【日本ビューホテル(6097)の株主優待】優待券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

日本ビューホテル-株主通信

引用元:日本ビューホテル-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

日本ビューホテル(6097)の株主優待情報

4月末権利銘柄の株主優待情報です。

基本情報

コード
銘柄
6097日本ビューホテル
権利
確定月
4月末日
10月末日
権利付
最終日
2019年
4月23日(火)
単元株数100株株価1,084円
最低株数100株最低投資
金額
108,400円
優待内容宿泊・レストランなどで利用できる優待券
優待価値2,000円相当優待利回り3.69%
1株配当22.00円配当利回り2.03%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
5.72%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
短期
わずか
発行済
株式数
973万株資料
作成日
2019年
3月12日(火)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

宿泊、宴会、婚礼や直営レストラン・バー等で利用可能な優待券。

  • 100株以上:2,000円分(1,000円優待券×2枚)
  • 300株以上:3,000円分(1,000円優待券×3枚)
  • 500株以上:5,000円分(1,000円優待券×5枚)

※優待券対象施設や詳しい株主優待制度についてはこちら⇒《 株主優待制度

 

スポンサーリンク

日本ビューホテル(6097)の企業紹介

日本ビューホテル-TOP

引用元:日本ビューホテル-TOP

  • 設立:1953年 上場:2014年 本社:東京都 業種:サービス業
  • 北海道から沖縄まで、全国各地で「ビューホテル」を展開。
  • 宿泊だけでなく、レストラン・ウェディング・温泉・宴会場・会議室など幅広いサービスを展開。
  • 栃木県の那須高原では遊園地事業。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月12日の終値ベースで最低投資金額は約10.8万円
  • 優待券2,000円相当での優待利回りは、年1回分で約1.8%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年4月…4日分:0円
    • 2017年4月…3日分:1,020円
    • 2018年4月…4日分:8,800円
  • 発行済株式数は約973万株とかなり少ない。
  • 一般信用売りの在庫は、3月12日現在、
    • カブドットコム証券:「短期」1,100株。
    • GMOクリック証券:不明。
    • SBI証券:残りわずか。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

カブドットコム証券の場合

一般信用売りの在庫は、3月12日現在で「短期」わずか1,100株しかありません。今後1か月の間に、なくなる可能性も「長期」になる可能性もあると思います。

ただ、「長期」になったときはかなりの抽選倍率になることが予想されますし、毎日のチェックが必要です。

シミュレーションは、「短期」を想定して、解禁日(権利落ち日に品渡できる最短の日)の4月12日(金)をクロス日に設定します。(日付は間違っているかもしれないのでご自身で再確認してください。)

 

証券会社はカブドットコム証券4月12日(貸株日数21日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、4月24日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額10.8万円。
  • 制度信用 買い手数料:145円
  • 一般信用 売り手数料:145円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):8円
  • 一般信用 売方貸株料(3.90%・21日分):242円
  • 優待券2,000円分-(145円+145円+8円+242円)=1,460円(概算利益)

 

スポンサーリンク

GMOクリック証券の場合

3月12日現在で、GMOクリック証券の在庫は確認できていませんが、確保された場合に備えてのシミュレーションです。

4月優待の中ではかなりの人気優待なので、こちらも解禁日初日(権利落ち日に現渡できる最短の日)をクロス日に設定してシミュレーションします。

 

証券会社はGMOクリック証券4月4日(貸株日数29日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引し、4月24日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額10.8万円。
  • 現物 買い手数料:105円
  • 一般信用 売り手数料:140円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・29日分):330円
  • 優待券2,000円分-(105円+140円+330円)=1,425円(概算利益)

 

おわりに

ここの優待は、株価水準が低いのに加えて、株数を増やしたときに優待価値がさほど落ちないので、300株・500株を狙ってくる人が多いと思われます。

そう考えると、今あるカブコムやSBIの在庫では、わずか数人分のクロスにしか耐えられないのかもしれません。非常に一般クロスでの取得が難しい優待です。もしかすると一年中監視してないと取得できないのかも。。。

最後に、制度クロスについてですが、これは非常に危険です。

  • 発行済株式数が1千万株以下という極めて少ない株数。
  • 人気優待、しかも優待閑散月の4月優待。
  • 500株まで狙えてしまう。
  • 2018年、100株1日分で2,200円の逆日歩。2019年は11日分必要。
    • 500株で同じ逆日歩が発生したら、10万超え。

 

4株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】4月株主優待 クロス取引可能なおすすめ12銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年4月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月12日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント