【テンポスHD(2751)の株主優待】食事券8,000円分をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法と利益シミュレーション。

テンポスHDの株主優待券が利用できる店舗

引用元:テンポスHD-株主優待制度(画像編集)

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テンポスホールディングス(2751)の株主優待情報

4月末権利銘柄の株主優待情報です。

基本情報

コード
銘柄
2751テンポスホールディングス
権利
確定月日
4月末日権利付
最終日
2019年
4月23日(火)
単元株数100株株価2,253円
最低株数100株最低投資
金額
225,300円
優待内容自社協力企業・あさくまグループの株主優待食事券
優待価値8,000円相当優待利回り3.55%
1株配当9.00円配当利回り0.40%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.95%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
短期
5,700株
発行済
株式数
1,431万株資料
作成日
2019年
3月7日(木)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

自社協力企業・あさくまグループの株主優待食事券

  • 100株以上:8,000円相当の株主優待食事券

 

スポンサーリンク

テンポスホールディングス(2751)の企業紹介

テンポスHD-TOP

引用元:テンポスHD-TOP

  • 設立:1997年 上場:2002年 本社:東京都 業種:卸売業
  • 飲食店の調理器具や食器、家具、厨房機器の販売・リース、店舗デザインの設計や内装工事、個人店や中小飲食店の開業支援など、フードビジネスにおけるトータルプロデュースを展開。
  • 北海道から沖縄まで、全国59か所の拠点で情報を共有。閉店・出店情報をもとにフードビジネスの支援体制を構築。
  • ステーキ「あさくま」など、飲食事業も行う。店舗数は合計で80店舗以上。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月7日の終値ベースで投資金額は約22.5万円
  • 食事券8,000円相当での優待利回りは約3.5%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年4月…4日分:6,400円
    • 2017年4月…3日分:4,800円
    • 2018年4月…4日分:8,640円
    • 2019年4月は、逆日歩11日分。上記の場合だと2万円前後の支払いが発生
  • 発行済株式数は約1,400万株と少なめ。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券に「短期」で5,700株(3/7場中)。

 

逆日歩4日分でこの金額ですから、ドキドキを楽しみたい方以外に、制度クロスの選択肢はありません。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

現在確認できている一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券の「短期」(売短)のみですので、これでシミュレーションするしかありませんが、この在庫も今後どうなるかわかりませんので、その点はご了承ください。

また、カブコムの短期を売る場合、権利落ち日に品渡しできる最短の日を「4月12日(金)」と私は判断しましたが、間違っている可能性もありますので、ご自身で再確認をお願いします。(一応、カブコムのサポートセンターの方とカレンダーで確認しました。)

 

カブドットコム証券の場合

証券会社はカブドットコム証券4月12日(貸株日数21日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、4月24日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額22.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):18円
  • 一般信用 売方貸株料(3.90%・21日分):504円
  • 食事券8,000円相当-(194円+194円+18円+504円)=7,090円(概算利益)

 

スポンサーリンク

GMOクリック証券の場合

現在確認はできてませんが、もし、GMOクリック証券で一般信用売りの在庫が確保されるとしたら、4月4日(木)が解禁日になると思いますので、こちらでもシミュレーションしておきます。(こちらもご自身で再確認してください。)

証券会社はGMOクリック証券4月4日(貸株日数29日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、4月24日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額22.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:183円
  • 一般信用 売り手数料:183円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):16円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・29日分):688円
  • 食事券8,000円相当-(183円+183円+16円+688円)=6,930円(概算利益)

 

おわりに

この銘柄&この記事の注意点は、

  • カブコムの一般信用売りの在庫は「短期」であること。
  • この在庫は、4月12日?の解禁日までになくなるかもしれないこと。
  • 筆者が解禁日だと思っている日付が正しいとは限らないこと。
  • 2019年は、逆日歩が11日分必要になること。
  • 発行済株式数が少ないので、発生する逆日歩が高額になりやすいこと。

などだと思います。

 

4株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】4月株主優待 クロス取引可能なおすすめ13銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年4月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月7日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました