【だいこう証券ビジネス(8692)の株主優待】カタログギフトをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や利益シミュレーション。

だいこう証券ビジネスの株主優待

引用元:だいこう証券ビジネス-株主優待

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

8692 だいこう証券ビジネス の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
8692だいこう証券ビジネス
権利
確定月日
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価400円
最低株数500株最低投資
金額
200,000円
優待内容カタログギフト
優待価値2,000円相当優待利回り1.00%
1株配当10.00円配当利回り2.50%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.50%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
わずか
資料
作成日
2019年
2月8日(金)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

カタログギフトを贈呈

  • 100株以上:2,000円相当
  • 1,000株以上:3,000円相当
  • 10,000株以上:5,000円相当

 

スポンサーリンク

8692 だいこう証券ビジネス の企業紹介

だいこう証券ビジネス-TOP

引用元:だいこう証券ビジネス-TOP

  • 設立:1957年 上場:1990年 本社:東京都 業種:証券・商品先物取引業
  • 創業60年以上の経験とノウハウで、証券会社の設立支援、株式等の売買注文を取引所に取次ぐ業務、取引報告書の作成・発送など、証券業務のトータルソリューションを提供。
  • 取引実績は400社超。証券会社、都市銀行、地方銀行、信託銀行、ネット銀行など、多くの金融機関から支持を得る。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

2月8日時点でわずかにあった、カブドットコム証券の一般信用売りの在庫が、今(2/11)見たところ「残数量なし」となってしまいました。が、また現れる可能性もありますし、他の証券会社でも確保の可能性がありますので記事は作成します。

  • 2月8日の終値ベースで最低投資金額は20万円
  • カタログギフト2,000円相当での優待利回りは1%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間の逆日歩は、2016年が1日分で120円、2017・2018年が3日分でそれぞれ60円・0円。
  • 発行済株式数は約2,500万株。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券の抽選時で「長期」わずか(2/8)。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

最短クロスでシミュレーションします。

 

証券会社はカブドットコム証券、2月12日(貸株日数46日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、3月27日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額20万円。
  • 制度信用 買い手数料:145円
  • 一般信用 売り手数料:145円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):16円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・46日分):378円
  • 信用事務管理費:108円
  • カタログギフト2,000円相当-(145円+145円+16円+378円+108円)=1,208円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

カブコム20万円
制度
クロス日貸株日数一般
2月12日46日分¥792
2月20日36日分¥710
2月27日29日分¥544

上記シミュレーションで2月12日をクロス日に設定したので色を変えています。

信用事務管理費は、2/12・2/20は108円、2/27からはかかりません。

約定代金が20万円を超えると、手数料が売り買いで、およそ100円上がります。

およその金額ですのでご注意ください。

 

おわりに

人間の性でしょうか。

同じぐらいのコスパを持つ銘柄の在庫は全く減りませんが、在庫がわずかになると、途端に人が集まってきて枯渇してしまいます。在庫の復活を望みます。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【日本取引所グループ(8697)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年2月8日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント