スマホ料金を節約するための準備。MVNOとは?格安SIMとは?

電波を発するスマートフォン

はじめに

「小さなパソコン」ともいわれるスマートフォン。今や生活必需品としての地位を確立したと言っても良いほどの普及率ですが、その最大のデメリットは、料金が高いこと。

こんなに便利なんだからこれぐらいは当たり前、と感じる方もいらっしゃいますが、そもそも携帯電話すらない時代をご存知の世代の方々は、「ゼロ」から「数万円」の出費が発生したと感じるご家庭も多いと思われます。

今回の記事では、スマホ料金を節約するための準備として、「MVNO」や「格安SIM」についてご紹介いたします。

 

MVNOとは?

サイコロ文字で「MVNO」

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは、大手キャリアと呼ばれるドコモやauなどのMNO(移動体通信事業者)から電話回線などの通信インフラを借りて、独自のサービス内容で音声通信やデータ通信のサービスを提供する会社です。

「V」が入っているかいないか、「仮想」が入っているかいないか、なので「V」が「バーチャル」のようですね。初めて知りました。

そんな私でも、現在、MVNOと3契約していて、料金はスマホ3台分で毎月5,000円以内に収まっています。安くサービスを提供できるのは、

  • キャリアのような全国に展開するショップをもっていない
  • 回線を借りるため、基地局等の設備投資が不要
  • データ通信の容量を抑えたプランを販売している。
  • 通話プランが自由に選択できる。

などの理由があるからです。例えば、「音声通話なし」で「データ通信のみ」のプランでは、1,000円を切るプランがたくさん存在します。

通話品質、対応エリアに関しても、ドコモの回線を借りているMVNOでは、ドコモの通信ネットワークをすべて利用できるため、同等のサービスが受けられます。(au系のMVNOに関しては複雑な条件があるため割愛させていただきます。)

 

スポンサーリンク

 

格安SIMとは?

スマホとSIMカードスマホの差し込み口とSIMを取り出すピン

大手キャリアとの契約しか経験がなければ、SIMカード自体を見たことがない方も多いと思います。画像の小さなカードがSIMカードで、もう一方の画像がSIMカードを差し込む場所になります。色も大きさも差し込む場所も端末によって違いますのでほんの一例です。

このSIMカードには、電話番号や通信容量などの契約情報が書き込まれていて、これがないとスマホで電話したり、外出先でネットに接続したりといったことができません。

では、「格安SIM」とは何か。通常、大手キャリアが提供する一般的な料金プランは7,000円台で、その情報がSIMカードに書き込まれていますが、MVNOはこのSIMカードを1,000円~2,000円、データ通信のみだと1,000円以下で提供している業者もあるため「格安SIM」と呼ばれています。

 

まとめ

MVNO

ドコモやauなどの大手通信事業者から通信インフラを借りて、音声・データ通信のサービスを提供する事業者。
利用者のプラン選択の自由度が高く、月額料金を安く抑えられる。
ドコモ系MVNOの通話品質や対応エリアは、ドコモと同じ。

 

格安SIM

SIMカードとは、電話番号などの情報を書き込んだ小型のカード。電話やデータ通信をするために、スマホに差し込んで使う。
MVNOが、独自のプランで格安で提供しているSIMカードを一般的に「格安SIM」と呼んでいる。

 

続いての記事《【体験談あり】格安SIMはどこで購入できる?使えるスマホは?》では、実体験を交えてご紹介していますので合わせてご覧ください。

 

※金額・サービスなどは2018年9月現在のものです。

コメント