【イオンモール(8905)の株主優待】ギフトカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

「8905イオンモール」の株主優待「イオンギフトカード」

引用元:イオンモール-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

8905 イオンモール の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
8905イオンモール
権利
確定月
2月末権利付
最終日
2019年
2月25日(月)
単元株数100株株価1,743円
最低株数100株最低投資
金額
174,300円
優待内容3つのコースから1つ選択。①イオンギフトカード ②カタログギフト ③カーボンオフセットサービスの購入
優待価値3,000円相当優待利回り1.72%
1株配当38.00円配当利回り2.18%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
3.90%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
資料
作成日
2019年
1月10日(木)
個人判定A
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

3つのコースから好きなコースを1つ選択

  • 100株以上:3,000円相当
  • 500株以上:5,000円相当
  • 1,000株以上:10,000円相当

 

長期保有株主優待制度…イオンギフトカード:保有継続期間3年以上・1,000株以上

  • 1,000株以上:2,000円分
  • 2,000株以上:4,000円分
  • 3,000株以上:6,000円分
  • 5,000株以上:10,000円分

 

スポンサーリンク

8905 イオンモール の企業紹介

「8905イオンモール」TOP

引用元:イオンモール-TOP

  • 1911年設立、2002年上場。本社は千葉県千葉市。2019年2月現在は、東証1部 不動産業。
  • イオンのデベロッパー部門。ショッピングセンターの開発・運営・管理が主な事業。
  • 海外事業では、中国やASEAN地域に特化して進出。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

  • 1月10日の終値ベースで最低投資金額は約17.5万円。優待価値3,000円相当での優待利回りは約1.7%と非常に高い水準です。
  • また、イオンギフトカードは、全国のイオングループで利用できます。イオンモールなどのショッピングセンターが行きづらい場合でも、マックスバリュなどのスーパーで利用できますので、基本的には「何でも買える」点が魅力です。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能です。逆日歩は、毎年およそ300円前後といったところのようです。
  • 発行済株式数は約2.3億株。この数字や株価から判断しても、滅多なことでは高額逆日歩になったりはしなそうです。(可能性ゼロではないですよ)
  • 一般信用売りの在庫は、カブドットコム証券に「長期」で80万株近く。こちらも滅多なことでは無くなりそうもありません。
  • どれをとっても、クロス取引しやすい状況にある銘柄です。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

「長期」在庫が豊富にあるカブドットコム証券で利益シミュレーションします。

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の当日、2月25日(貸株日数2日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、その日のザラバ中に買建玉は品受(現引)し、2月26日(火)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。(投資額:17.5万円)
  • 制度信用 買い手数料:145円
  • 一般信用 売り手数料:145円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):14円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・2日分):14円
  • 優待価値3,000円相当-(145円+145円+14円+14円)=2,682円(概算利益)

 

1,000株でもやってみます。(投資額:175万円)

  • 制度信用 買い手数料:1,015円
  • 一般信用 売り手数料:1,015円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):142円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・2日分):143円
  • 優待価値10,000円相当-(1,015円+1,015円+142円+143円)=7,685円(概算利益)

ずいぶん効率は落ちますが、それでも原価率23%と脅威の利益率です。

個人判定とまとめ

ヤフオク!での取引履歴を見てみたところ、ほぼ額面の100%、中にはそれ以上のものも多くあり、金券としての価値の高さを感じます。

私は、ここは思い切って1,000株で突撃する勝負どころだと考えていますので、取得できた暁には、取得方法やコストなど、また記事にしたいと思います。

ということで【A】判定となりました。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【イオンディライト(9787)の株主優待】ギフトカードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法・コスト、利益シミュレーション。

 

クロス取引可能なおすすめ厳選銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選18銘柄!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
はじめに 2019年2月権利、おすすめの株主優待です。個人的に厳選した18銘柄で、記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。 技術不足なため、最新情報が記事に反映されず各数値や内容が記事執筆時点のものである点...

 

※記事内容は2019年1月10日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント