【ヤマダ電機(9831)の株主優待】優待券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

ヤマダ電機の株主優待「優待券」

引用元:ヤマダ電機-株主優待制度

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

9831 ヤマダ電機 の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
9831ヤマダ電機
権利
確定月
3月末
9月末
権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価543円
最低株数100株最低投資
金額
54,300円
優待内容「お買物優待券」を進呈
優待価値1,000円相当優待利回り5.52%
1株配当13.00円配当利回り2.39%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
7.92%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約30万株
資料
作成日
2019年
2月13日(水)
個人判定B
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

所有株式数 および 保有期間に応じて「お買物優待券」(500円券)を進呈。

《3月末》

  • 100株以上:2枚(1,000円分)
  • 500株以上:4枚(2,000円分)
  • 1,000株以上:10枚(5,000円分)
  • 10,000株以上:50枚(25,000円分)
  • 100株以上保有の株主が、継続保有期間1年以上の場合、上記に3枚(1,500円分)追加。
  • 100株以上保有の株主が、継続保有期間2年以上の場合、上記に4枚(2,000円分)追加。

 

《9月末》

  • 100株以上:4枚(2,000円分)
  • 500株以上:6枚(3,000円分)
  • 1,000株以上:10枚(5,000円分)
  • 10,000株以上:50枚(25,000円分)
  • 100株以上保有の株主が、継続保有期間1年以上の場合、上記に1枚(500円分)追加。

 

※1回の買物金額が、税込1,000円以上につき1,000円ごとに1枚(500円)利用可能。

※1回の買物で、最大54枚利用可能。

※「お買物優待券」使用可能対象店舗はこちら《公式:株主優待制度

 

スポンサーリンク

9831 ヤマダ電機 の企業紹介

ヤマダ電機-TOP

引用元:ヤマダ電機-TOP

  • 設立:1983年 上場:1989年 本社:群馬県高崎市 業種:小売業
  • 家電専門量販店の最大手企業。市場での売上シェア約30%。
  • 家電量販店では唯一、47都道府県に店舗展開。グループ店舗数は約12,000店(2018年3月現在)。
  • 住宅・不動産関連事業を育成中。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 2月12日の終値ベースで最低投資金額は約5.5万円
  • 優待券1,000円分での優待利回りは、3月末基準で約1.8%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間の逆日歩は、2016年が1日分で15円。2017・2018年は発生無し。
  • 発行済株式数は約9.66億株と多い。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券の抽選時で「長期」約30万株(2/12)。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

誰もが知る家電量販店、かなりの低予算、高い優待利回り、1,000株:5,000円分が狙える優待制度。この銘柄に関しては、在庫30万株は少ないと考えた方が良さそうですので、早めのクロスを想定してシミュレーションします。

 

◆100株:1,000円分の場合。投資額5.5万円

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の約1か月前、2月27日(貸株日数29日分)に、買いは現物、売りは一般信用「長期」でクロス取引し、3月27日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。
  • 現物 買い手数料:97円
  • 一般信用 売り手数料:97円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・29日分):65円
  • 優待券1,000円分-(97円+97円+65円)=741円(概算利益)

 

スポンサーリンク

 

◆1,000株:5,000円分の場合。投資額55万円

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の約1か月前、2月27日(貸株日数29日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、3月27日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。
  • 制度信用 買い手数料:582円
  • 一般信用 売り手数料:582円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):44円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・29日分):655円
  • 優待券5,000円分-(582円+582円+44円+655円)=3,137円(概算利益)

 

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数55,000円
GK
現物現物
一般一般
2/2729260
2/2828257
3/127255
3/426253
3/525251
3/622319244
3/721313241
3/820307239
3/1119301237
3/1218295235
クロス日貸株日数55,000円
GK
現物現物
一般一般
3/1315278228
3/1414272226
3/1513266223
3/1811255219
3/198237212
3/207232210
3/226226208
3/255220205
3/264214203

表は、100株:優待券1,000円分の場合。

2月13日現在、GMOクリック証券に一般信用売りの在庫はありませんが、在庫確保の可能性もあるので表示しています。(クロスが「現物買い」×「一般信用「短期」売り」の場合)

上記、カブコムの利益シミュレーションで、クロス日を2月27日(貸株日数29日分)としたので、その日の色を変えてあります。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

私は家電好き、それに故障気味の家電がいくつもあるので、是非とも欲しい優待です。

2月の「ビックカメラ(3048)の株主優待」や、3月の「エディオン(2730)の株主優待」など、家電優待券が分散してしまうのがちょっとした問題ですが、全部取得するつもりで挑もうと思っています。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【加藤産業(9869)の株主優待】手造りジャムセットをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ130銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年2月13日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント