【サンセイランディック(3277)の株主優待】パンの缶詰をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法と利益シミュレーション。

サンセイランディックの株主優待「パンの缶詰」

引用元:(株)パン・アキモト-パンの缶詰

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

サンセイランディック(3277)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3277サンセイランディック
権利
確定月日
6月末日権利付
最終日
2019年
6月25日
単元株数100株株価729円
最低株数100株最低投資
金額
72,900円
優待内容(株)パン・アキモトの「パンの缶詰」
優待価値860円相当優待利回り1.18%
1株配当23.00円配当利回り3.16%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
4.33%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
700株
発行済
株式数
845万株資料
作成日
2019年
3月22日(金)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

※「優待価値:860円相当」は、ネットショップの販売価格を参考にしています。

 

株主優待内容の詳細

(株)パン・アキモトの「パンの缶詰」

  • 100株以上
    • 継続保有期間 1年未満:2缶  1年以上:3缶
  • 200株以上
    • 継続保有期間 1年未満:3缶  1年以上:4缶
  • 500株以上
    • 継続保有期間 1年未満:4缶  1年以上:5缶
  • 特殊製法により37ヶ月の長期保存が可能。
  • 1995年の阪神淡路大震災をきっかけに、パン・アキモトが開発した、安心・安全なおいしい防災備蓄パン。

 

スポンサーリンク

サンセイランディック(3277)の企業紹介

サンセイランディック-TOP

引用元:サンセイランディック-TOP

  • 設立:1976年 上場:2011年 本社:東京都 業種:不動産業
  • 底地・借地など、複雑な権利関係が絡む不動産物件の問題解決、売却、買取などを事業とする企業。
  • 会社設立当初は不動産の仲介業を事業としていたが、1991年の底地の取り扱い開始以降、専門性の高い事業に着手し、現在は札幌から福岡まで全国規模で事業を展開。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月22日の終値ベースで最低投資金額は約7.3万円
  • 優待価値860円相当での優待利回りは約1.2%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年6月…1日分:0円
    • 2017年6月…3日分:0円
    • 2018年6月…3日分:0円
    • 2019年6月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は845万株。
  • 一般信用売りの在庫は、3月22日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」700株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:余裕あり。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

3/22現在、カブコムの一般信用売りの在庫が700株しかありません。発行済株式数や過去の記録から判断しても、多くの在庫が確保される可能性は低そうです。

投資額が低水準で、さほどコストを気にすることもないので、シミュレーションは早めのクロスを想定します。

 

証券会社はカブドットコム証券、5月27日(貸株日数33日分)に、買いは現物、売りは一般信用「長期」でクロス取引し、6月26日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額7.3万円。
  • 現物 買い手数料:97円
  • 一般信用 売り手数料:97円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・33日分):99円
  • 優待価値860円相当-(97円+97円+99円)=567円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数73000円
GK
現物現物
一般一般
5/2733293
5/2832290
5/2929281
5/3028278
5/3127275
6/326272
6/425269
6/522260
6/621353257
6/720345254
6/1019337251
クロス日貸株日数73000円
GK
現物現物
一般一般
6/1118330248
6/1215307239
6/1314299236
6/1413291233
6/1712283230
6/1811276227
6/198253218
6/207245215
6/216237212
6/245230209
6/254222206
  • 3/22現在、GMOクリック証券には一般信用売りの在庫はありませんが、在庫が確保された場合に備えてコストを掲載しています。(「現物買い」×「一般信用短期売り」のクロスを想定)
  • シミュレーションで想定したクロス日、5月27日に色付けしています。
  • およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

サンセイランディックには逆日歩発生の記録がありませんが、個人的には注意すべき銘柄だと思ってます。

  • 逆日歩発生記録がないので皆油断する。
  • 投資資金が小さくて済むので、最後に残った資金で最終日に制度クロスに走りやすい。
  • 発行済株式数が845万株とかなり少ない。
  • 500株まで優待ランクが用意されている。

などが理由です。株価が低水準なので100株で最高逆日歩になっても大したことはありませんが、500株・3日分だと、その15倍ですから侮れません。

 

6株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】6月株主優待 クロス取引可能なおすすめ20銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年6月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月22日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました