【クリエイトSD(3148)の株主優待】優待券orおこめ券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法と利益シミュレーション。

クリエイトSDの株主優待「買物優待券」

引用元:クリエイトSD HD-株主優待制度

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

クリエイトSDホールディングス(3148)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3148クリエイトSDホールディングス
権利
確定月日
5月末日権利付
最終日
2019年
5月28日(火)
単元株数100株株価2,546円
最低株数100株最低投資
金額
254,600円
優待内容「薬クリエイト」お買物優待券・おこめ券・カタログギフト
優待価値1,500円相当優待利回り0.59%
1株配当36.00円配当利回り1.41%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
2.00%
一般信用売
GMO
短期
上限3,000株
一般信用売
カブコム
長期
発行済
株式数
6,682万株資料
作成日
2019年
4月24日(金)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

1枚500円相当の「薬クリエイト」お買物優待券を進呈。

  • 100株以上:3枚(1,500円分) または おこめ券3枚(1,320円相当)
  • 300株以上:8枚(4,000円分) または カタログギフト
  • 1,500株以上:16枚(8,000円分) または カタログギフト
  • 3,000株以上:24枚(12,000円分) または カタログギフト

※対象店舗のない地域に居住の場合は、おこめ券・カタログギフトを選択可能。

 

スポンサーリンク

クリエイトSDホールディングス(3148)の企業紹介

クリエイトSD-TOP

引用元:クリエイトSD HD-TOP 

  • 設立:2006年 上場:2009年 本社:神奈川県横浜市 業種:小売業
  • 神奈川県地盤のドラッグストアチェーン。1都7県に500店舗超を展開。
  • 積極的なM&Aで、調剤薬局事業や介護関連事業もスタート。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 4月24日の終値ベースで最低投資金額は約25.5万円
  • 優待券1,500円分での優待利回りは約0.6%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年5月…1日分:150円
    • 2017年5月…1日分:250円
    • 2018年5月…1日分:145円
    • 2019年5月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約6,680万株。
  • 一般信用売りの在庫は、4月24日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」どれくらい残っているか不明。
    • GMOクリック証券:「短期」上限3,000株。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

3月15日現在のカブコムの在庫はわずか3,000株しかありませんが、発行済株式数や投信比率から考えると、もっともっと調達されてもおかしくないと思いますので、ここは独断で「3,000株」は無視することにします。

シミュレーションも、強引ですが、十分な利益を確保するために、連休明けの5/7をクロス日のターゲットにします。

 

4月24日:投資額を変更

証券会社はカブドットコム証券5月7日(貸株日数25日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、5月29日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額28.2万円25.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):20円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・25日分):261円
  • 優待券1,500円分-(194円+194円+20円+261円)=831円(概算利益)

 

4月24日:GMOのシミュレーションを追加

証券会社はGMOクリック証券5月9日(貸株日数21日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、5月29日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額25.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:183円
  • 一般信用 売り手数料:183円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):19円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・21日分):564円
  • 優待券1,500円分-(183円+183円+19円+564円)=551円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数255,000円
GK
制度制度
一般一般
5/725671
5/822639
5/921950629
5/1020923618
5/1319896608
5/1418869597
5/1515789566
5/1614762556
クロス日貸株日数255,000円
GK
制度制度
一般一般
5/1713735545
5/2012708535
5/2111681524
5/228600493
5/237573482
5/246547472
5/275520461
5/284493451
  • 上記シミュレーションでクロス日に設定した5/7・5/9に色付けしています。
  • およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

「薬クリエイト」は、関東から東海地方にかけてしか店舗展開がないので、それ以外に居住の方は「おこめ券」を選択することになると思われます。

おこめ券の場合は「3枚:1,320円相当」ですので、ちょっと優待価値が下がる点には注意が必要です。

また、おこめ券が選択できるのは「100株」のときだけです。300株以上保有した場合は、カタログギフトが選択肢になりますので、この点にもご注意ください。

参考:【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方や買取相場まで幅広く解説します。

 

5株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】5月株主優待 クロス取引可能なおすすめ15銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年5月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年4月24日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました