【ベクトル(6058)の株主優待】プレミアムポイントをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

「6058ベクトル」の株主優待「プレミアム優待倶楽部」

引用元:ベクトル-プレミアム優待倶楽部

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6058 ベクトル の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
6058ベクトル
権利
確定月
2月末権利付
最終日
2019年
2月25日(月)
単元株数100株株価1,415円
最低株数200株最低投資
金額
283,000円
優待内容プレミアム優待倶楽部:優待ポイントを食品・家電・旅行・体験などの商品と交換
優待価値3,000円相当優待利回り1.06%
1株配当配当利回り
貸借区分信用優待+配当
利回り
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期
資料
作成日
2019年
1月9日(水)
個人判定B
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

※1ポイント≒1円

株主優待内容の詳細

保有株式数、保有期間に応じてポイントを付与。株主専用サイト「プレミアム優待倶楽部」に登録後、食品・電化製品・旅行・体験などの商品と交換可能。

  • 200株以上…初年度:3,000ポイント 1年以上保有:3,300ポイント
  • 500株以上:初年度:5,000ポイント 1年以上保有:5,500ポイント
  • 700株以上:初年度:8,000ポイント 1年以上保有:8,800ポイント
  • 1,000株以上:初年度:20,000ポイント 1年以上保有:22,000ポイント
  • 4,000株以上:初年度:30,000ポイント 1年以上保有:33,000ポイント
  • プレミアム優待倶楽部に会員登録が必要。
  • ポイントは次年度へ繰越し可能。最大2年間有効。

 

スポンサーリンク

6058 ベクトル の企業紹介

「6058ベクトル」TOP

引用元:ベクトル-TOP

  • 1993年設立、2012年上場。本社東京で、2019年2月現在は、東証1部 サービス業。
  • 食品、飲料、ファッション、観光、情報通信など、さまざまな商品を、ネット媒体を使ってPRする企業。
  • アジア市場への積極的な進出を図っており、中国、ASEAN地域に拠点約10か所。
  • 今後、さらなる需要が見込まれる動画サービスの提供に注力。

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

  • 1月9日の終値ベースで最低投資金額は28.3万円。優待ポイント3,000ポイント(1p≒1円)での優待利回りは約1%と高水準です。
  • 信用銘柄なので制度クロスはできません。
  • 一般信用売りの在庫は、GMOクリック証券は未定、カブドットコム証券には「長期」で約9万株が確保されています。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

一般信用売りの在庫があるカブドットコム証券で利益シミュレーションを行います。GMOクリック証券に関しては、在庫が出現したら追加で行うスタンスです。

 

証券会社はカブドットコム証券、権利付最終日の12日前、2月13日(貸株日数12日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「長期」でクロス取引、その日のザラバ中に買建玉は品受(現引)し、2月26日(火)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。(投資額:28.3万円)
  • 制度信用 買い手数料:194円
  • 一般信用 売り手数料:194円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):23円
  • 一般信用 売方貸株料(1.50%・12日分):139円
  • 優待ポイント3,000円分-(194円+194円+23円+139円)=2,450円(概算利益)

 

個人判定とまとめ

個人判定【B】

以前私は、制度クロスでしか優待をやっていなかったので、それが原因だと思いますが、これほど利益率の高い優待なのに取得した記憶がありません。

3,000ポイントでどのくらいの水準のものがいただけるのかわかりませんが、公式サイトには「1,000種類以上」とあるので、一般的なカタログギフトと同等の内容を想定しています。

それに、もう一点気になっているのが、1,000株で20,000ポイント。なぜだかわかりませんが、ここだけ明らかにお得です

突撃するなら、中身を確認してからにしたいのですが、どうにか優待倶楽部の中身を見る方法はないでしょうか…

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【西松屋(7545)の株主優待】株主優待カードをクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

 

クロス取引可能なおすすめ厳選銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選19銘柄!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年2月権利、おすすめの株主優待です。個人的に厳選した19銘柄で、記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。貸株日数の早見表、計算方法もご紹介しています。

 

※記事内容は2019年1月9日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました