【ワタミ(7522)の株主優待】優待券3,000円分をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

ワタミの株主優待券が使える店舗

引用元:ワタミ-株主ふれあい通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ワタミ(7522)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
7522ワタミ
権利
確定月
3月末
9月末
権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価1,689円
最低株数100株最低投資
金額
168,900円
優待内容株主様ご優待券
優待価値3,000円相当優待利回り3.55%
1株配当5.00円配当利回り0.30%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.85%
一般信用売
GMO
短期
上限200株
一般信用売
カブコム
発行済
株式数
4,168万株資料
作成日
2019年
3月4日(月)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

優待券(1枚:500円)

  • 100株以上:6枚(3,000円分)
  • 300株以上:12枚(6,000円分)
  • 500株以上:18枚(9,000円分)
  • 1,000株以上:24枚(12,000円分)
  • 優待券の利用について《 詳しくは公式:株主様ご優待制度ご利用について
    • ワタミグループ外食店舗全店で利用可能。《 ワタミの店舗検索
    • 「ワタミの宅食」の弁当・惣菜などの注文に利用可能。
    • ワタミファーム特産品を、1商品につき優待券3,000円分で注文可能。

 

スポンサーリンク

ワタミ(7522)の企業紹介

ワタミーTOP

引用元:ワタミーTOP

  • 設立:1986年 上場:1996年 本社:東京都 業種:小売業
  • 居酒屋「和民」などの外食事業、高齢者向けの宅食事業を主力事業とする企業。
  • 複数の店舗ブランドで外食事業を展開。店舗数は、2019年1月現在で全国477店舗。
  • 宅配事業の拠点数は、2019年1月現在で510か所。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月4日の終値ベースで最低投資金額は約17万円
  • 優待券3,000円分での優待利回りは、年1回分で約1.8%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年3月…1日分:1,760円
    • 2017年3月…3日分:150円
    • 2018年3月…3日分:90円
  • 発行済株式数は約4,170万株。
  • 一般信用売りの在庫は、
    • GMOクリック証券に「短期」売建上限数200株。
    • カブドットコム証券には無し(3/5場中)。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

3月5日現在、カブコムの場中の在庫はありませんが、昨日3/4まで、抽選時は必ず数千~数万株の在庫が出現しています。

発行済株式数もそれほど多くなく、板も薄い銘柄なので、いつ枯渇してもおかしくありませんが、諦めずに抽選に参加するしかありません。

参考記事

シミュレーションは、在庫の存在が確実なGMOクリック証券で行います。当然、人気優待なので初日(権利落ち日に現渡しできる最短の日)を想定します。

 

証券会社はGMOクリック証券、3月6日(貸株日数22日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引し、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額17万円。
  • 現物 買い手数料:105円
  • 一般信用 売り手数料:140円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・22日分):394円
  • 優待券3,000円分-(105円+140円+341円)=2,361円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

  • 人気優待なので在庫が放置される可能性が低いこと。
  • GMOクリック証券の売建上限数が200株なので、100株しか選択肢がないこと。
  • その場合、コストは最高でも640円程度であること。

などが分かっているので、早見表は省略します。

 

おわりに

転売需要が高く1,000株で取得する人が多いので、なかなか一般優待ヤーがクロスで手に入れるのは難しい状況ですが、チャンスがないわけではありません。

昨年始まったGMOクリック証券の「一般信用売りサービス」を半年間経験してみてわかったのは、GMOには「転売専門優待ヤー」が少ないということです。

実際に、カブコムでは数十倍の倍率になるほどの人気銘柄でも、GMOには在庫が残ったまま放置されていることが多々あります。

これ以上言うと、GMOユーザーに影響が出てしまうかも知れないので黙りますが、カブコムでなかなか抽選に当たらなくて困っている方、一度、GMOクリック証券の口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月4日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント