【TOKAIホールディングス(3167)の株主優待】をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待

引用元:TOKAIホールディングス-株主還元(配当・優待)

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

3167 TOKAIホールディングス の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3167TOKAIホールディングス
権利
確定月
3月末
9月末
権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価876円
最低株数100株最低投資
金額
87,600円
優待内容アクア商品(水)、クオカード、食事券 など
優待価値500円相当優待利回り1.14%
1株配当28.00円配当利回り3.20%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
4.34%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約50万株
資料
作成日
2019年
1月23日(水)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

5種類の中から1点選択

  • 【A】当社グループ飲料水宅配サービス関連商品
    • ①「うるのん『富士の天然水さらり』」500mlボトル
    • ②飲料水宅配サービス「おいしい水の宅配便」「うるのん」の12Lボトル
  • 【B】商品券(QUOカード)
  • 【C】当社グループフレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事券
  • 【D】TLCポイント(当社グループ会員サービスのポイント)
  • 【E】LIBMO(格安SIM/スマホサービス月額利用料割引6か月間)
  • 100株以上
    • 【A】①12本 or ②1本 【B】 500円分 【C】1,000円分 【D】1,000ポイント 【E】2,100円(350円/月)
  • 300株以上
    • 【A】①24本 or ②2本 【B】1,500円分 【C】3,000円分 【D】2,000ポイント 【E】5,100円(850円/月)
  • 5,000株以上
    • 【A】①48本 or ②4本 【B】2,500円分 【C】5,000円分 【D】4,000ポイント 【E】11,280円(1,880円/月)

※コースにより条件があります。《 公式:ご優待品について

 

上記に加え

  • 100株以上
    • 自社グループ結婚式場 婚礼10%割引(割引上限10万円)
    • フレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事20%割引券(12枚綴り)

 

スポンサーリンク

3167 TOKAIホールディングス の企業紹介

TOKAIホールディングス(3167)-TOP

引用元:TOKAIホールディングス-TOP

  • 1950年創業、新会社の設立や他社との合併などを経て、2011年に「TOKAIホールディングス」設立。
  • グループの事業領域は、東海地方を地盤に、「エネルギー」「リフォーム」「情報通信」「ケーブルテレビ」「アクア」「ブライダル」と幅広い。
  • 26の事業会社を傘下に、暮らしを総合的にかつきめ細かにサポート「TLC(Total Life Concierge)」。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

  • 優待内容には選択肢が5種類ありますが、人気がありそうな「300株以上:クオカード1,500円分」を代表例とします。
  • 1月23日の終値ベースで投資金額は26.3万円
  • クオカード1500円分、年1回分での優待利回りは約0.6%
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間の逆日歩は、毎年200円前後。それ以前も額は大きくありませんが、ほぼ毎年発生しています。(100株あたりの逆日歩なので300株では3倍になります。)
  • 発行済株式数は約1.4億株。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券に「長期」で約50万株と大量です。

※2月26日追記:GMOクリック証券に一般信用売りの在庫が出現!

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

在庫が大量にあるので、終盤まで維持されることを前提として、権利付最終日で利益シミュレーションします。

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日 当日、3月26日(貸株日数4日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、3月27日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額26.3万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):21円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・4日分):43円
  • クオカード1,500円分-(194円+194円+21円+43円)=1,048円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数263,000
GK
制度制度
一般一般
2/2729723
2/2828712
3/127701
3/426690
3/525680
3/622996647
3/721968636
3/820941626
3/1119913615
3/1218885604
クロス日貸株日数263,000
GK
制度制度
一般一般
3/1315802572
3/1414774561
3/1513746550
3/1811691528
3/198608496
3/207580485
3/226552474
3/255525464
3/264497453

表は300株の場合。

1月23日現在、GMOクリック証券に一般信用売りの在庫はありませんが、在庫確保の可能性もあるので、表からは削除していません。(クロスが「制度信用買い」×「一般信用「短期」売り」+「買建玉現引」の場合)

※2月26日追記:GMOクリック証券に一般信用売りの在庫が出現!

在庫が確保された場合でも、「短期」の場合は、全日程でカブコムの方がコスト安です。

上記、カブコムの利益シミュレーションで、クロス日を3月26日(貸株日数4日分)としたので、その日の色を変えてあります。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

個人判定とまとめ

個人判定【C】

特記事項はありません。在庫が維持される限り、問題なく取得できる優待だと思われます。

 

クオカード全般に関する記事はこちら

クオカードの使い方に関する記事はこちら

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【ウイン・パートナーズ(3183)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年1月23日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました