【ロイヤルHD(8179)の株主優待】株主優待券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

ロイヤルHDの株主優待「株主優待券」

引用元:ロイヤルHD-株主優待制度

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ロイヤルホールディングス(8179)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
8179ロイヤルホールディングス
権利
確定月日
6月末日
12月末日
権利付
最終日
2019年
6月25日
単元株数100株株価2,739円
最低株数100株最低投資
金額
273,900円
優待内容株主優待券(500円券)
優待価値500円相当優待利回り0.37%
1株配当29.00円配当利回り1.06%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
1.42%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約8万株
発行済
株式数
3,955万株資料
作成日
2019年
3月28日
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

飲食代金・商品購入代金・宿泊代金に利用できる株主優待券(500円券)。

  • 100株以上:500円分(年間1,000円分)
  • 500株以上:5,000円分(年間10,000円分)
  • 1,000株以上:12,000円分(年間24,000円分)

※利用可能店舗など詳しい優待内容はこちら《 ロイヤルHD-株主優待制度

 

スポンサーリンク

ロイヤルホールディングス(8179)の企業紹介

ロイヤルHD-TOP

引用元:ロイヤルHD-TOP

  • 創業:1951年 上場:1978年 本社:福岡県福岡市 業種:小売業
  • 「ロイヤルホスト」「天丼てんや」などの外食事業が主力。
  • 空港・病院などの大規模施設、機内食、ホテルなどでも事業展開。
  • 店舗数は「ロイヤルホスト」「てんや」ともに全国200店舗以上。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月28日の終値ベースで、およその投資金額と優待利回り(年1回分)は、
    • 100株・500円分:28万円・0.2%
    • 500株・5,000円分:137万円・0.36%
    • 1,000株・12,000円分:274万円・0.44%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年6月…1日分:1,250円
    • 2017年6月…3日分:15円
    • 2018年6月…3日分:15円
    • 2019年6月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約3,950万株。
  • 一般信用売りの在庫は、3月28日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約8万株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:残りわずか。

 

ロイヤルの優待は、株数を増やすごとに優待価値が上がるという、珍しい部類に入る優待内容となっています。

100株:500円分では、ほとんど利益は出ませんが、500株・1000株の保有であれば大きな利益が期待できます。

それだけに人気も高く、転売需要も多いので、クロスのタイミングが非常に難しい優待です。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

3/28現在、カブコムの一般信用売りの在庫が約8万株。

取得を目指す人は、最もコスパの良い1,000株を狙ってくる人が多いので十分な在庫株数とは言えません。

判断が難しいので、切りの良いところでちょうど1か月前、1,000株のクロスを想定してシミュレーションしてみます。在庫が残っていることを予測するものではありません。

 

証券会社はカブドットコム証券5月27日(貸株日数33日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、6月26日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額274万円。
  • 制度信用 買い手数料:1,188円
  • 一般信用 売り手数料:1,188円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):223円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・33日分):3,715円
  • 優待券12,000円分-(1,188円+1,188円+223円+3,715円)=5,686円(概算利益)

 

優待取得コストの早見表

カブコム274万円
制度
クロス日貸株日数一般
5月27日33日分¥6,315
6月3日26日分¥5,527
6月10日19日分¥4,738
6月17日12日分¥3,950
  • シミュレーションで想定した5/27に色付けしています。
  • およその数値です。
  • 買いは「制度信用買い」⇒「品受」を想定しています。現物で買うとかなり高くなってしまいます。

 

おわりに

3月優待での話ですが、私は権利付最終日に口座残高が足りなくなってしまい、当日銀行に走って即時入金で何とか現物保有が間に合ったといった銘柄がいくつかありました。

足りなくなる予測がついていたので難を逃れましたが、この銘柄のように大きな資金が必要な場合は、現引(品受)できる余力が十分かどうか、必ずチェックしてからの発注をおすすめします。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ20銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月28日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました