【テンアライド(8207)の株主優待】株主優待券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

テンアライドの株主優待「飲食券」

引用元:テンアライド-IRニュース

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

テンアライド(8207)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
8207テンアライド
権利
確定月日
3月末
9月末
権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価424円
最低株数100株最低投資
金額
42,400円
優待内容株主優待券
優待価値1,000円相当優待利回り4.72%
1株配当0.00円配当利回り0.00%
貸借区分信用優待+配当
利回り
4.72%
一般信用売
GMO
短期
上限200株
一般信用売
カブコム
発行済
株式数
2,658万株資料
作成日
2019年
2月28日(木)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

株主優待券(飲食券:500円券)

  • 100株以上:2枚(1,000円相当)
  • 500株以上:10枚(5,000円相当)
  • 1,000株以上:20枚(10,000円相当)

 

スポンサーリンク

テンアライド(8207)の企業紹介

テンアライド-TOP

引用元:テンアライド-当社のビジネス

  • 設立:1969年 上場:1986年 本社:東京都 業種:小売業
  • 「旬鮮酒場天狗」「和食れすとらん天狗」などをチェーン展開。
  • 店舗は首都圏を中心に全国120店舗。
  • 2013年には新業態となる「PIZZA&STEAK 蔵BAR Beco2」をオープン。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 2月28日の終値ベースで投資金額は4.3万円
  • 優待券1,000円分での優待利回りは、年1回分で約2.3%と高水準
  • 制度信用銘柄で制度クロスは不可。
  • 一般信用売りの在庫は、
    • GMOクリック証券に「短期」売建上限数200株。
    • カブドットコム証券には、3/1現在見当たらず。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

在庫のあるGMOクリック証券でシミュレーションします。

売建上限数が200株なので、優待券1,000円分しか取得できませんが、それでも資金4万円台は滅多にないので初日(権利落ち日に現渡しできる最短の日)のクロスを想定するしかありません。

 

証券会社はGMOクリック証券、3月6日(貸株日数22日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引し、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額4.3万円。
  • 現物 買い手数料:95円
  • 一般信用 売り手数料:96円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・22日分):99円
  • 優待券1,000円分-(95円+96円+99円)=710円(概算利益)

 

優待取得コストの早見表

  • 上記シミュレーションの通り、権利落ち日に現渡しできる初日、3月6日でコスト300円以下。
  • 誰もが初日を狙ってくると思われること。

などが分かっているので、早見表は割愛します。

 

おわりに

カブドットコム証券の在庫は、つい最近まで「短期」がありましたが、それもなくなってしまいました。

皆の狙いは、おそらく500株・1,000株だと思いますが、GMOクリック証券の上限は200株です。注意。

私は、株価が低水準なので制度クロスも考えたのですが、この記事を書いている最中に信用銘柄だと気付き、打つ手がなくなってしまいました。

こういった銘柄は、急落した時に現物で買った人の勝ちですね。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年2月28日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント