【カワチ薬品(2664)の株主優待】買物券orおこめ券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

カワチ薬品(2664)の株主優待「商品券とおこめ券」

引用元:GMOクリック証券-銘柄情報 / ごはん彩々(全米販)-おこめ券とは

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

2664 カワチ薬品 の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
2664カワチ薬品
権利
確定月日
3月15日権利付
最終日
2019年
3月12日(火)
単元株数100株株価1,944円
最低株数100株最低投資
金額
194,400円
優待内容買物優待券 または おこめ券
優待価値2,200円相当優待利回り1.13%
1株配当45.00円配当利回り2.31%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.45%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約11万株
資料
作成日
2019年
1月21日(月)
個人判定B
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

※「優待価値:2,200円相当」には、「おこめ券:5kg分」を採用しています。

 

株主優待内容の詳細

買物優待券(または「おこめ券」)

  • 100株以上:1冊(5,000円相当
  • 500株以上:2冊(10,000円相当
  • 1,000株以上:3冊(15,000円相当
  • 買物優待券1冊は、100円券、50枚綴り。
  • 購入代金1,000円毎に買物優待券1枚(100円分)利用可能。
  • 買物優待券は、商品券・ギフト券など、購入できない商品あり。
  • カワチ薬局全店で利用可能。《 公式:店舗情報・検索
  • 毎年6月下旬ごろに発送。
  • 未使用の買物優待券1冊につき「おこめ券5kg分(440円相当×5枚)」と交換可能
    • 同年8月末までに返送した株主が対象。

 

関連記事⇒【おこめ券】使えるお店や使い方、額面金額、有効期限などを解説!

【おこめ券】使えるお店やコンビニは?お米以外での使い方まで幅広く解説します。
おこめ券の利用可能店舗、おつりや有効期限などの基本情報、主な使えるお店やお米以外での使い方などを、私自身の体験談を交えながら、幅広く解説しています。

 

スポンサーリンク

2664 カワチ薬品 の企業紹介

カワチ薬品(2664)-TOP

引用元:カワチ薬局-ストアコンセプト

  • 1980年設立、2000年上場。本社:栃木県小山市。2019年3月現在:東証1部 小売業。
  • 栃木地盤のドラッグストアチェーン。
  • 関東地方を中心に、中部、東北地方まで、約330店舗を展開。
  • 平均的なドラッグストアの売り場面積が230坪であるのに対し、カワチ薬局は400~1,000坪と広い。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 優待の権利日は3月15日、権利付最終日は3月12日(火)です。
  • 1月21日の終値ベースで投資金額は約19.5万円
  • 低い方の優待品「おこめ券5kg」2,200円相当での優待利回りは約1.1%
  • 高い方の優待品「買物優待券」5,000円相当での優待利回りは約2.6%といずれも高水準。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。逆日歩は、2017年までほとんど発生していませんでしたが、2018年にいきなり700円発生しています(100株・3日分)。
  • 発行済株式数は約2,500万株。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券に「長期」で約11万株。

※2月26日追記:GMOクリック証券に一般信用売りの在庫が出現!

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

日本の人口の3分の1が集まる関東大都市圏で使える「買物優待券」、全国で使える「おこめ券」、資金も20万円以下で取得できますので、簡単にはいかないと思います。

ここは思い切って約1か月前、信用事務管理費108円がぎりぎりかからない2月13日をクロス日に設定して、利益シミュレーションを行ってみます。(対象はおこめ券)

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の約1か月前、2月13日(貸株日数29日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、3月13日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額19.5万円。
  • 制度信用 買い手数料:145円
  • 一般信用 売り手数料:145円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):15円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・29日分):232円
  • おこめ券2,200円相当-(145円+145円+15円+232円)=1,663円(概算利益)

※権利基準日を間違えていましたので書き直しました(1月26日)。

 

スポンサーリンク

個人判定とまとめ

おこめ券は、ギフト券やクオカードといった金券ほどの人気はありませんが、有効な使い道を知っている人が、やはり一定数存在しますので、在庫が今よりも減ってしまったときは油断できないと思います。

 

 

上の関連記事を見ていただくとわかりますが、おこめ券は結構使い勝手の良い金券ということで、個人判定は高評価の【B】判定となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【ゲオHD(2681)の株主優待】リユース割引券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年1月21日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました