【おこめ券】4つの換金方法。換金率と買取相場を徹底調査。

全国共通おこめ券

引用元:ごはん彩々-全国共通おこめ券

おこめ券」は、全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)が発行するお米の商品券です。全国のお米屋さん、スーパー、デパートなど、ほとんどのお米取扱店で利用できます。

クレジットカードやギフトカード、電子マネーが使えないお店でも使用できることが多く、贈り物や企業活動などで幅広く利用されています。

この記事では、おこめ券の基本情報の後に、具体的な4つの換金方法、それぞれの換金方法における換金率と金券ショップの買取相場などをご紹介します。

公開する数値は、延べ356枚のおこめ券、大手7社の金券ショップから算出しています。

 

スポンサーリンク

おこめ券の概要と換金に必要な知識

基本情報

公式サイトごはん彩々
発行元全国米穀販売事業共済協同組合
利用可能店舗数全国約10万店
主な
利用可能店舗
お米販売店、JA、スーパー、ドラッグストア、デパート など
☆公式サイト【 おこめ券取扱店舗検索
額面金額440円(1kg)
(旧券 520円・540円)
おつり(つり銭)店舗ごとのルール
有効期限なし
お米以外の
商品購入
店舗ごとのルール

 

さらに詳しいおこめ券の概要についてはこちら

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。
累計100枚以上のおこめ券を使ってきた筆者が、おこめ券の利用可能店舗、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店やお米以外での使い方などを、具体的な店舗ブランドや私自身の経験を交えながら、詳しく解説します。

 

おこめ券の種類

現在発行されているおこめ券(おこめギフト券)

2019年現在は、2種類のおこめ券(おこめギフト券)が発行されています。額面金額はともに440円で、券面に記載されている「1kg」は目安にすぎません。

全米販発行の券

全米販発行の「おこめ券」

全農発行の券

全農発行の「おこめ券」

 

過去に発行されたおこめ券(おこめギフト券)

過去には、以下8種類のおこめ券(おこめギフト券)が発行されていました。現在でもすべて券が利用可能ですが、現在発行の券とは額面金額が違う(520円・540円)点に注意が必要です。金額は赤枠の数字で確認できます。

全米販発行の券

過去に発行された全米販発行の「おこめ券」

全米商連発行の券

過去に発行された全米商連発行の「お米ギフト券」

全農発行の券

過去に発行された全農の「おこめギフト券」

 

 

スポンサーリンク

おこめ券の換金方法と換金率、買取相場など。

お米は農家さんから買っている、もっと安いディスカウントストアから買いたい、そもそもお米は買わない(作っている)など、おこめ券を必要としない場合の現金化についてご紹介します。

最適な換金方法は、個々の状況によって異なります。また、換金する場合は、ほぼ間違いなく額面よりも価値が下がりますので、今一度、本当に自己消費するチャンスがないかどうかを確認すべきです。

 

おこめ券が使えるお店、お米以外での使い方などをまとめた記事はこちら

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。
累計100枚以上のおこめ券を使ってきた筆者が、おこめ券の利用可能店舗、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店やお米以外での使い方などを、具体的な店舗ブランドや私自身の経験を交えながら、詳しく解説します。

 

家族や身近な人から協力を得る

握手する手と虹

最も単純で手軽な方法が、身近な人から協力を得る方法です。

この方法は、QUOカードや他のギフト券の換金方法の記事でも紹介していますが、換金率100%も十分可能で、継続性もあります

私自身の経験も交えて、2パターンご紹介します。

実家にお米を買っていく

おこめ券は身近なスーパーで使えるので、お米以外の商品に対する支払いが可能なスーパーなら、お米に限る必要もありませんし、使える店舗もたくさん存在します。

方法は単純で、実家に帰省する際に、お米が切れそうかどうかを事前に確認し、切れそうならお米等を買っていく。そして、実家で代金をもらう。これだけです。

誰も損しませんし、重いお米ですから実家の母も助かります。

5kgのお米なら最低でも3枚のおこめ券、10kgなら6枚のおこめ券を一気に換金できます。

ただこの方法は、実家に住んでいる、実家に定期的に帰省する、お米の代金を気兼ねなく親からもらえる、といった人にしか使えない方法かもしれません。

 

生活費の一部をおこめ券で渡す

毎月の生活費を、現金で配偶者等(旦那さん・奥さん・両親など)に渡している場合に可能な方法です。

この場合も、おこめ券がスーパーで使えることが生きてきます

事前に、おこめ券が使えるスーパーなのか、お米以外の商品にも使えるのか、おつりはでるのか、などを確認して交渉すると、話がスムーズに進みます。

お金をもらうわけではなく、減らさない、間接的な換金方法です。

 

おつりの出るお店で換金する

小銭の入ったガラス瓶から出た新芽

これは、「おこめ券のお米以外での使い方」(上記リンク)でもご紹介した方法です。おこめ券の特性

  • 1枚の額面が440円であること
  • お米以外の商品にも使えること

を利用した換金方法です。おつりがでるお店であることと、最低でも1枚のおこめ券を消費することが前提条件になります。

こちらも方法は簡単です。額面が440円ですから、おつりをそれ未満の439円に近づくように買物をします。

例えば、お米を含む1,321円の買物をして、おつりを439円もらう、お米を含む2,201円の買物をして、おつりを439円もらう、といった感じです。

  • おこめ券4枚(1,760円分)-1,321円=439円
  • おこめ券6枚(2,640円分)-2,201円=439円

何枚かのおこめ券を消費する必要がありますが、最後の1枚の換金率は、およそ99.8%です。

 

ヤフオク!で出品する

「ヤフオクアプリ」のロゴ

Yahoo!プレミアム会員の方なら、ヤフオク!でも、手軽で高い換金率を実現できます。

下の表は、2019年1月~4月の期間に取引が成立した、おこめ券356枚分(70商品)の集計結果です。

おこめ券
の枚数
平均
落札額
平均
受取額
換金率件数
1枚41538086.2%24
2枚81274284.3%9
3枚1,3211,20791.4%3
5枚2,1571,97188.7%7
10枚4,3543,97890.4%27
  • すべて送料を除いた価格。入札件数1件、切手可の商品は除外。
  • 10枚以上の落札商品は10枚換算で表示。
  • 受取額は「落札システム手数料:8.64%」(プレミアム会員)で算出。

 

集計結果からわかること

入札が1件しかない商品は、信ぴょう性の問題で除外しているので、2枚、3枚、5枚は若干件数が少なくなってしまいましたが、概ね85%~90%の換金率となっています。

また、QUOカードの集計結果で見られたような、「額面金額が小さいほど落札金額が高くなる」といった傾向がみられないことから、「期間固定Tポイントの消化需要はおこめ券にはあまりない」と推測できます(個人の推測です)。

 

注意が必要なこと《Yahoo!プレミアム会員費》

この項目は

【QUOカード】3つの換金方法。換金率と買取相場を徹底調査。

の記事と同一内容ですので、そちらをご覧ください。

注意が必要なこと《Yahoo!プレミアム会員費》

 

金券ショップで買取してもらう

金券ショップの店舗イメージ「繁華街」

店舗に足を運ぶ手間はかかりますが、金券ショップでも高い換金率を実現できます。

下の表は、多店舗展開している金券ショップ7社、おこめ券1枚の買取価格を集計した結果です。

※調査は2019年4月28日。

 買取価格換金率
R社42095.5%
A社42095.5%
T社41093.2%
J社42596.6%
C社40090.9%
D社42095.5%
K社42095.5%
7社平均41694.6%
  • 買取価格にはネット買取価格が含まれる。

 

集計結果からわかること

1社を除いて、買取相場はほぼ420円前後、換金率は95%前後でした。

ただ、上記にはネット買取価格が含まれていますので、店頭買取価格は若干(数円)下がると考えられます。

 

注意が必要なこと《ネット買取vs店頭買取》&《都市部vs地方》

この項目は

【QUOカード】3つの換金方法。換金率と買取相場を徹底調査。

の記事と同一内容ですので、そちらをご覧ください。

注意が必要なこと《ネット買取vs店頭買取》&《都市部vs地方》

 

郵送買取にかかる費用と換金率のシミュレーション

上記ショップの内、5社で調査した結果、大まかな流れに若干の違いはあるものの、費用項目はほぼ同じでしたので、代表的な「R社」を例に、郵送買取の流れ、費用、換金率をシミュレーションしてみたいと思います。

  1. WEB上のフォームで、見積依頼、会員登録、代金受取方法の選択などを行う。
  2. 見積確定後、品物と身分証明書を郵送する。
    • ここで「住民票の取得料金」と「送料」が発生。
  3. 査定結果の連絡が届き、承諾後、買取金額が振込まれる。
    • ここで「振込手数料」が発生(差し引かれる)。
額面金額住民票
の取得
品物等
送料
振込
手数料
費用
合計
郵送買取
換金率
4,400円
(10枚)
3004025475678.3%
13,200円
(30枚)
3004505580589.4%
22,000円
(50枚)
3005155486991.5%
44,000円
(100枚)
3005605491493.4%
  • 買取価格:420円を想定。
  • 身分証明書は、免許証や保険証のコピーだと時間も料金も余計にかかるので住民票を選択。
  • 送料は「定形郵便・定形外郵便+簡易書留(310円)」で算出。
  • 代金の受取りは、振込手数料が最も安い「ジャパンネット銀行」を想定(一律54円)。

 

元の換金率が95.5%ですから、おこめ券50枚では、換金率の低下(-4%)が、私にはちょっと気になります。

額面がいくらならお得なのかは、居住地域によって異なると思いますので、最寄りの金券ショップと比較するための参考資料にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

ヤフオク!と金券ショップの換金率比較

額面金額ヤフオク!金券ショップ
440円
(1枚)
38086.2%41694.6%

「ヤフオク!で落札されたおこめ券24枚、送料と落札システム手数料8.64%を差し引いた平均受取金額」と「大手金券ショップ7社の平均買取金額(ネット買取含む)」の比較です。

おこめ券に関しては、圧倒的に金券ショップの方が換金率が高くなっています

双方での換金が可能な人は、生活圏内にある金券ショップがお得ですね。逆に、生活圏内に金券ショップがない人は、枚数次第では、ヤフオク!に出品する前に郵送買取を検討しても良いかもしれません。

 

おわりに

いずれにしても、最適な換金方法は、その人が置かれている状況によって大きく変わります。

金券ショップが生活圏にあるかどうか、Yahoo!プレミアム会員なのかどうかなど、ご自身の状況に応じて最適な換金方法を見つけてください。

 

最後にもう一度、おこめ券の使い方に関する記事を残します。

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。
累計100枚以上のおこめ券を使ってきた筆者が、おこめ券の利用可能店舗、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店やお米以外での使い方などを、具体的な店舗ブランドや私自身の経験を交えながら、詳しく解説します。

 

こちらは「換金」の逆、「購入」に関する記事です。

【おこめ券】4つの購入方法。販売店や金券ショップなど、場所と価格を徹底解説。

【おこめ券】4つの購入方法。販売店や金券ショップなど、場所と価格を徹底解説。
おこめ券の4つの購入方法を、株主優待、販売店、金券ショップなどの購入場所と販売価格を合わせてご紹介しています。また、記事中のデータには、具体性を追求するために、私の個人実績やショップの実数を採用しています。

 

※記事中の金額・サービス等は、2019年4月現在のものです。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました