【ロイヤルHD(8179)の株主優待】株主ご優待券!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

ロイヤルHDの株主優待「株主優待券」

引用元:ロイヤルHD-株主優待制度

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロイヤルホールディングス(8179)の株主優待

ロイヤルHD(8179)の基本情報

コード8179銘柄名ロイヤルホールディングス
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価2,525円
株数100株最低
投資金額
252,500円
優待内容株主ご優待券優待価値500円相当
優待
利回り
0.40%
1株配当28.00円配当
利回り
1.11%
貸借区分貸借優待配当
利回り
1.50%
発行済
株式数
3,955万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

ロイヤルHD(8179)の株主優待内容

毎年6月末及び12月末現在、100株以上所有の株主を対象に「株主ご優待券」を贈呈。

  • 100株以上:500円分(年間1,000円分)
  • 500株以上:5,000円分(年間10,000円分)
  • 1,000株以上:12,000円分(年間24,000円分)

公式:ロイヤルHD-株主優待制度

 

「株主ご優待券」の贈呈時期や使い方

贈呈時期と有効期限

  • 6月末日基準日:9月中旬発行(翌年9月末日まで有効)
  • 12月末日基準日:3月下旬発行(翌年3月末日まで有効)

約1年間有効な優待券です。

利用可能店舗

全国のロイヤルホストをはじめとするロイヤルグループの各店舗(一部店舗を除く)。

  • ロイヤルホスト、天丼てんや、シェーキーズ、シズラー、カウボーイ家族、カフェクロワッサン、ローズベーカリー、ピンクベリー、スタンダードコーヒー、チャウダーズ、ロイヤルガーデンカフェ、リッチモンドホテル、いねや、空港レストラン・売店、高速レストラン・売店、市街地専門店 など。
  • 株主優待券ご利用可能店舗所在地一覧(2019年8月31日現在:625店舗)

 

利用上の注意

  • 1枚につき税込500円分の飲食代金、商品購入代金、宿泊代金に利用可能。
  • 一度の来店で、同時に何枚でも利用可能。
  • 優待券のみでの利用も可能。ただし、おつり、領収証は出ない。
  • 各種ポイントカードのポイント付与の対象外。
    • ただし、ロイヤルホストおよびカウボーイ家族で利用可能な「楽天ポイントカード」に限り、ポイントを付与。
  • 他の割引券・優待券・サービス券等(いずれか1枚)との併用が可能。
  • 株主以外でも利用可能。
  • クリスマスケーキ等の予約販売商品など、一部利用できない商品あり。

 

スポンサーリンク

ロイヤルホールディングス(8179)の企業紹介

ロイヤルHD-TOP

引用元:ロイヤルHD-TOP

  • 商号:ロイヤルホールディングス株式会社
  • 創業:1951年 上場:1978年
  • 本社:福岡県福岡市 業種:小売業
  • 「ロイヤルホスト」「天丼てんや」などの外食事業が主力。
  • 空港・病院などの大規模施設、機内食、ホテルなどでも事業展開。
  • 店舗数は「ロイヤルホスト」「てんや」ともに全国200店舗以上。総店舗数は600店舗以上。

 

ロイヤルホールディングス(8179)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近での最低必要資金は、100株で26万円前後ですが、コスパが悪いので目指すのは次のとおり。
    • 500株:130万円前後(優待価値100株の10倍)
    • 1,000株:260万円前後(優待価値100株の24倍)
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  • 過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年6月…1日分:1,250円
    • 2016年12月…5日分:5,000円
    • 2017年6月…3日分:15円
    • 2017年12月…6日分:90円
    • 2018年6月…3日分:15円
    • 2018年12月…7日分:105円
    • 2019年6月…3日分:2,460円
    • 2019年12月…逆日歩7日分。
  • 発行済株式数:約3,955万株。
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:なし
    • GMOクリック証券:「短期」上限1,000株
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 9月9日現在
    • カブコムの長期在庫はこの時点ではなし。毎回、基準日が近づくと数万~数十万株解放されますが、1,000株での取得が主流のため、他の銘柄で言う数千~数万の解放と同じです。
  • 前回、前々回と、SBI・GMOでも解放されています。人気の高い優待ではありますが、自分の利益を削れば取得は難しくはありません。ただ、かなり削られますし資金も巨大なので、良くコスパを考えて挑むべき優待です。
  • 10月18日現在
    • 各社、在庫が出そろっています。
  • 11月15日現在
    • このところ、カブコムではじわじわとクロスが入り始めている雰囲気です。
    • 日興や楽天は枯渇気味。
  • 11月29日現在
    • 日興や楽天の無期限がなくなり、カブコムにもクロスが入り始めています。

 

コストシミュレーションは、500株と1,000株。いつも薄い利益の段階から動き出してしまうので赤字から始めておきます。←直近の数字でやり直し

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

500株:5,000円分の場合(投資額122.5~132.5万円)

  • GMOクリック証券・auカブコム証券 共通
    • クロス:「一般信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
    • カブコム コスト=品受料+品渡料+金利+貸株料
投資金額1,225,000円1,275,000円1,325,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/927日分4,0844,2294,374
12/1026日分3,9554,0954,234
12/1125日分3,8253,9604,095
12/1222日分3,4383,5573,675
12/1321日分3,3093,4223,536
12/1620日分3,1793,7053,2883,7723,3963,839
12/1719日分3,0503,6303,1533,6943,2563,757
12/1818日分2,9213,5543,0193,6153,1163,676
12/1915日分2,5333,3282,6153,3792,6973,431
12/2014日分2,4043,2522,4813,3012,5573,349
12/2313日分2,2753,1772,3463,2222,4173,267
12/2412日分2,1463,1012,2123,1442,2783,186
12/2511日分2,0163,0262,0773,0652,1383,104
12/268日分1,6292,7991,6742,8291,7192,859

※数値は概算

1,000株:12,000円分の場合(投資額245~265万円)

クロス取引の方法は500株と同じ。

投資金額2,450,000円2,550,000円2,650,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
一般一般一般一般一般一般
一般一般一般一般一般一般
12/927日分7,6407,9308,220
12/1026日分7,3817,6617,941
12/1125日分7,1237,3927,661
12/1222日分6,3486,5856,823
12/1321日分6,0896,3166,543
12/1620日分5,8315,6956,0475,8296,2645,962
12/1719日分5,5725,5445,7785,6715,9845,799
12/1818日分5,3145,3935,5095,5145,7055,636
12/1915日分4,5394,9404,7025,0434,8665,146
12/2014日分4,2804,7894,4334,8854,5864,982
12/2313日分4,0224,6384,1644,7284,3074,819
12/2412日分3,7634,4873,8954,5714,0274,655
12/2511日分3,5054,3363,6264,4143,7484,492
12/268日分2,7303,8832,8203,9422,9094,002

※数値は概算

【ロイヤルHD(8179)の株主優待】株主ご優待券!まとめ

  • ロイヤルHDの株主優待は、100株ではコスパが悪いので目指すならズバリ1,000株。
  • 株数を増やすと優待価値が上がる希少な株主優待。株数10倍で価値24倍。
  • 一般在庫は少なくないが、皆1,000株を狙ってくるので在庫は10分の1で考えた方が良さそう。
  • いつもかなりコストが嵩む段階で動き出してしまうので、正直、あまりコスパは良くない。
  • 制度クロスも可能ではあるが、過去の逆日歩から考えて、かなりの確率で悲劇が起きる。
  • 優待で大事なのはギャンブルしないこと(自論)。1回でも喰らうと取り返すのに数か月かかってしまうので。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました