【ナック(9788)の株主優待】自社グループ商品をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

ナックの株主優待

引用元:ナック-株主・投資家情報

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ナック(9788)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
9788ナック
権利
確定月日
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価1,044円
最低株数100株最低投資
金額
104,400円
優待内容自社グループ商品
優待価値7,000円相当優待利回り6.70%
1株配当34.00円配当利回り3.26%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
9.96%
一般信用売
GMO
短期
上限200株
一般信用売
カブコム
発行済
株式数
2,430万株資料
作成日
2019年
3月1日(金)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

「優待価値:7,000円相当」は、2019年の優待品のYahoo!ショッピングでの販売価格を参考にしています。

  • Coyori 美容液オイル白(20ml):4,600円台
  • Coyori 海の泥パック(80ml):3,000円前後

 

株主優待内容の詳細

  • 100株以上:自社グループ商品
    • Coyori 美容液オイル白(20ml)
    • Coyori 海の泥パック(80ml)

※参考価値は上記

 

スポンサーリンク

ナック(9788)の企業紹介

ナック-TOP

引用元:ナック-TOP

  • 設立:1971年 上場:1995年 本社:東京都 業種:サービス業
  • 宅配水の製造・販売、ダスキンの清掃用品のレンタル、化粧品・健康食品等の通信販売などを行う企業。
  • デリバリービジネスでは、宅配水の「クリクラ」、住宅清掃用品レンタルの「ダスキン」など、住宅ビジネスでは、注文住宅の「レオハウス」、太陽光発電の「ビジネスプロダクト」など、住まいと生活の2つを軸に事業展開。
  • クリクラ事業の拠点は全国38拠点、レンタル事業の拠点は全国59拠点、住宅事業の拠点は全国115拠点(2018年12月現在)。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 3月1日の終値ベースで投資金額は約10.5万円
  • 優待価値を7,000円相当と仮定した場合の優待利回りは約6.7%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年…1日分:300円
    • 2017年…3日分:225円
    • 2018年…3日分:15円
  • 発行済株式数は約2,430万株。
  • 一般信用売りの在庫は、
    • GMOクリック証券に「短期」売建上限数200株。
    • カブドットコム証券には、ほぼ無し。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

カブコムでのクロスは、毎日抽選の時間帯にチェックして、在庫があれば参加するしかない状態です。

参考記事

シミュレーションは、在庫の存在が確実なGMOクリック証券で行います。優待価値やカブコムの在庫状況、抽選倍率などから判断して、初日(権利落ち日に現渡しできる最短の日)のクロスを想定します。

 

証券会社はGMOクリック証券、3月6日(貸株日数22日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引し、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額10.5万円。
  • 現物 買い手数料:105円
  • 一般信用 売り手数料:140円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・22日分):243円
  • 7,000円相当-(105円+140円+243円)=約6,500円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数105,000円
GK
現物制度
一般一般
2/2729424
2/2828419
3/127415
3/426411
3/525406
3/622489394
3/721478389
3/820467385
3/1119455381
3/1218444376
クロス日貸株日数105,000円
GK
現物制度
一般一般
3/1315411363
3/1414400359
3/1513389355
3/1811367346
3/198334333
3/207323329
3/226311324
3/255300320
3/264289316

初日で一旦在庫は無くなると思いますが、カブコムとGMOでは、優待ヤー層が全然違いますし、在庫復活の可能性もあるので、早見表を掲載します。

上記、GMOクリック証券の利益シミュレーションで、クロス日を3月6日(貸株日数22日分)としたので、その日に色付けしています。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

化粧品というのは高額です。実際にこの商品を購入する方にとっては、優待を利用すればとんでもない割引率で手に入れることができます。

さらに、ナックは、「水」「ダスキン」「住宅」と、事業の分散ができているので、業績が急激に悪くなる確率も低いと思われます。

配当+優待利回りが10%のナック。何かの拍子に株価が急落した時には、現物での保有もありかもしれません。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年3月1日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました