【T&K TOKA(4636)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

クオカード1,000円分

引用元:QUOカード

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

T&K TOKA(4636)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
4636T&K TOKA
権利
確定月日
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価1,058円
最低株数100株最低投資
金額
105,800円
優待内容クオカード
優待価値1,000円相当優待利回り0.95%
1株配当34.00円配当利回り3.21%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
4.16%
一般信用売
GMO
短期
上限200株
一般信用売
カブコム
わずか
発行済
株式数
2,505万株資料
作成日
2019年
2月27日(水)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

  • 100株以上:クオカード1,000円分

 

関連記事 ⇒ クオカードの使えるお店や使い方、最も安い購入・入手方法をご紹介。

【QUOカード】後悔しない使い方。使える加盟店やシーン別利用方法を徹底解説。
この記事では、QUOカードの加盟店情報やおつり、有効期限などの基本情報、使えるお店をすべて把握した上での後悔しない使い方をシーン別に徹底解説しています。

 

スポンサーリンク

T&K TOKA(4636)の企業紹介

T&K TOKA-TOP

引用元:T&K TOKA-TOP

  • 設立:1949年 上場:1997年 本社:埼玉県入間郡 業種:化学
  • 各種印刷用インキおよび印刷用・塗料用・接着剤用合成樹脂の製造・販売を行う企業。
  • 創業から70年、一貫してインキ専業。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 2月27日の終値ベースで投資金額は約10.6万円
  • クオカード1,000円分での優待利回りは1%弱
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間の逆日歩は、2016年が1日分で5円、2017・2018年が3日分でそれぞれ165円・270円。
  • 発行済株式数は約2,500万株。
  • 一般信用売りの在庫は、
    • GMOクリック証券に「短期」売建上限数200株。
    • カブドットコム証券にはわずか、もしくは無し。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

資金10万円で手頃ですが、クオカード1,000円分しかないので、思い切って中盤戦でのシミュレーションにしてみます。前半で無くなったらすみません。

 

証券会社はGMOクリック証券、権利付最終日の約2週間前、3月13日(貸株日数15日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引し、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額10.6万円。
  • 現物 買い手数料:105円
  • 一般信用 売り手数料:140円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・15日分):167円
  • クオカード1,000円分-(105円+140円+167円)=588円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数106,000円
GK
現物制度
一般一般
2/2729425
2/2828421
3/127416
3/426412
3/525408
3/622491394
3/721480390
3/820469386
3/1119457381
3/1218446377
クロス日貸株日数106,000円
GK
現物制度
一般一般
3/1315413364
3/1414402360
3/1513390355
3/1811368347
3/198334334
3/207323329
3/226312325
3/255301320
3/264290316

上記、GMOクリック証券の利益シミュレーションで、クロス日を3月13日(貸株日数15日分)としたので、その日に色付けしています。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

クオカード1,000円分の優待は、他にもたくさんあります。しかも、この銘柄よりも大量の在庫が予測できる銘柄も多いので、クオカードを中心に取得したい方は、カブコムの在庫株数や発行済株式数だけでもチェックしておくと良いと思います。

  • 発行済株式数が多い
    • 貸しだされる株券も多いので、当然一般信用売りの在庫も多くなる確率が高い。
  • 発行済株式数が少ない
    • 貸し出される株券が少なく、証券会社が一般信用売りの在庫を確保できない。株不足で逆日歩も発生しやすい。逆にそれを狙って買い方にまわる人たちもいる(仕手筋など)。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年2月27日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました