【クスリのアオキHD(3549)の株主優待】株主優待カードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法と利益シミュレーション。

クスリのアオキHDの株主優待「株主優待カード」と「地方名産品」

引用元:クスリのアオキHD-株主優待

画像は2018年度の優待品

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

クスリのアオキホールディングス(3549)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3549クスリのアオキホールディングス
権利
確定月日
5月20日権利付
最終日
2019年
5月15日(水)
単元株数100株株価7,860円
最低株数100株最低投資
金額
786,000円
優待内容株主優待カード または 地方名産品
優待価値2,000円相当優待利回り0.25%
1株配当18.00円配当利回り0.23%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
0.48%
一般信用売
GMO
短期
上限1,000株
一般信用売
カブコム
長期
約5万株
発行済
株式数
3,152万株資料
作成日
2019年
4月24日(金)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

「株主優待カード(5%割引)」または「地方名産品」のいずれか1つを選択

  • 100株以上:「株主優待カード」または「地方名産品」2,000円相当
  • 500株以上:「株主優待カード」または「地方名産品」3,000円相当
  • 1,000株以上: 「株主優待カード」または「地方名産品」5,000円相当

※株主優待カードの利用方法や地方名産品の画像はこちら《 株主優待

 

スポンサーリンク

クスリのアオキホールディングス(3549)の企業紹介

クスリのアオキHD-TOP

引用元:クスリのアオキHD-TOP

  • 「クスリのアオキ」の創業は、1869年(明治2年)石川県。
  • 2016年に持株会社体制に移行し「クスリのアオキホールディングス」上場。
  • 北陸最大のドラッグストアチェーンで、2018年に500店舗を達成。
  • ドラッグストア併設の調剤薬局を推進し、地域のかかりつけ薬局を目指す。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 4月24日の終値ベースで最低投資金額は78.6万円
  • 名産品2,000円相当での優待利回りは0.25%で低水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年5月…3日分:135円(前身の3398クスリのアオキ)
    • 2017年5月…3日分:30円
    • 2018年5月…3日分:165円
    • 2019年5月は逆日歩1日分。
  • 発行済株式数は約3,150万株。
  • 一般信用売りの在庫は、4月24日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約5万株。
    • GMOクリック証券:「短期」上限1,000株。
    • SBI証券:不可。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

必要資金70万円に対してカブコムの在庫5万株。大目にあると考えて良さそうですので、シミュレーションは終盤のクロスを想定して行います。

また、GMOクリック証券でも在庫が確保される前提で、同じく終盤のクロスを想定します。

 

カブドットコム証券の場合

証券会社はカブドットコム証券5月14日(貸株日数5日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、5月16日(木)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額78.6万円。
  • 制度信用 買い手数料:776円
  • 一般信用 売り手数料:776円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):64円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・5日分):161円
  • 名産品2,000円相当-(776円+776円+64円+161円)=223円(概算利益)

最終日前日のクロスでもこの結果。名産品目当てではほとんど利益が出ません。

 

スポンサーリンク

GMOクリック証券の場合

証券会社はGMOクリック証券5月13日(貸株日数6日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、5月16日(木)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額78.6万円。
  • 制度信用 買い手数料:259円
  • 一般信用 売り手数料:259円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):59円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・6日分):497円
  • 名産品2,000円相当-(259円+259円+59円+497円)=926円(概算利益)

 

おわりに

5月優待には、ドラッグストア関連銘柄が集まっています。「クリエイトSD(3148)の株主優待」以外の

この3銘柄は値嵩株で、優待取りには大きな資金を必要とします。つまり、必然的に逆日歩が発生したときの金額が大きくなるということです(株価が上がると最高料率も上がるため)。

値嵩株の優待の場合、手数料も貸株料も負担が大きくなるので、制度クロスに挑戦する人が増えます。

ある程度の経験のある人が覚悟の上で挑戦するのは問題ありませんが、経験の浅い人や逆日歩の仕組みを理解していない人が、過去数年の逆日歩金額だけを参考に制度クロスに走るのは避けた方が無難です。

例えば、クスリのアオキの場合。

現在のコード:3549で探しても数百円の逆日歩しか記録が出てきませんが、前身のコード:3389では、2014年に4,000円の逆日歩が発生しています。ご注意ください。

 

5株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】5月株主優待 クロス取引可能なおすすめ15銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年5月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年4月24日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました