【イオンディライト(9787)の株主優待】ギフトカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法・コスト、利益シミュレーション。

「9787イオンディライト」の株主優待「イオンギフトカード」

引用元:イオンディライト-株主優待

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

9787 イオンディライト の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
9787イオンディライト
権利
確定月
2月末権利付
最終日
2019年
2月25日(月)
単元株数100株株価3,950円
最低株数100株最低投資
金額
395,000円
優待内容所有株式数に応じて優待口数の優待品を贈呈 ①トップバリュ商品2,500円相当 ②イオンギフトカード2,000円分 ③ハウスクリーニング2,500円分割引券
優待価値2,000円相当優待利回り0.51%
1株配当63.00円配当利回り1.59%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
2.10%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
資料
作成日
2019年
1月10日(木)
個人判定B
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

※「優待価値」は最低のものを採用。

 

株主優待内容の詳細

所有株式数に応じて優待口数の優待品を贈呈《公式:イオンディライト-株主優待

  • イオントップバリュ 2,500円相当の商品
  • イオンギフトカード 2,000円分
  • ハウスクリーニング割引券(2,500円割引)
  • 100株以上:1口
  • 1,000株以上:2口
  • 5,000株以上:3口
  • 10,000株以上:4口

 

スポンサーリンク

9787 イオンディライト の企業紹介

「9787イオンディライト」TOP

引用元:イオンディライト-TOP

  • 1972年設立、1995年上場。本社は大阪。2019年2月現在は、東証1部 サービス業。
  • イオングループの商業施設やオフィスビルの施設管理が主な業務。
  • 清掃業務や警備業務、自動販売機の管理・運営も行う。
  • 海外事業では、中国、ASEAN地域での事業拡大を目指す。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

  • 1月10日の終値ベースで最低投資金額は約40万円。優待価値を最低の2,000円で算出した優待利回りは0.5%となります。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能です。過去3年間は300円前後の逆日歩ですが、その前に遡っても、ほぼ毎年発生しています。
  • 発行済株式数は約5,400万株、浮動株比率は3.7%。

 

  • 問題は一般信用売りの在庫です。ここからは私の「読み?」「勘?」みたいなものが入っているので事実と異なる可能性が大いにあります。その点を踏まえてお読みください。
  • カブドットコム証券に、昨年まで20万株ほどあった一般売りの在庫が、今年に入って突如5,000株前後に減ってしまいました。
  • ここ数日間、毎日チェックしてますが、19時からの抽選でなくなって翌日の抽選はまた5,000株、また抽選でなくなって翌日の抽選はまた5,000株、これを繰り返しています。
  • 在庫が減っているのは間違いありませんが、私には、カブコム側が小出しにして在庫を減らしているようにしか見えないので、昼間の在庫は「残数量なし」となっていますが、今のところ慌てる必要も諦める必要もないと考えています。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

カブドットコム証券での一般信用売り「長期」を想定してシミュレーションします。また、優待品は人気がありそうなギフトカード2,000円分を採用します。

クロス日は1週間前でやってみますが、何の根拠もなく、ただの私の願望ですのでご了承ください。

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の1週間前、2月18日(貸株日数9日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、その日のザラバ中に買建玉は品受(現引)し、2月26日(火)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。(投資額:40万円)
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):32円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・9日分):147円
  • ギフトカード2,000円分-(194円+194円+32円+147円)=1,433円(概算利益)

 

個人判定とまとめ

本日、1月10日の抽選も5,000株で始まったのを確認しました。

さすがに、同じことが何日も続くと、1か月以上前のこの時期では売り枯れしたようで、本日は倍率1倍に届かず、1,800株残っています(21:50)。

ただ、突然本当に在庫がなくなってしまうこともあると思いますので、その時を見逃さないようにしないといけません。私は、ケチケチして何度もチャンスを逸したことがあります。

イオンギフトカードは何でも買える最も汎用性の高い「金券」ということで、判定は【B】となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【吉野家(9861)の株主優待】3,000円分の飲食券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

 

クロス取引可能なおすすめ厳選銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選19銘柄!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年2月権利、おすすめの株主優待です。個人的に厳選した19銘柄で、記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。貸株日数の早見表、計算方法もご紹介しています。

 

※記事内容は2019年1月10日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント