【Cominix(3173)の株主優待】カタログギフトをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

Cominixの株主優待

引用元:Cominix-株主優待制度について

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

Cominix(3173)の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3173Cominix
権利
確定月日
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価873円
最低株数200株最低投資
金額
174,600円
優待内容世界各国の特産品カタログギフト
優待価値2,000円相当優待利回り1.15%
1株配当24.00円配当利回り2.75%
貸借区分信用優待+配当
利回り
3.89%
一般信用売
GMO
短期
上限2,000株
一般信用売
カブコム
発行済
株式数
686万株資料
作成日
2019年
2月27日(水)
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

世界各国の特産品カタログギフトを贈呈

  • 200株以上:2,000円相当
  • 2,000株以上:4,000円相当

※公式:株主優待制度について

 

スポンサーリンク

Cominix(3173)の企業紹介

Cominix-TOP

引用元:Cominix-TOP

  • 設立:1950年 上場:2012年 本社大阪市 業種:卸売業
  • 大阪工機株式会社が2018年に「株式会社Cominix」に社名変更。
  • 自動車エンジン部品などの金属加工業者向けの切削工具事業、耐摩工具事業が主力の企業。
  • 国内に33拠点、海外に28の拠点を持つ。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 2月27日の終値ベースで最低投資金額は約17.5万円
  • カタログギフト2,000円相当での優待利回りは1.15%
  • 信用銘柄で制度クロスは不可。
  • 一般信用売りの在庫は、
    • GMOクリック証券に「短期」売建上限数2,000株。
    • カブドットコム証券には2月27日現在なし。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

手頃な資金量、高い優待利回り、人気のグルメカタログということで、やはりGMOクリック証券の初日でシミュレーションせざるを得ません。

権利付最終日に現渡出来る最速の日をクロス日と想定してシミュレーションします。

 

証券会社はGMOクリック証券、3月6日(貸株日数22日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引し、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額17.5万円。
  • 現物 買い手数料:105円
  • 一般信用 売り手数料:140円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・22日分):406円
  • カタログギフト2,000円相当-(105円+140円+406円)=1,349円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数175,000円
GK
現物制度
一般一般
2/2729513
2/2828506
3/127498
3/426491
3/525484
3/622651463
3/721633455
3/820614448
3/1119596441
3/1218577434
クロス日貸株日数175,000円
GK
現物制度
一般一般
3/1315522412
3/1414503405
3/1513485398
3/1811448383
3/198393362
3/207374355
3/226356347
3/255337340
3/264319333

上記、GMOクリック証券の利益シミュレーションで、クロス日を3月6日(貸株日数22日分)としたので、その日に色付けしています。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

3月優待にはグルメ系のカタログギフトがたくさんありますので、ここで取得できなくてもいくらでも挽回できると思います。

それに、人気とは言っても「金券」類ではありませんし3月なので、意外に前半戦でなくても取得できるかもしれません。GMOは在庫を小出しに開放することが多いので。

無責任なことは言えないのでこれくらいにしておきます。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年2月27日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント