【青木あすなろ建設(1865)の株主優待】コシヒカリをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

青木あすなろ建設(1865)の株主優待「南魚沼産コシヒカリ」

引用元:青木あすなろ建設-株主優待

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

1865 青木あすなろ建設 の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
1865青木あすなろ建設
権利
確定月
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価993円
最低株数500株最低投資
金額
496,500円
優待内容南魚沼産コシヒカリ
優待価値3,000円相当優待利回り0.60%
1株配当22.00円配当利回り2.22%
貸借区分信用優待+配当
利回り
2.82%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
約16万株
資料
作成日
2019年
1月18日(金)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

※「優待価値:3,000円相当」は、ネットショップの価格を参考にしています。

 

株主優待内容の詳細

南魚沼産コシヒカリ(新米)

  • 500株以上:5kg
  • 2,000株以上・5年以上継続保有:10kg
  • 下記も選択可能
    • 社会貢献活動への寄付 2,500円(あしなが育英会)
    • 社会貢献活動への寄付 2,500円(日本ユニセフ協会)
    • 優待不要・寄付しない

 

スポンサーリンク

1865 青木あすなろ建設 の企業紹介

青木あすなろ建設(1865)-TOP

引用元:青木あすなろ建設-TOP

  • 1950年設立、1973年上場。本社:東京都。2019年3月現在:東証1部 建設業。
  • 高松コンストラクショングループの傘下企業。
  • 2004年に、あすなろ建設と青木建設が合併して誕生。
  • 法面工事大手の東興ジオテックや海上土木に強いみらい建設を子会社化し建設分野を広げる。

 

一般信用でのクロス取引の方法と利益シミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 1月18日の終値ベースで最低投資金額は約49.7万円。株価が1,000円を超えると投資額が50万円を超え、カブコムの場合、手数料が大幅にアップします。
  • 優待価値を3,000円と仮定した場合の優待利回りは約0.6%
  • 制度信用銘柄で制度クロスは不可。
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券に「長期」で約16万株。

 

クロス取引の方法と利益シミュレーション

投資額が大きいので在庫は最後まで残ると仮定して、クロスは最遅でシミュレーションします。

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日 当日、3月26日(貸株日数4日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、買建玉はその日のザラバ中に品受(現引)し、3月27日(水)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。投資額49.7万円。
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):40円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・4日分):81円
  • コシヒカリ3,000円相当-(194円+194円+40円+81円)=2,491円(概算利益)

 

スポンサーリンク

優待取得コストの早見表

クロス日貸株日数497,000
GK
制度制度
一般一般
2/27291,021
2/28281,000
3/127980
3/426960
3/525939
3/6221,557878
3/7211,504857
3/8201,452837
3/11191,399817
3/12181,347796
クロス日貸株日数497,000
GK
制度制度
一般一般
3/13151,190735
3/14141,137715
3/15131,085694
3/1811980653
3/198823592
3/207770572
3/226718551
3/255666531
3/264613510

1月18日現在、GMOクリック証券に一般信用売りの在庫はありませんが、在庫確保の可能性もあるので、表からは削除していません。

ただ、GMOで在庫が確保されても、権利付最終日までずっと、カブコムの方が低コストになっています。

上記、カブコムの利益シミュレーションで、クロスを3月26日(貸株日数4日分)としたので、その日の色を変えています。

※およその数値ですのでご注意ください。

 

個人判定とまとめ

カブコムの信用取引手数料は、約定代金が50万円を超えるかどうかで、片道388円も違います。クロス取引で、売り買い、両方で信用取引を使ったとしても776円のコストアップ。これは痛い。

そもそも、優待取得には約50万円という大きな資金が必要ですので、あまり積極的な方はいないかもしれませんが、クロスする場合は、50万円を超えるかどうか、朝の寄付だけはチェックしたほうが良いと思います。

個人判定は、投資額の大きさがネックとなり、おすすめラインぎりぎりの【C】となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【明星工業(1976)の株主優待】JCBギフトカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ130銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年1月18日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント