【サカタのタネ(1377)の株主優待】カタログ商品をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコストシミュレーション。

サカタのタネの株主優待

引用元:サカタのタネ-株主優待のご案内パンフレット

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

サカタのタネ(1377)の株主優待情報

5月権利銘柄の株主優待情報です。

基本情報

コード
銘柄
1377サカタのタネ
権利
確定月日
5月末日権利付
最終日
2019年
5月28日(火)
単元株数100株株価3,845円
最低株数100株最低投資
金額
384,500円
優待内容株主優待商品カタログより、所有株数に応じた商品コースの中から好きな商品を1点選択。
優待価値 優待利回り
1株配当30.00円配当利回り0.78%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約12万株
発行済
株式数
4,841万株資料
作成日
2019年
3月13日(水)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

株主優待商品カタログより、所有株数に応じた商品コースの中から好きな商品を1点選択。

  • 100株以上:Aコース
  • 300株以上:Bコース
  • 1,000株以上:Cコース

 

※2018年の各コースの優待品や詳しい優待内容はこちら

 

スポンサーリンク

サカタのタネ(1377)の企業紹介

サカタのタネ-TOP

引用元:サカタのタネ-TOP

  • 設立:1942年 上場:1987年 本社:神奈川県横浜市 業種:水産・農林業
  • 創業は1913年で100年以上の歴史を持つ。種子・苗木・球根・農園芸用品の生産・販売、関連書籍の出版・販売等を主力事業とする。
  • 世界170以上の国々で事業展開。海外卸売りの売上比率は、国内卸売りの2倍以上。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月13日の終値ベースで最低投資金額は38.5万円
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年5月…1日分:165円
    • 2017年5月…1日分:100円
    • 2018年5月…1日分:85円
  • 発行済株式数は約4,800万株。
  • 一般信用売りの在庫は、3月13日現在、
    • カブドットコム証券:「長期」約12万株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

3月13日現在で、カブドットコム証券の「長期」在庫が12万株あり、カブコムで10万株レベルの在庫がある時は、ほぼGMOクリック証券でも在庫が確保されるので、双方でコストシミュレーションします。

 

カブドットコム証券の場合

昨年のケースから判断すると、権利付最終日まで在庫が残っていたようなので、無難なところで1週間前のクロスを想定します。

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の1週間前、5月21日(貸株日数11日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、5月29日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額38.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):31円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・11日分):174円
  • コスト合計=(194円+194円+31円+174円)=593円(概算コスト)

 

GMOクリック証券の場合

こちらは、もう少し粘って、権利付最終日の2営業日前でシミュレーションします。そうしないとコストが抑えられません。

 

証券会社はGMOクリック証券、権利付最終日の2営業日前、5月24日(貸株日数6日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、5月29日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額38.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:183円
  • 一般信用 売り手数料:183円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):29円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・29日分):243円
  • コスト合計=(183円+183円+29円+243円)=638円(概算コスト)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数385,000円
GK
制度制度
一般一般
5/725815
5/822768
5/9211,248752
5/10201,207736
5/13191,167720
5/14181,126704
5/15151,004657
5/1614964641
クロス日貸株日数385,000円
GK
制度制度
一般一般
5/1713923625
5/2012882609
5/2111842593
5/228720546
5/237679530
5/246639514
5/275598499
5/284557483

3月13日現在、GMOクリック証券には一般信用売りの在庫はありませんが、在庫が確保された時のためにコストを掲載しています。

上記シミュレーションでクロス日に想定した、5/21・5/24に色付けしています。

およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

Aコースの優待品「海軍カレー」をチラッとネットで検索してみました。

販売価格が1つ334円だったので、3食で1,000円です(他は調べてません)。

この結果から判断すると、どちらの証券会社でも、かなり終盤まで粘らないと十分な利益は得られないかもしれません。

 

5株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】5月株主優待 クロス取引可能なおすすめ11銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年5月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月13日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント