【ティーガイア(3738)の株主優待】QUOカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

ティーガイア(3738)の株主優待「クオカード」

引用元:ティーガイア-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ティーガイア(3738)の株主優待情報

基本情報

コード3738銘柄名ティーガイア
権利確定
月日
3月末日・9月末日権利付
最終日
2019年9月26日
単元株数100株株価2,118円
最低株数100株最低
投資金額
211,800円
優待内容QUOカード優待価値1,000円相当
優待
利回り
0.94%
1株配当75.00円配当
利回り
3.54%
貸借区分貸借優待配当
利回り
4.49%
一般売
GMO
短期:上限300株一般売
カブコム
長期:5万株超
発行済
株式数
5,607万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年8月20日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

9月末日現在、3月末日現在の株主名簿に記載または記録された100株以上保有の株主を対象に、保有株式数、保有期間に応じてQUOカードを贈呈(年2回)。

  • 9月末日基準日
  • 100株以上
    • 保有期間 1年未満:1,000円分 1年以上:2,000円分
  • 300株以上
    • 保有期間 1年未満:2,000円分 1年以上:3,000円分

 

  • 3月末日基準日
  • 100株以上
    • 保有期間 1年未満:1,000円分 1年以上:1,000円分
  • 300株以上
    • 保有期間 1年未満:1,000円分 1年以上:2,000円分

公式:ティーガイア-株主優待制度

 

関連記事 ⇒ 【QUOカード】使えるお店や使い方

【QUOカード】使えるお店や使い方。シーン別利用方法の完全ガイド。
累計300枚以上のQUOカード使ってきた筆者が、日用品や食料品での使い方、書籍はもちろん文具や雑貨の購入で使えるお店、ガソリン給油時の注意点、使える飲食店、ディズニーチケットの入手方法などを徹底解説します。

 

スポンサーリンク

ティーガイア(3738)の企業紹介

ティーガイア(3738)-TOP

引用元:ティーガイア-TOP

  • 設立:1992年 上場:2004年 本社:東京都 業種:情報・通信業。
  • 携帯電話の販売・代理店業務、通信サービスの販売取次業務などが主な事業。
  • 事業は4部門。「モバイル事業」「スマートライフ事業」「ソリューション事業」「ネットワーク事業」
  • 2017年に(株)クオカードを子会社化。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス前に最低限の数値DATAを把握

  • 直近の株価水準での最低投資金額は21万円前後。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。ティーガイアの優待制度が現状の内容になったのは2018年3月から。過去の100株あたりの逆日歩は、
    • 2018年3月…3日分:60円
    • 2018年9月…3日分:585円
    • 2019年9月は逆日歩1日分。
  • 発行済株式数は約5,607万株。
  • 一般信用売りの在庫は、8月20日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」5万株超。
    • GMOクリック証券:「短期」上限300株。
    • SBI証券:「短期」残りわずか。
    • SMBC日興証券:約6,000株

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 7月2日現在
    • 一般在庫が常時豊富な銘柄ですし、資金が20万円超必要なので、QUOカードと言えども、それほど人気化して在庫が枯渇する要素はありません。
    • GMOでも毎回一般在庫が確保されています。
  • 8月20日現在
    • 各ネット証券に在庫豊富な状況。

 

シミュレーションは、終盤です。

 

スポンサーリンク

 

  • 20万円以下のGMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 9月27日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • 20万円超のGMOクリック証券とカブドットコム証券は共通
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 9月27日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額190,000円210,000円230,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
9/523706485891604941624
9/622686477869595917615
9/921666469847586893605
9/1020646462825578869596
9/1119626454803569844586
9/1215546423714535747549
9/1314526415692526723539
9/1713506407670517699530
9/1812485399648509674520
9/198405368559474577482
9/207385360537466553473
9/246365352515457529463
9/255345345493448505454
9/262285321426422432426

※数値は概算

おわりに

約定代金が20万円を超えると売買手数料があがる証券会社が多いので、株価2,000円超の優待銘柄は途端に敬遠され始めます。

裏を返せば、資金に余裕がある方の場合は、カブコムの抽選などで疲弊することなく、余裕を持って終盤に半値水準で取得することができるということです。

仕事で忙しい方などの場合は、こういった銘柄を頭の中にストックしておくと便利です。

 

おすすめ全銘柄一覧はこちら

【2019年】9月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!

人気ランキングはこちら

【9月 株主優待】人気ランキング(クロス取引編)

 

※記事内容は、2019年8月20日が基準となっています。最新情報は各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました