【オオバ(9765)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

クオカード1,000円分

引用元:QUOカード

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

オオバ(9765)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
9765オオバ
権利
確定月日
5月末日
11月末日
権利付
最終日
2019年
5月28日(火)
単元株数100株株価681円
最低株数500株最低投資
金額
340,500円
優待内容クオカード など
優待価値1,000円相当優待利回り0.29%
1株配当16.00円配当利回り2.35%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
2.64%
一般信用売
GMO
短期
上限1,000株
一般信用売
カブコム
長期
わずか
発行済
株式数
1,860万株資料
作成日
2019年
4月24日
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA
  • 長期保有でない場合の情報。
  • 利回りは5月優待のみ対象。

 

株主優待内容の詳細

基準日…5月末日:クオカード

  • 100株以上
    • 保有期間 1年未満:なし 1年以上:500円分
  • 500株以上
    • 保有期間 1年未満:1,000円分 1年以上:3,000円分
  • 1,000株以上
    • 保有期間 1年未満:2,000円分 1年以上:7,000円分

 

関連記事 ⇒ 【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。

【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。
QUOカードの加盟店情報やおつり、有効期限などの基本情報に加え、食品や飲料、日用品、飲食店、ガソリンなど、シーン別にさまざまな利用方法を解説します。

 

基準日…11月末日:ショコラボ チョコレート菓子

  • 5,000株以上:1,700円相当

 

スポンサーリンク

オオバ(9765)の企業紹介

オオバ-TOP

引用元:オオバ-TOP

  • 設立:1947年 上場:1972年 本社:東京都 業種:サービス業
  • 創業は1922年で歴史は100年近く。「まちづくり」に関わる都市計画、土木設計、環境調査など、総合建設コンサルタント事業を主軸とする企業。
  • 蓄積した情報と技術を生かした各種システムの開発、事業ソリューションなども提供。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 4月24日の終値ベースで最低投資金額は約34万円
  • クオカード1,000円分での優待利回りは0.3%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。オオバの優待制度が現状のものになったのは2018年11月。5月末権利は今回が初めてのため、逆日歩履歴は参考にならず。
  • 発行済株式数は約1,860万株。
  • 一般信用売りの在庫は、4月24日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」わずか。
    • GMOクリック証券:「短期」上限1,000株。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

2018年に残念な優待制度の変更が発表され、5月権利としては、今回初めての基準日を迎えます。

4月25日訂正

カブコムのシミュレーションを書き直し、新たにGMOのシミュレーションを加えました。両方とも、単に200円の利益を確保したにすぎません。

カブドットコム証券の場合

証券会社はカブドットコム証券、5月7日(貸株日数25日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、5月29日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額34万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):27円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・25日分):349円
  • クオカード1,000円分-(194円+194円+27円+349円)=236円(概算利益)

 

スポンサーリンク

GMOクリック証券の場合

証券会社はGMOクリック証券、5月21日(貸株日数11日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、5月29日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額34万円。
  • 制度信用 買い手数料:183円
  • 一般信用 売り手数料:183円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):25円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・11日分):394円
  • クオカード1,000円分-(183円+183円+25円+394円)=215円(概算利益)

 

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数340,000円
GK
制度制度
一般一般
5/725765
5/822723
5/9211,145709
5/10201,109695
5/13191,073681
5/14181,037667
5/1515930625
5/1614894611
クロス日貸株日数340,000円
GK
制度制度
一般一般
5/1713858597
5/2012822583
5/2111786569
5/228679528
5/237643514
5/246607500
5/275571486
5/284535472
  • シミュレーションでクロス日に想定した5/7と5/21に色付け。
  • およその数値。

 

おわりに

注意すべきは逆日歩ではないでしょうか。

一般クロスができなかった場合に制度クロスに走ると、今回は「500株・3日分」ですから、100株・1日分と比べると15倍です。

発行済株式数も少ないですし、過去の逆日歩の参考値もないので、危険なにおいがプンプンしてます。

 

5株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】5月株主優待 クロス取引可能なおすすめ15銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年5月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年4月24日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました