【QUOカード】3つの換金方法。換金率と買取相場を徹底調査。

手渡しされるQUOカード

引用元:QUOカードとは

QUOカード」は、株式会社クオカードが発行する全国共通のギフトカードです。

コンビニエンスストア・書店・ドラッグストア・ファミリーレストランなど、全国約57,000店の身近なお店で利用できます。

1987年の誕生以来、累計発行枚数は8億枚(1兆2,500億円)。電子マネーの普及が著しい現代日本においても、利便性と高い知名度で、多くの利用者に支持されています。(※QUOカードの発行は1995年)

この記事では、QUOカードの基本情報の後に、具体的な3つの換金方法、それぞれの換金方法における換金率と金券ショップの買取相場などをご紹介します。

公開する数値は、延べ177枚のQUOカード、大手5社の金券ショップから算出しています。

 

スポンサーリンク

QUOカードの基本情報と換金時に必要となる知識

基本情報

公式サイトQUOカード
発行会社株式会社クオカード
利用可能店舗数全国約57,000店
使えるお店
(加盟店一覧)
コンビニエンスストア、ドラッグストア、ファミリーレストラン、カフェ、ガソリンスタンド、書店、音楽・映像・書籍専門店、トイショップ、ゴルフショップ、ホームセンター、ホテル、ステーショナリーショップ
☆公式:【QUOカード-使えるお店
額面金額300円券・460円券・500円券・700円券・1,000円券・2,000円券・3,000円券・5,000円券・10,000円券
カードタイプ【スタンダードカード】
・100種類以上から選べる定番のカード。
【加盟店店頭限定デザインカード】
・コンビニなど一部の加盟店で販売しているカード。
・5,000円券・10,000円券はおまけ付。
【オーダーメイド】
・自由にメッセージを入れる「レディメイドカード」
・写真やイラストから作る「ハッピーメイドカード」
・完全オーダーメイドの「オリジナルカード」
・額面を自由に設定する「フリーバリューカード」
おつり(つり銭)でない
有効期限なし
利用できない
商品・サービス
公共料金、通信販売等収納代行サービス、プリペイドカード、切手、印紙、タバコ、チケット、その他取扱店が指定した商品など

 

さらに詳しいQUOカードの概要についてはこちら

【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。

【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。
この記事では、QUOカードの加盟店情報やおつり、有効期限などの基本情報、使えるお店をすべて把握した上での後悔しない使い方をシーン別に徹底解説しています。

 

デザイン

QUOカードは、他のギフトカードと違い、デザインを自由に決められるギフトカードです。

2016年まで発行されていた磁気式の「図書カード」、30代?40代?以上の人には懐かしの「テレホンカード」と同じ仕組みですね。

いろいろなデザインのQUOカード

引用元:QUOカード-TOP

スタンダードカードだけでも、現在100種類以上。

企業や団体の広告活動で作られたカードを含めると、数万、あるいは数十万種類のデザインが存在しているかもしれません。

人気芸能人・キャラクターの柄、コレクションの対象となる柄、ギフトに適した柄など、当然、柄の違いで人気に差が出てきます。

そして、この記事で重要になるのが、金券ショップでも明確に買取金額に差をつけている「ギフト柄」と「広告柄」です。簡単な違いは、

  • ギフト柄:定番のQUOスマイルや花・植物など、ギフトに適したデザイン。
  • 広告柄:企業の広告や雑誌の懸賞目的で作られたデザイン(個人作成含む)。

ですが、明確な基準がないため、買取を依頼するまでどちらか判断がつかない場合もあります。

例:花柄のデザインだが印字されている文言がギフトに適さない など

 

買取不可のQUOカードとは

QUOカードが一般消費者間で流通する過程には、大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 製作段階で磁気による情報記録が行われて流通する場合。
  • コンビニエンスストアなどで販売される時点で磁気情報が書き込まれて流通する場合。

前者の場合は、裏面左下に「GF」、後者の場合は「00」で始まる番号が記載されていますが、QUOカード自体の能力に差はありません。通常通り、加盟店で利用できます。

ですが、ほとんどの金券ショップで、この「00」で始まる番号が記載されたQUOカードが買取の対象外となっています。

理由は、盗品の恐れがあるからだそうです。

基本的に、「磁気情報」というのは見た目ではわかりません。このわからないことを悪用して、流通する前のQUOカードが不正に持ち出されるケースが過去に発生しています。

当然、不正に持ち出したわけですから磁気情報は記録されておらず、QUOカードとしての能力は発揮できません。そうなると、最も被害を受けやすいのが、換金目的で持ち込まれる金券ショップです。

つまり、磁気情報が記録されず一切使えないQUOカードを、金券ショップ側が買い取ってしまうリスクを避けるために、買取の対象外としているわけです。

 

その他の買取不可のQUOカード

他にも、ほとんどの金券ショップで買取対象外になるQUOカードがありますので、以下に列記します。

  • 番号が「00」から始まるカード(上記のもの)。
  • 穴が開いているカード。使用履歴のあるカード。
  • キズや汚れ、黄ばみ、折れ曲がりのあるカード。
  • 裏面に有効期限があるカード。(現在発行のカードは有効期限なし)

 

コンビニ発行の「00」QUOカードでも買取してくれる金券ショップ

番号が「00」で始まるQUOカードでも、条件付きで買取対象にしている金券ショップがありますので何社かご紹介します。

あくまで「条件付き」ですので、詳細は各店舗でご確認ください。「残高レシート」が絶対条件になっている金券ショップがほとんどです。(対象ショップは2019年4月調査)

 

スポンサーリンク

QUOカードの換金方法と換金率、買取相場など。

最適な換金方法は、個々の状況によって異なります。また、換金する場合は、ほぼ間違いなく額面よりも価値が下がりますので、今一度、本当に自己消費するチャンスがないかどうかを確認すべきです。

QUOカードにはまだ、世間一般に浸透しきれていない多くの使い方が存在します。

食料品・日用品なら「マツキヨグループ」、文具・書籍・雑貨なら「書店」、外食なら「デニーズ」「上島珈琲店」など、コンビニ以外に約7,000店の加盟店が存在します。

このことを認識した上で、以下の換金方法に関する記事をお読みください。

 

QUOカードの使えるお店や使い方をシーン別に詳しく解説した記事はこちら

【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。

【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。
この記事では、QUOカードの加盟店情報やおつり、有効期限などの基本情報、使えるお店をすべて把握した上での後悔しない使い方をシーン別に徹底解説しています。

 

家族や身近な人から協力を得る

握手をする手

最も手軽で単純な方法ですが、唯一、継続的に換金率100%が可能な方法です。

最初にこの方法を紹介すると「それ、ここで書く方法?」と苦情をいただきそうですが、私はこれまでに200枚以上のクオカードを使ってきた経験がありますし、少なくとも数十枚は、この方法で100%の換金に成功しています。

いかがでしょうか。。。聞いてみる気になった方は、いくつか実例をあげますので参考にしてみてください。

 

実家にお米を買っていく

最も多いのがこのパターンです。定期的に実家に帰省する際に、事前にお米が切れそうかどうかを聞いて、切れそうなら買っていく。そして、実家で代金をもらう。これだけ。

誰も損しませんし、重いお米ですから母も助かります。

お米は、割高なコンビニではなく「マツモトキヨシ」で買います。10kgのお米であれば、最低でもQUOカード3,000円分の換金が可能です。

マツキヨでは、かなり多くの店舗でお米を取扱っていますし、お値段も手頃なのでおすすめです

公式:ドラッグストア マツモトキヨシ-お店検索(絞り込みで「米」にチェック)

ただこの方法は、お米に限りませんが、実家に住んでいる、実家に定期的に帰省する、お米の代金を親から気兼ねなくもらえる、といった人しか使えない方法かもしれません。

 

小遣いの一部 または 生活費の一部をQUOカードで渡す

家計を預かるのが奥さんなら、よくコンビニを使う旦那さんに、逆なら、日用品の買物でよくマツキヨを使う奥さんに、お金の一部をQUOカードで渡す方法です。

これも、誰も損しませんし家族ですから気兼ねなくお願いできます。

私は、この方法でもQUOカードを間接的に換金することがありますが、ご家庭によっては難しいかもしれませんね。力関係とかで。

また、子供のお小遣いに対しても、小さい頃は一部をQUOカードで渡すことがあったんですが、大きくなってからは拒否され、逆にタダで取られるようになってしまったので、現在は手元にQUOカードがあっても言わないようにしています。

 

友人・知人に買ってもらう

コンビニをよく使う、本をよく買う、自家用車を持っていて定期的にガソリンを入れる、といった友人・知人に買ってもらう方法です。

この場合は、仲が良いとは言っても家族とは違いますので、換金率100%とはいかないかもしれません。

しかし、事情を話して理解が得られれば、90%~95%の換金率は十分に可能です。知名度のあるQUOカードですし、気心の知れた知人ですから、トラブルになる確率も低いと考えられます。

 

ヤフオク!で出品する

パソコンと観葉植物

ヤフオク!でも、手軽で高い換金率を実現できます。

下の表は、2019年に取引が成立した各種QUOカード、177枚分のデータを集計した結果です。

 

額面落札額受取額換金率件数期間
500ギフト550503100.5%193/1~
3/10
広告53749098.0%9
1,000ギフト1,01993193.1%183/1~
3/20
広告1,06297097.0%15
2,000ギフト2,0521,87593.7%203/1~
3/31
広告2,0721,89394.6%15
3,000ギフト3,0532,78993.0%203/1~
3/25
広告3,0592,79593.2%5
5,000ギフト5,0554,61992.4%201/1~
4/20
広告4,9654,53690.7%13
10,000ギフト10,1709,29292.9%103/1~
4/20
広告10,1399,26392.6%13
  • 数字の単位は「円」。送料を含まない価格。
  • 送料込み商品はすべてミニレター(62円)換算で落札額からマイナス。
  • 入札件数1件の商品やコンビニ発行のカードは除外。
  • 人物・キャラクターなどプレミアがつきそうなカードは除外。
  • 受取額は「落札システム手数料8.64%」(プレミアム会員)で算出。

 

集計結果からわかること

まず、ヤフオク!で取引されるQUOカードには、後ほど金券ショップの項で紹介する「ギフト柄」と「広告柄」の価格差がほぼ感じられません。

それと、もう一つ顕著に表れているのが、額面金額が小さなQUOカードほど換金率が高いということです。500円券に至っては、「ギフト柄」「広告柄」双方が換金率ほぼ100%です。(抽出期間や件数の少なさが影響している可能性はあります)

その他の券種に関しては、概ね92%~93%の換金率で販売できていることが分かります。

 

注意が必要なこと《Yahoo!プレミアム会員費》

一点考慮する必要があるのは、上記は「Yahoo!プレミアム会員」の場合の換金率である点です。

Yahoo!プレミアム会員とは、Yahoo! JAPANが指定するサービスを、有料で利用するための会員資格で、月額462円(税別)かかります。

つまり、既に会員の方にとっては小さな影響でしかありませんが、初めてまたは1回だけ、QUOカードをヤフオク!で販売する場合には、上記の会費分も考慮する必要があるということです。

ただ、数か月間プレミアム会員費が無料になるキャンペーンは、ほとんど常時行われていますので、これを機にデビューしてみる選択肢もあると思います。

 

さらにお得な方法は?

また、これは「換金」という視点からは話がそれてしまいますが、売上金をYahoo!マネーで受け取ったり、事前に自動受け取り設定をしておくと1~2%、場合によっては3%のTポイントを獲得できる方法がありますので、換ポイント率?なら、さらに2%前後引き上げることが可能です。

 

金券ショップで買取してもらう

金券ショップの店舗イメージ「繁華街」

店舗に足を運ぶ手間はかかりますが、金券ショップでも高い換金率を実現できます。

下の表は、多店舗展開している金券ショップ大手5社の買取価格を集計した結果です。

※数字の単位は「円」。調査は2019年4月22日。

額面R社A社T社K社D社5社平均
500ギフト48648547547047047795.4%
広告46146046546045045991.8%
1,000ギフト97096095094094095295.2%
広告92192093092090091891.8%
2,000ギフト1,9021,8801,8801,8801,8401,87693.8%
広告1,8421,8401,8601,8401,8001,83691.8%
3,000ギフト2,8532,8202,8202,8202,7602,81593.8%
広告2,7632,7602,7902,7602,7002,75591.8%
5,000ギフト4,8504,7504,7004,7004,7504,75095.0%
広告4,7504,6004,6504,6004,6504,65093.0%
10,000ギフト9,7009,5009,4009,4009,5509,51095.1%
広告9,5009,2009,3009,2009,3009,30093.0%

 

集計結果からわかること

ご覧の通り、買取価格は「ギフト柄」と「広告柄」で差がついています。どの券種でも、概ね2~3%の差ですが、注目は低めに設定されている「広告柄」ではないでしょうか。

券種によっては明らかにヤフオク!で販売した方が換金率が高くなるケースが存在します

  • 例1:500円券の「ギフト柄」「広告柄」どちらも
  • 例2:1,000円券・2,000円券・3,000円券の「広告柄」

※表が離れていて比較しづらいので、後ほどヤフオク!の表と金券ショップの表を合体させます。

全体としては、ギフト柄は概ね94%~95%、広告柄は概ね92%~93%の換金率で買取してもらえることが分かります。

 

注意が必要なこと《ネット買取vs店頭買取》&《都市部vs地方》

買取金額はすべてWEBサイトから抽出しています。つまり、ネット買取価格が含まれているということです。店頭で買取してもらう場合は、若干金額が下がる傾向にありますので、その点には注意が必要です。

  • 一般的に、金券ショップのネット買取価格は、店頭買取価格よりも若干高めに設定されていることが多くなっています。
  • 理由には、ネット買取の場合、全国のショップがライバル店になるため、少しでも高い買取価格をつける必要があること、ネット買取では、依頼する側に郵送料や振込手数料がかかるケースが多いため、少しでも依頼をしやすくする必要があること、などがあります。

また、これも一般的な話ですが、都市部のショップと地方のショップでは、圧倒的に都市部のショップの方が買取価格が高く設定されています。

  • 理由は説明するまでもなく、ライバル店の数ですね。多ければ競争が生まれますし、少なければ生まれません。

表の金券ショップは、すべて都市部に店舗を持っており、他店との競争が激しい環境で買取業務を行っているので、地方のショップでは同等の買取価格になる確率が低い点には注意してください。

 

郵送買取にかかる費用と換金率のシミュレーション

上記5社で調査した結果、大まかな流れに若干の違いはあるものの、費用項目はほぼ同じでしたので、代表的な「R社」を例に、郵送買取の流れ、費用、換金率をシミュレーションしてみたいと思います。

  1. WEB上のフォームで、見積依頼、会員登録、代金受取方法の選択などを行う。
  2. 見積確定後、品物と身分証明書を郵送する。
    • ここで「住民票の取得料金」と「送料」が発生。
  3. 査定結果の連絡が届き、承諾後、買取金額が振込まれる。
    • ここで「振込手数料」が発生(差し引かれる)。
額面金額
合計
住民票
の取得
品物等
送料
振込
手数料
費用
合計
郵送買取
換金率
5,0003003925474682.1%
10,0003003925474689.5%
15,0003003925474692.0%
20,0003003925474693.3%
30,0003003925474694.5%
50,0003003925474695.5%
70,0003005125486695.8%
100,0003005125486696.1%
  • R社「ギフト柄」の買取率:97%を想定。
  • 身分証明書は、免許証や保険証のコピーだと時間も料金も余計にかかるので住民票を選択。
  • 品物等送料は以下を想定。
    • 額面金額合計5万円まで:「定形郵便(82円)+簡易書留(310円)」
    • 額面金額合計10万円まで:「定形郵便(82円)+一般書留(430円)」
  • 代金の受取りは、振込手数料が最も安い「ジャパンネット銀行」を想定(一律54円)。

元の換金率が97%ですから、額面金額2万円あたりから、換金率の低下が気にならなくなり始め、5万円だともうほとんど気になりません。私はです。

額面がいくらならお得なのかは、居住地域によって異なると思いますので、最寄りの金券ショップと比較するための参考資料にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

ヤフオク!と金券ショップの換金率比較

額面ヤフオク!金券ショップ
500ギフト503100.5%47795.4%
広告49098.0%45991.8%
1,000ギフト93193.1%95295.2%
広告97097.0%91891.8%
2,000ギフト1,87593.7%1,87693.8%
広告1,89394.6%1,83691.8%
3,000ギフト2,78993.0%2,81593.8%
広告2,79593.2%2,75591.8%
5,000ギフト4,61992.4%4,75095.0%
広告4,53690.7%4,65093.0%
10,000ギフト9,29292.9%9,51095.1%
広告9,26392.6%9,30093.0%

傾向として、額面金額が小さい場合はヤフオク!、大きい場合は金券ショップの換金率が高くなっているようです。

これはおそらく、期間固定Tポイントの消化需要が影響しているのではないでしょうか。

  • ヤフオク!で小さな額面のQUOカードを落札する人は、支払いを、期限が切れそうなTポイントで行うため、ポイントがなくなってしまうよりも、多少高めでも「QUOカードだったら」という気持ちで落札する。
  • 一般的に、失効が迫っているTポイント数が平均して3,000ポイント未満だから、3,000円券以下のQUOカードの換金率が高くなる。

このように分析できると思われます。(あくまで個人の意見ですので、間違っていてもご容赦ください。)

つまり、双方での換金が可能な人は、額面が小さければヤフオク!、大きければ金券ショップが有効な換金手段だと言えます(もっと有効なのは家族・友人ですが)。

 

おわりに

いずれにしても、最適な換金方法は、その人が置かれている状況によって大きく変わります。

ネットで検索すると、ほとんどの場合「金券ショップ」をすすめられますが、はっきり言って、私のように地方に住む者にとって、「金券ショップ」に足を運ぶ選択肢は、下の下でしかありません。

理由は単純です。遠い。逆にお金がかかる。

私は関東に居住していた期間が10年以上ありますので、都会の人たちが「金券ショップ」をすすめる気持ちがわからないわけではありません。電車を降りて、数分で買い取ってもらって、またすぐに来る電車に乗ればいいだけですから。

しかし、地方には、まず電車の文化が存在せず、金券ショップ自体がどこにあるのか知らない人の方が圧倒的に多いのが実情です。

ということで、この記事は、首都圏に住む4,000万人だけでなく、それ以外の8,000万人でも実現可能な換金方法をご紹介することとなりました。

ちなみに、ヤフオク!では欠かせない郵便ポストですが、日本には約18万か所にあるそうです。

 

最後にQUOカードの使い方関連の記事を残します。

 

※記事中の金額・サービス等は、2019年4月現在のものです。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました