500株:2,000円分、1,000株:3,000円分。
  • 優待券のみで利用できる優待特選商品、デジタルカタログ、WEBサイトなどから商品を選択できる。
  • 最低必要資金は15万円前後。
  • 一般在庫は極少。
  • 制度クロスも可能。過去3回中2回の逆日歩が優待価値超え。
  • 逆日歩が高額になる要素を多く持っているので制度には近づかない方が良い。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2021年】7月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【7月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2021年7月21日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました