【オークワ(8217)の株主優待】商品券orギフト券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

オークワ(8217)の株主優待「商品券」

引用元:オークワ-オークワ商品券

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

8217 オークワ の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
8217オークワ
権利
確定月
2月20日権利付
最終日
2019年
2月15日(金)
単元株数100株株価1,018円
必要株数1,000株最低投資
金額
1,018,000円
優待内容自社商品券 または UCギフトカード(予定)
優待価値3,000円相当優待利回り0.29%
1株配当26.00円配当利回り2.55%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
2.85%
一般信用売
GMO
短期
2,000株
一般信用売
カブコム
長期
約12万株
資料
作成日
2019年
1月18日(金)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA
  • オークワの株主優待制度は、100株以上保有の株主からが対象ですが、この記事では1,000株のクロス取引を想定して執筆しています。
  • 優待内容の「UCギフトカード」は予定です(オークワ 総務部に確認)。

 

株主優待内容の詳細

オークワ商品券 または ギフト券(UCギフトカードの予定)を贈呈

  • 100株以上:500円分
  • 1,000株以上:3,000円分
  • 2,000株以上:5,000円分

出店エリア(和歌山県・奈良県・大阪府・三重県・愛知県・岐阜県・静岡県・兵庫県)在住の株主には「オークワ商品券」、出店エリア以外に在住の株主には「ギフト券」が贈呈されます。

 

スポンサーリンク

8217 オークワ の企業紹介

オークワ(8217)-企業情報

引用元:オークワ-企業情報

  • 1969年設立、1987年上場。本社は和歌山県。2019年2月現在は、東証1部 小売業。
  • 和歌山県地盤のスーパー。近畿、中部地方にも店舗展開。
  • 地域密着の「レギュラー業態」、衣食住すべてを扱う「スーパーセンター業態」、ワンランク上の「メッサ業態」、求めやすさの「プライスカット業態」、4つの事業業態で、顧客の多彩なニーズに応える。
  • 2019年で創立60周年。株式単元数の引き下げ、優待内容の変更など。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

オークワの株主優待の権利は100株から得ることができますが、この記事では1,000株:3,000円分を想定しています。

先日、GMOクリック証券の一般信用売りの在庫に「オークワ」が出現しました。

一般信用売りの在庫は、以前からカブドットコム証券には確保されていましたが、1,000株だと売買手数料の負担が大きく、利益があまり出ない状態だったので「おすすめ」は断念していました。

ですが、GMOであれば「おすすめ」できます。

  • 1月18日の終値ベースで投資金額は約102万円。商品券またはギフト券3,000円分での優待利回りは約0.3%と低水準です、がご心配なく。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能ですが、2019年(今回)から優待内容が変更になっているので、逆日歩が全く読めない以上、制度クロスは控えた方が無難です。しかも、私がおすすめしている1,000株では10倍になってしまうので全くおすすめできません。
  • 発行済株式数は約4,500万株。
  • 一般信用売りの在庫・売建上限数は、GMOクリック証券で2,000株となっています。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

利益シミュレーションは、GMOクリック証券のみです。コスト負担をできるだけ抑えるために最終日でシミュレーションしますが、100株でも取得できるので、無くなってますかね…

 

証券会社はGMOクリック証券、権利付最終日 当日、2月15日(貸株日数2日分)に、買は制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、その日のザラバ中に買建玉は現引し、2月18日(月)の権利落ち日に現渡すると仮定。(投資額:102万円)
  • 制度信用 買い手数料:259円
  • 一般信用 売り手数料:259円
  • 制度信用 買方金利(2.75%・1日分):76円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・2日分):215円
  • 商品券・ギフト券3,000円分-(259円+259円+76円+215円)=2,191円(概算利益)

同じ条件でカブコムでクロスした場合でも、約800円の利益にはなるようです。

 

個人判定とまとめ

100万円の資金が必要になると考えると、慣れていないと躊躇が先に立って、なかなか難しいとは思いますが、理論上は間違いなく利益が出せます。

私も、100万円超えのクロスは何十回もやってますが、常に恐怖心と闘いながらの発注作業です。見直し作業も何回したかわからないぐらいしています。

ただ、業界では、間違いを犯さないためにも、この「恐怖心」が必要だとも言われていますので、「適度な恐怖心」を心掛けると良いかもしれません。

資金の大きさがネックということで、個人判定は【C】となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【しまむら(8227)の株主優待】買物券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選19銘柄!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年2月権利、おすすめの株主優待です。個人的に厳選した19銘柄で、記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。貸株日数の早見表、計算方法もご紹介しています。

 

※記事内容は2019年1月18日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました