【岡部(5959)の株主優待】QUOカード!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

岡部の株主優待「QUOカード」

岡部の株主優待「QUOカード」

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡部(5959)の株主優待

岡部(5959)の基本情報

コード5959銘柄名岡部
権利確定
月日
6月末日・12月末日権利付
最終日
2019年12月26日
単元株数100株株価964円
株数100株最低
投資金額
96,400円
優待内容QUOカード優待価値500円相当
優待
利回り
1.04%
1株配当28.00円配当
利回り
2.90%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.94%
発行済
株式数
5,379万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年12月13日注意事項※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

岡部(5959)の株主優待内容

毎年12月31日と6月30日時点で株主名簿に登録された株主を対象にオリジナル・クオカードをつぎのとおり贈呈。

  • 100株以上:500円分
  • 1,000株以上:1,000円分
  • 5,000株以上:2,000円分

関連記事:【QUOカード】使えるお店や使い方

【QUOカード】使えるお店や使い方。シーン別利用方法の完全ガイド。
累計300枚以上のQUOカード使ってきた筆者が、日用品や食料品での使い方、書籍はもちろん文具や雑貨の購入で使えるお店、ガソリン給油時の注意点、使える飲食店、ディズニーチケットの入手方法などを徹底解説します。

 

スポンサーリンク

岡部(5959)の企業紹介

岡部-TOP

引用元:岡部

  • 商号:岡部株式会社
  • 設立:1944年 上場:1972年
  • 本社:東京都 業種:金属製品
  • 建設業界向けに、仮設・型枠製品、建材製品、構造機材製品などを販売。
  • アメリカ・中国などでは、バッテリー端子など自動車関連製品事業も展開。
  • 創業は1917年で、2017年に100周年を迎えた。

 

岡部(5959)の株主優待をクロス取引で取得する方法とコストシミュレーション

クロス取引の前に最低限の数値DATA等を把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は8~10万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可
  •  過去の100株あたりの逆日歩
    • 2016年12月…5日分:25円
    • 2017年6月…3日分:165円
    • 2017年12月…6日分:30円
    • 2018年6月…3日分:120円
    • 2018年12月…7日分:35円
    • 2019年6月…3日分:225円
    • 2019年12月は逆日歩7日分
  • 発行済株式数:約5,379万株
  • 一般信用売りの在庫(12月13日現在)
    • auカブコム証券:「長期」16.8万株(抽選時)
    • GMOクリック証券:「短期」上限500株
    • SBI証券:なし
    • SMBC日興証券:なし
    • 楽天証券:なし

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 常時、一般信用売りの在庫が豊富な銘柄で、優待価値も500円ということで終盤を想定できる優待です。
  • 前回、前々回共にSBI・GMOでも在庫が解放されています。
  • 10月18日現在:GMOでも一般在庫解放。
  • 11月15日現在:各ネット証券に在庫出そろう。

 

コストシミュレーションは100株のみ。

  • auカブコム証券では、12月16日約定分から、信用取引手数料、買方金利、売方貸株料、品受・品渡 事務手続き料が変更・新設されます。(商品概要/2019年12月13日以降更新)。
  • また、12月13日までに「買い」と「売り」の手数料を支払ってクロス取引を行い、同一銘柄の「現物株式」と「一般信用売建玉」を保有している場合でも、12月27日権利落ち日の品渡で、再度「事務手続き料」がかかるようです。
  • したがって、下記カブコムのコストシミュレーションは、以下の条件でコストを算出しています。
    • 12月16日以降の約定(信用手数料無料)
    • 約定代金10万円以下は現物買い(99円・金利なし・品受料なし)
    • 約定代金10万円超は一般信用買い(金利:3.79%・品受料あり)
      • 約定日当日に品受するので金利は1日分
    • 売りはすべて一般信用「長期」売り(貸株料率2.25%・品渡料あり)
      • 貸株日数分の貸株料が必要
    • 品受・品渡 事務手続き料は建玉金額による段階制

 

スポンサーリンク

 

  • GMOクリック証券・auカブコム証券 共通
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期または長期)売り」
    • 12月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • GMO コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
    • カブコム コスト=現物買い手数料+品渡料+貸株料
投資金額90,000円95,000円100,000円
証券会社GMOKcomGMOKcomGMOKcom
クロ
ス日
貸株
日数
現物現物現物現物現物現物
一般一般一般一般一般一般
12/927日分449464478
12/1026日分440454467
12/1125日分430444457
12/1222日分402413425
12/1321日分392403415
12/1620日分383309393315404321
12/1719日分373303383309393315
12/1818日分364298373303383309
12/1915日分335281343286351290
12/2014日分326276333280341284
12/2313日分316270323274330278
12/2412日分307265313268320272
12/2511日分297259303262309266
12/268日分269242273245277247

※数値は概算

【岡部(5959)の株主優待】QUOカード!まとめ

  • 岡部の株主優待は、100株で500円分のQUOカード。
  • 一般信用売りの在庫が各社で豊富。終盤が想定できる株主優待。
  • 貸借で制度クロスも可能だが、上記の通り、逆日歩が毎回発生している制度クロスの必要なし。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】12月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【12月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年12月13日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました