【アース製薬(4985)の株主優待】自社グループ製品をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

アース製薬の株主優待「自社グループ製品」

引用元:アース製薬-株主優待

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

アース製薬(4985)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
4985アース製薬
権利
確定月
6月末日
12月末日
権利付
最終日
2019年
6月25日
単元株数100株株価5,270円
最低株数100株最低投資
金額
527,000円
優待内容自社グループ製品詰合せ
優待価値2,000円相当優待利回り0.76%
1株配当100.00円配当利回り1.90%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
2.66%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約3万株
発行済
株式数
2,022万株資料
作成日
2019年
3月27日(水)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

自社グループ製品詰合せ

  • 基準日:6月末日
    • 100株以上…継続保有3年未満:2,000円相当 3年以上:3,000円相当
    • 1,000株以上:3,000円相当
  • 基準日:12月末日
    • 100株以上:2,000円相当

※2018年9月・2019年3月に送付された優待品はこちら《 アース製薬-株主優待

 

スポンサーリンク

アース製薬(4985)の企業紹介

アース製薬-TOP

引用元:アース製薬-TOP

  • 設立:1925年 上場:2005年 本社:東京都 業種:化学
  • 医薬品、医薬部外品、家庭用品などの販売が主力事業。
  • 商品ブランドでは「バスロマン」「モンダミン」「セボン」などでおなじみ。
  • 中国・東南アジアを中心に海外でも事業展開。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月27日の終値ベースで最低投資金額は52.7万円
  • 自社製品2,000円相当での優待利回りは、年1回分で0.38%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年6月…1日分:10円
    • 2017年6月…3日分:30円
    • 2018年6月…3日分:30円
    • 2019年6月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約2,000万株。
  • 一般信用売りの在庫は、3月27日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約3万株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

大きな資金が必要ですし、優待品も積極的に取りにいくような商品ではないので、「権利付最終日まで一般在庫が残っていたらどれくらいのコスト(利益)で取得できるのか」に着目したシミュレーションを行います。

また、在庫が確保された場合に備えて、手数料の安いGMOクリック証券でも最終日のクロスを想定してシミュレーションしておきます。

 

カブドットコム証券の場合

証券会社はカブドットコム証券6月25日(貸株日数4日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、6月26日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額52.7万円。
  • 制度信用 買い手数料:582円
  • 一般信用 売り手数料:582円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):43円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・4日分):86円
  • 自社製品2,000円相当-(582円+582円+43円+86円)=707円(概算利益)

 

スポンサーリンク

GMOクリック証券の場合

証券会社はGMOクリック証券6月25日(貸株日数4日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、6月26日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額52.7万円。
  • 制度信用 買い手数料:259円
  • 一般信用 売り手数料:259円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):39円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・4日分):222円
  • 自社製品2,000円相当-(259円+259円+39円+222円)=1,221円(概算利益)

 

おわりに

商品は選べないけど、2,000円相当の商品がある程度決まった安い値段で手に入る。

福袋的感覚でしょうか。

在庫が確保されるかどうかはわかりませんが、取得を目指すのであれば、圧倒的に50万円超の手数料が安いGMOクリック証券がお得そうです。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ20銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月27日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました