【西松屋チェーン(7545)の株主優待】株主優待カードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

「7545西松屋」の株主優待「株主優待カード」

引用元:西松屋-株主通信

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

西松屋チェーン(7545)の株主優待情報

基本情報

コード7545銘柄名西松屋チェーン
権利確定
月日
2月20日・8月20日権利付
最終日
2019年8月16日
単元株数100株株価868円
最低株数100株最低
投資金額
86,800円
優待内容株主ご優待カード優待価値1,000円相当
優待
利回り
2.30%
1株配当21.00円配当
利回り
2.42%
貸借区分貸借優待配当
利回り
4.72%
一般売
GMO
短期:上限1,000株一般売
カブコム
長期:約16万株
発行済
株式数
6,958万株最新DATA詳細情報
資料
作成日
2019年7月26日注意※最新情報では
ありません
※数値は概算

 

株主優待内容の詳細

西松屋全店舗で利用可能な株主優待カード(プリペイドカード)(ネット通販不可)

  • 通常の優待制度(年2回)
    • 100株以上:1,000円分
    • 500株以上:3,000円分
    • 1,000株以上:5,000円分
  • 長期保有優遇制度(年1回、3年以上・100株以上、2020年2月20日の株主より)
    • 100株以上:500円分
    • 500株以上:1,000円分
    • 1,000株以上:3,000円分
    • 3,000株以上:4,000円分
    • 5,000株以上:5,000円分

※公式:西松屋-株主優待制度

 

スポンサーリンク

西松屋チェーン(7545)の企業紹介

「7545西松屋」株主通信の店舗外観

引用元:西松屋-株主通信

  • 設立:1956年 上場:1997年 本社:兵庫県姫路市 業種:小売業。
  • ベビー・子供用品の専門店をロードサイドに全国展開。
  • 2019年2月現在、北海道から沖縄まで、全国に1,004店舗。
  • プライベートブランド、出店、ネット販売などの拡大に注力。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

西松屋の権利付最終日は8月16日(金)、権利落ち日は8月19日(月)。

  • 直近の株価水準での最低投資金額は8~9万円。
  • 優待カード1,000円分での優待利回りは、年1回分で1%超。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年8月…3日分:0円
    • 2017年8月…3日分:165円
    • 2018年8月…1日分:175円
    • 2019年8月は逆日歩1日分。
  • 発行済株式数は約6,958万株。
  • 一般信用売りの在庫は、7月26日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約16万株(抽選時)。
    • GMOクリック証券:「短期」上限1,000株。
    • SBI証券:「短期」不可。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 5月23日現在
    • カブコムの一般長期在庫は現在約15万株。毎回多くの証券会社で一般在庫が確保される銘柄です。
    • 前回、2月基準日では、1月中から少しずつクロスが入っていました。最終日直前になると、カブコムの抽選倍率が数十倍になる人気の優待です。
    • 一方で、GMOで解放されていた在庫は、最終日直前まで残っていたことを記憶しています。カブコムとの顧客層の違いでしょうか。
  • 6月6日現在
    • GMOに、短期:上限1,000株で在庫出現
  • 7月26日現在
    • シミュレーションに1,000株を追加。

カブコム抽選の参考記事はこちら

【カブドットコム証券で株主優待】一般信用売建の在庫確認、抽選申込み、スケジュール、仕組み、ルールなどについて

 

コストシミュレーションは、100株と500株で行います。(1,000株を追加。)

100株:優待カード1,000円分の場合(投資額8万円~9万円)

  • GMOクリック証券カブドットコム証券 共通
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期または長期)売り」
    • 8月19日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
投資金額80,000円85,000円90,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物現物現物現物現物現物
一般一般一般一般一般一般
7/2524273278283
7/2623270274279
7/2922377266388271400275
7/3021368263379267390272
7/3120360260370264381268
8/117334250343253352257
8/216326247334250343253
8/515318243325246333249
8/614309240317243324246
8/713301237308239314242
8/89267224272225276227
8/98259220263222267224
8/137250217254218257220
8/146242214245215248216
8/153216204218204219205
8/162208201209201210201

※数値は概算

500株:優待カード3,000円分の場合(投資額40万円~45万円)

  • GMOクリック証券カブドットコム証券 共通
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(短期または長期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引または品受
    • 8月19日の権利落ち日に現渡または品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額400,000円425,000円450,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
7/2524815842869
7/2623799824850
7/29221,3247821,3848071,444832
7/30211,2827661,3397891,397813
7/31201,2407491,2957721,349795
8/1171,1137001,1607201,207739
8/2161,0716841,1157021,159721
8/5151,0296671,0706851,112702
8/6149876511,0266671,064684
8/7139456349816501,017665
8/89776569801580827591
8/98734552757562780573
8/137691536712545732554
8/146649519667527685536
8/153523470533475542480
8/162481454488458495462

※数値は概算

スポンサーリンク

1,000株:優待カード5,000円分の場合(投資額80万円~90万円)

  • クロスの方法は500株と同じ。
  • レベルアップ クロス取引:カブコムで1,000株の場合、500株+500株のように、分割発注したほうがコスト安になる場合があります(例:売買手数料1,640円⇒776円)。
投資金額800,000円850,000円900,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
7/25242,4062,5482,601
7/26232,3732,5132,564
7/29222,4352,3412,5552,4782,6742,527
7/30212,3502,3082,4652,4432,5792,490
7/31202,2662,2752,3752,4082,4842,453
8/1172,0132,1762,1062,3032,2002,342
8/2161,9282,1432,0172,2682,1052,305
8/5151,8442,1101,9272,2332,0102,268
8/6141,7602,0781,8372,1981,9152,231
8/7131,6752,0451,7482,1641,8202,194
8/891,3381,9131,3892,0241,4402,046
8/981,2531,8801,2991,9891,3452,009
8/1371,1691,8471,2101,9541,2501,972
8/1461,0851,8151,1201,9191,1551,935
8/1538311,7168511,8148711,824
8/1627471,6837611,7797761,787

※数値は概算

おわりに

西松屋は、ベビー用品のイメージが強いお店ですが、キッチン用品や生活雑貨も取り扱いがあります。

1,000円の優待カードを持って店舗に行っても、おそらく全然足りないので、思い切って500株:3,000円分を目指してみてはいかかでしょうか。

 

8月優待のまとめ記事はこちら

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ40銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年8月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年7月26日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました