【ディーブイエックス(3079)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

クオカード1,000円分

引用元:QUOカード

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ディーブイエックス(3079)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3079ディーブイエックス
権利
確定月日
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価1,083円
最低株数100株最低投資
金額
108,300円
優待内容クオカード
優待価値1,000円相当優待利回り0.92%
1株配当24.00円配当利回り2.22%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.14%
一般信用売
GMO
短期
上限200株
一般信用売
カブコム
発行済
株式数
1,128万株資料
作成日
2019年
3月1日(金)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

  • 100株以上:クオカード 1,000円分
  • 200株以上:クオカード 2,000円分

 

関連記事 ⇒ クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。

クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。
クオカードが使えるお店は全国約57,000店。家計の節約に絶大な効果を発揮します。これまでに累計約200枚のクオカードを使ってきた私が、使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ディーブイエックス(3079)の企業紹介

ディーブイエックス-TOP

引用元:ディーブイエックス-TOP

  • 設立:1986年 上場:2007年 本社:東京都 業種:卸売業
  • 循環器分野の医療機器の輸出入および販売等を行う企業。
  • 特に不整脈治療の領域が主力。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月1日の終値ベースで投資金額・優待利回りは、
    • 100株 1,000円分の場合:約10.8万円・約0.9%
    • 200株 2,000円分の場合:約21.7万円・約0.9%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年…1日分:900円
    • 2017年…3日分:15円
    • 2018年…3日分:390円
  • 発行済株式数は約1,100万株。
  • 一般信用売りの在庫は、
    • GMOクリック証券に「短期」売建上限数200株。
    • カブドットコム証券には無し(3/1)。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

200株:2,000円分を目標にします。

10万円台で2,000円の価値がある優待が他にたくさんありますが、やはり人気のクオカードなので、20万円台とは言え、優先的に狙ってくる人が多いかもしれません。

やはり、ここでもGMOの初日(権利落ち日に現渡出来る最初の日)をターゲットにシミュレーションしておきます。

 

証券会社はGMOクリック証券、3月6日(貸株日数22日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に現引し、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額21.7万円。。
  • 制度信用 買い手数料:183円
  • 一般信用 売り手数料:183円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):16円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・22日分):503円
  • クオカード2,000円相当-(183円+183円+16円+503円)=1,115円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数217,000円
GK
制度制度
一般一般
2/2729664
2/2828655
3/127646
3/426638
3/525629
3/622886602
3/721863593
3/820840584
3/1119817575
3/1218794566
クロス日貸株日数217,000円
GK
制度制度
一般一般
3/1315726539
3/1414703531
3/1513680522
3/1811634504
3/198565477
3/207543468
3/226520459
3/255497450
3/264474441

上記のシミュレーションで、クロス日を3月6日(貸株日数22日分)としたので、その日に色付けしています。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

特記事項はありません。

強いて言えば、発行済株式数が少ないので、もっと大きな逆日歩が発生しても不思議ではないところが注意点だと思います。

 

最後にクオカードの関連記事です。特に2つ目に注意。ガストやバーミヤンなどの「すかいらーくグループ」では、クオカードが使えなくなってますが、使えると書かれたサイトがネット上に非常に多い状況です。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月1日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント