【クリエイトレストランツ(3387)の株主優待】をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

「3387クリエイト・レストランツ」の株主優待「食事券」

引用元:クリエイト・レストランツ-株主優待制度のご案内

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス の株主優待情報

基本情報

コード
銘柄
3387クリエイト・レストランツ・HD
権利
確定月
2月末
8月末
権利付
最終日
2019年
2月25日(月)
単元株数100株株価1,236円
最低株数100株最低投資
金額
123,600円
優待内容食事券
優待価値3,000円相当優待利回り4.85%
1株配当12.00円配当利回り0.97%
貸借区分貸借優待+配当
利回り
5.83%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
短期
20,300
資料
作成日
2019年
1月8日(火)
個人判定B
注意※最新情報ではありません。※数値は予想・およその数値です。※優待内容等は変更になっている可能性があります。最新DATA

 

株主優待内容の詳細

優待券(食事券)《利用可能店舗

  • 100株以上:3,000円分
  • 500株以上:6,000円分
  • 1,500株以上:15,000円分
  • 4,500株以上:30,000円分

※200株以上を1年以上継続保有した場合、1,500円分を追加贈呈。

 

スポンサーリンク

3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス の企業紹介

「3387クリエイト・レストランツ」TOP

引用元:クリエイト・レストランツ・HD-TOP

  • 1997年設立、2005年にマザーズ上場。東京に本社を置き、2019年2月現在は、東証1部 小売業。
  • 立地属性・顧客属性に合わせて、カジュアルなフードコートから、居酒屋、ディナータイプのレストランまで、様々な業態の店舗を企画・開発し、直営展開。
  • 2018年に、全国900店舗を突破。※業務受託店舗等含む

 

一般信用でのクロス取引の方法や利益シミュレーション

クロス取引の前に

  • 1月8日の終値ベースで最低投資金額は約12.5万円。優待食事券3,000円分での優待利回りは約2.4%(年1回分)と高水準です。
  • 貸借銘柄ですが、高額逆日歩発生のイメージがあります。調べたところ、昨年と4年ほど前に2,000円台の逆日歩が発生しているようですね。イメージほどではありませんでした。
  • 発行済株式数は約9,500万株、浮動株比率は30.7%。
  • 問題は、一般信用売りの在庫です。1月8日現在、カブドットコム証券に「短期」で約2万株しかありません。昨日は2.7万株ありましたが大きく変動しました。
  • 今後も日々大きく変動すると思うので、実際にクロスで優待を取得できるかどうかは微妙なところだと思います。もし残っていても、かなりの抽選倍率になりそうです。

 

スポンサーリンク

クロス取引の方法と利益シミュレーション

一般信用売りの「短期」在庫があるカブドットコム証券で利益シミュレーションを行ってみます。

 

証券会社はカブドットコム証券、2月13日(貸株日数12日分)に、買いは制度信用(現引停止に注意)、売りは一般信用「短期」でクロス取引、その日のザラバ中に買建玉は品受(現引)し、2月26日(火)の権利落ち日に品渡(現渡)すると仮定。(投資額:12.5万円)
  • 制度信用 買い手数料:145円
  • 一般信用 売り手数料:145円
  • 制度信用 買方金利(2.98%・1日分):10円
  • 一般信用 売方貸株料(3.90%・12日分):160円
  • 買物優待券2,000円分-(145円+145円+10円+160円)=2,540円(概算利益)

 

一般クロスが厳しい場合に、過去の小さな逆日歩だけを期待して、一か八か制度クロスで勝負する気持ちもわからなくはないですが、私はおすすめしません。

 

個人判定とまとめ

利回り2%超え、使えなくてもヤフオク!なら額面の8割ほどで売れそうなので、高評価の【B】となりました。

以前は目ぼしい店舗がなかったので、優待の取得を見送っていたんですが、昨年、福岡にできた「マークイズ福岡ももち」に優待券が利用できるお店が出来たようなので、今回は取得する気満々です。

ただ、取れなかったときに制度クロスで突撃しないように、「自制」を心掛けようと思っています。

 

次のおすすめ株主優待はこちら

【イオンファンタジー(4343)の株主優待】をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法や取得コスト、利益シミュレーション。

 

クロス取引可能なおすすめ厳選銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】2月株主優待 クロス取引可能なおすすめ厳選19銘柄!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年2月権利、おすすめの株主優待です。個人的に厳選した19銘柄で、記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能です。一覧になっていますが、個別の詳細記事も用意があります。貸株日数の早見表、計算方法もご紹介しています。

 

※記事内容は2019年1月8日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント