【アイコム(6820)の株主優待】カタログギフトをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

アイコムの株主優待「カタログギフト」

引用元:アイコム-中間報告書

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

6820 アイコム の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
6820アイコム
権利
確定月日
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価2,114円
最低株数100株最低投資
金額
211,400円
優待内容カタログギフト 自社製品クーポン券
優待価値3,000円相当優待利回り1.42%
1株配当40.00円配当利回り1.89%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.31%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約5万株
資料
作成日
2019年
2月1日(金)
個人判定B
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

  • A:全国各地の特産品や旬の味覚を掲載したオリジナルカタログより一品選択。
  • B:自社商品の購入時または自社直営の通販サイトで商品購入時に利用できる「株主様優待券」
    • 販売店・通販サイトでの利用についてはこちら《公式:株主優待制度
  • 100株以上…A:3,000円相当

 

連続保有期間2年以上

  • 100株以上…A:3,000円相当または B:5000円分
  • 500株以上…A:3,000円相当または B:10,000円分

 

スポンサーリンク

6820 アイコム の企業紹介

アイコム-TOP

引用元:アイコム-TOP

  • 設立:1964年 上場:1990年 本社:大阪市 業種:電気機器
  • 無線通信機器、ネットワーク機器等の製造・販売を行う企業。
  • 1964年にアマチュア無線機の第1号機を開発・販売。その後、陸上用、海上用、航空機用などの業務用無線機や無線LAN機器、IP電話システムなどに業容を拡大。
  • 国内だけでなく海外にも多数の拠点を持つ。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 2月1日の終値ベースで最低投資金額は約21.2万円
  • カタログギフト3,000円相当での優待利回りは約1.4%と高水準
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。逆日歩は、2016年が1日分で1,760円、2017年・2018年が3日分で165円、それ以前も毎年発生。
  • 発行済株式数は約1,500万株と少ない。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券に「長期」約5万株(2/4場中)。

※2月28日追記:GMOクリック証券に一般信用売りの在庫が出現!

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

人気のカタログギフト、在庫株数もそれほど多くないので、早めのクロスを想定してシミュレーションします。

 

証券会社はカブドットコム証券、2月27日(貸株日数29日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、3月27日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額21.2万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):17円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・29日分):252円
  • カタログギフト3,000円相当-(194円+194円+17円+252円)=2,343円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数212,000円
GK
制度制度
一般一般
2/2729658
2/2828649
3/127641
3/426632
3/525623
3/622874597
3/721852588
3/820829580
3/1119807571
3/1218784562
クロス日貸株日数212,000円
GK
制度制度
一般一般
3/1315717536
3/1414695527
3/1513673519
3/1811628501
3/198561475
3/207539466
3/226516458
3/255494449
3/264471440

2月4日現在、GMOクリック証券に一般信用売りの在庫はありませんが、在庫確保の可能性もあるので表示しています。(クロスが「制度信用買い」×「一般信用「短期」売り」+「買建玉現引」の場合)

※2月28日追記:GMOクリック証券に一般信用売りの在庫が出現!

上記、カブコムの利益シミュレーションで、クロス日を2月27日(貸株日数29日分)としたので、その日の色を変えてあります。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

おわりに

発行済株式数が約1,500万株と少ないことが、逆日歩発生の1要因と考えられます。

利回りが高く、優待品も人気のカタログギフトなので、一般売りの在庫がなくなってからこの魅力的な優待に気付いた場合でも、退く勇気も必要だと感じる銘柄です。

どうしても制度クロスで勝負したい場合は、前日の貸借倍率・信用倍率、注意喚起等のチェックをおすすめします。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【三菱ロジスネクスト(7105)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年2月1日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました