【フコク(5185)の株主優待】棚田米こしひかりをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

フコク(5185)の株主優待「棚田米こしひかり」

引用元:フコク-株主優待

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

5185 フコク の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
5185フコク
権利
確定月
3月末権利付
最終日
2019年
3月26日(火)
単元株数100株株価869円
最低株数100株最低投資
金額
86,900円
優待内容棚田米こしひかり2kg
優待価値918円相当優待利回り1.06%
1株配当20.00円配当利回り2.30%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.36%
一般信用売
GMO
短期
200
一般信用売
カブコム
長期
わずか
資料
作成日
2019年
1月11日(金)
個人判定C
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA
  • 「優待価値:918円」は、販売元の「カカシ米穀」のWEBサイトで確認した税込価格です。
  • ただし、1,000円前後必要となる送料は考慮していません。

 

株主優待内容の詳細

100株以上:新潟県長岡市小国町産 棚田米こしひかり2kg 一律贈呈(税込918円相当)

※発送は11月上旬。

 

スポンサーリンク

5185 フコク の企業紹介

フコク(5185)株主通信

引用元:フコク-株主通信

  • 1953年設立、1994年上場。本社は埼玉県上尾市。2019年3月現在は、東証1部 ゴム製品。
  • ワイパーやブレーキなど、自動車用ゴム製品の大手企業。
  • ワイパーブレードラバー生産量 世界No.1。高分子化学を中心にその他の製品分野でも高いシェア。
  • アジア・北米に海外展開。生産量を増強中。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

  • 資金10万円以下で狙える株主優待です
  • 1月11日の終値ベースで投資金額は約8.7万円。優待価値を918円とした優待利回りは1%を超え高水準です。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年の逆日歩は、100株・1~3日分で毎年150円前後。元々の価値が900円しかないので150円でも利益がずいぶん減ってしまいます。
  • 発行済株式数は約1,760万株と少ないです。
  • 一般信用売りの在庫はGMOクリック証券に「短期」、カブドットコム証券に「長期」、双方にありますが、権利日までかなり少ない状態のまま推移することが予想されます。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

カブドットコム証券の「長期」在庫は、現在1,000株しかなく、無くなってしまいそうなので、残る確率が高そうなGMOクリック証券で利益シミュレーションしてみます。

 

証券会社はGMOクリック証券、権利落ち日に現渡しできる初日、3月6日(貸株日数22日分)に、買いは現物、売りは一般信用「短期」でクロス取引、3月27日(水)の権利落ち日に現渡すると仮定。投資額8.7万円。
  • 現物 買い手数料:95円
  • 一般信用 売り手数料:96円
  • 一般信用 売方貸株料(3.85%・22日分):201円
  • 棚田米918円相当(送料含まず)-(95円+96円+201円)=526円(概算利益)

送料を考慮すると、1,500円前後の利益と考えることもできます。

 

個人判定とまとめ

毎月のことですが、10万円以下といった小さな資金で取得できる株主優待は、予想以上の早さで一般在庫がなくなってしまいます。

そして、取りこぼした人たちが、大した逆日歩にはならいと考えて制度クロス、株不足になって逆日歩発生。ここ数年、この傾向が強くなってきているように感じます。

ちなみにですが、上記シミュレーションと同じ利益を上げられるカブコム「長期」のクロス日は、2月27日以降のようです(2月26日だと「信用事務管理費:108円」がかかるため)。この場合の利益は、約620円~。

というわけで、個人判定は【C】となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【三谷セキサン(5273)の株主優待】クオカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法やコスト、利益シミュレーション。

 

3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】3月株主優待 クロス取引可能なおすすめ165銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年3月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年1月11日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント