【アークランドサービスHD(3085)の株主優待】優待券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法と利益シミュレーション。

アークランドサービスHDの株主優待券が使えるお店

引用元:アークランドサービスHD-WEBサイト画像を編集

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

アークランドサービスホールディングス(3085)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3085アークランドサービスホールディングス
権利
確定月日
6月末日
12月末日
権利付
最終日
2019年
6月25日
単元株数100株株価2,035円
最低株数100株最低投資
金額
203,500円
優待内容株主優待券(550円券)
優待価値1,100円相当優待利回り1.08%
1株配当20.00円配当利回り0.98%
貸借区分信用優待+配当
利回り
2.06%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
3,200株
発行済
株式数
3,309万株資料
作成日
2019年
4月3日
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

自社グループ店舗で利用可能な「株主様ご優待券」(550円券)

  • 100株以上:1,100円分(2枚)
  • 200株以上:2,200円分(4枚)
  • 1,000株以上:11,000円分(20枚)

 

スポンサーリンク

アークランドサービスホールディングス(3085)の企業紹介

アークランドサービス-TOP

引用元:アークランドサービスHD-TOP

  • 設立:1993年 上場:2007年 本社:東京都 業種:小売業
  • とんかつ専門店「かつや」を直営・FCで運営。ほかに、からあげ専門店、肉めし専門店、イタリアンレストランなども。
  • 店舗展開は、2019年3月現在、国内で「かつや」394店舗、「その他」117店舗。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 4月3日の終値ベースで最低投資金額は約20.4万円
  • 優待券1,100円分での優待利回りは、年1回分で0.54%
  • 制度信用銘柄で制度クロスは不可。
  • 一般信用売りの在庫は、4月3日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」3,200株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

カブドットコム証券で、昨日(4/3)「長期」在庫が解放されました。

わずかに3,000株程度ですので、人気優待としては極めて小さな数字です。ただ、過去の記録から判断すると、さらに在庫が増えてくる可能性は十分にあります。

シミュレーションは、最低単元からランクを上げても利回りが落ちないので、200株と1,000株、約1か月前でやってみます。

勝負どころは、現在の在庫ではなく、一気にドンと増えたときだと思っています。(増えないかもしれません。)

 

200株 40.7万円:2,200円分の場合

証券会社はカブドットコム証券、5月27日(貸株日数33日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、6月26日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額40.7万円
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):33円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・33日分):551円
  • 優待券2,200円分-(194円+194円+33円+551円)=1,228円(概算利益)

原価率44%。

 

スポンサーリンク

1,000株 203万円:11,000円分の場合

証券会社はカブドットコム証券、5月27日(貸株日数33日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、6月26日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額203万円。
  • 制度信用 買い手数料:1,188円
  • 一般信用 売り手数料:1,188円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):165円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・33日分):2,753円
  • 優待券11,000円分-(1,188円+1,188円+165円+2,753円)=5,706円(概算利益)

原価率48%と、若干効率が悪くなりました。資金・優待価値が5倍なのに売買手数料が6倍になっているのが原因です。

 

おわりに

10年以上前ですが、私が関東在住で1日100件近く営業で回っていた時に、味と安さとスピードが魅力で、週に何度もお世話になっていた時期がありました。

その後、出身地の福岡に戻り、店舗がなかったので行くこともなくなっていたんですが、数年前のある日、福岡でも店舗を発見。にぎわっていたので、企業としての勢いを感じました。

今確認したところ、株価はその時の3~4倍。勢いを感じた「あの時」が長期投資のタイミングだったと思い知らされた経験です。

 

本題に戻りますが、ポイントは、在庫が増えてくるのを待つか、それとも増えるかどうかわからない在庫を待たず薄利でも動くか、だと思います。難しい選択です。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ20銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年4月3日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました