【ビックカメラ(3048)の株主優待】買物優待券をクロス取引で獲る!一般信用での取得方法とコストシミュレーション。

ビックカメラの「株主様お買物優待券」

ビックカメラの株主優待「株主様お買物優待券」

この記事は、株主優待の取得にクロス取引を利用することを前提に執筆しています。

スポンサーリンク

ビックカメラ(3048)の株主優待情報

基本情報

コード3048銘柄名ビックカメラ
権利
確定月日
2月末日・8月末日権利付
最終日
2019年8月28日
単元株数100株株価1,170円
最低株数100株最低投資
金額
117,000円
優待内容買物優待券優待価値1,000円相当
優待利回り1.71%
1株配当20.00円配当利回り1.71%
貸借区分貸借優待配当
利回り
3.42%
一般信用売
GMO
一般信用売
カブコム
長期:約28万株
発行済
株式数
1.88億株資料
作成日
2019年5月23日
注意※最新情報では
ありません
※数値は概算
最新DATA詳細情報

 

株主優待内容の詳細

所有株式数および保有期間に応じて「買物優待券」を贈呈。《公式:ビックカメラ-株主優待制度

所有株式数

  • 基準日:2月末日
    • 100株以上:2,000円分(1,000円券×2枚)
    • 500株以上:3,000円分(1,000円券×3枚)
    • 1,000株以上:5,000円分(1,000円券×5枚)
    • 10,000株以上:25,000円分(1,000円券×25枚)
  • 基準日:8月末日
    • 100株以上:1,000円分(1,000円券×1枚)
    • 500株以上:2,000円分(1,000円券×2枚)
    • 1,000株以上:5,000円分(1,000円券×5枚)
    • 10,000株以上:25,000円分(1,000円券×25枚)

 

保有期間

  • 基準日:8月末日
    • 100株以上・1年以上継続保有:1,000円分追加
    • 100株以上・2年以上継続保有:2,000円分追加

 

買物優待券の利用方法

実店舗での利用のほか、ネット通販でも利用可能。詳しくはこちら⇒《公式:ビックカメラ-株主優待制度
店頭ネット通販
ビックカメラ
ソフマップ
コジマ×

 

スポンサーリンク

ビックカメラ(3048)の企業紹介

「3048ビックカメラ」TOP

引用元:ビックカメラ-TOP

  • 設立:1980年 上場:2006年 本社:東京 業種:小売業。
  • ターミナル駅周辺に大型店舗を展開する家電量販店。
  • 傘下には、2006年に子会社化したソフマップ、2012年に子会社化したコジマなど。
  • 2019年現在、北海道から九州まで、直営店を全国に40店舗以上展開。

 

一般信用でのクロス取引の方法とコストシミュレーションなど

クロス取引の前に

  • 2019年4~5月の株価水準で最低投資金額はおよそ12万円。
  • 100株:優待券1,000円分の優待利回りは、年1回分で約0.8%。
  • 1,000株(資金120万円):優待券5,000円分では、半分の約0.4%。
  • 貸借銘柄で制度クロスも可能。過去3年間、100株あたりの逆日歩は、
    • 2016年8月…1日分:5円
    • 2017年8月…1日分:110円
    • 2018年8月…3日分:30円
    • 2019年8月は逆日歩3日分。
  • 発行済株式数は約1.88億株
  • 一般信用売りの在庫は、5月23日現在、
    •  カブドットコム証券:「長期」約28万株
    • GMOクリック証券:不明。おそらく現れる。
    • SBI証券:「短期」残りわずか。

 

クロス取引の方法とコストシミュレーション

  • 5月23日現在
    • 発行済株式数、投信比率、過去の記録から考えて、どの証券会社でも一般信用売りの在庫が確保される確率が高そうです。
    • 前回、2月期優待の私の記録では、最終日の1週間前、長期在庫が50万株近くある時にクロスしてます。倍率は1倍以下だったと記憶してます。

カブコム抽選の参考記事はこちら

【カブドットコム証券で株主優待】一般信用売建の在庫確認、抽選申込み、スケジュール、仕組み、ルールなどについて

 

ビックカメラの8月優待は、2月に比べて100株・500株ではレベルダウンしてしまうので、コストシミュレーションは、100株に加えて、レベルダウンしない1,000株も合わせて行います。

100株:優待券1,000円の場合(投資額11万円~13万円)

  • GMOクリック証券
    • クロス:「現物買い」×「一般信用(短期)売り」
    • 8月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=現物買い手数料+信用売り手数料+貸株料
  • カブドットコム証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受
    • 8月29日の権利落ち日に品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額110,000円120,000円130,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
現物制度現物制度現物制度
一般一般一般一般一般一般
7/2934453467482
7/3033448463477
7/3132444458472
8/129430443456
8/228426438450
8/527421433445
8/626417428440
8/725412423434
8/821489394511403533413
8/920477389498398519407
8/1319465385485393506402
8/1418454380473389492397
8/1515419367435374451381
8/1614407362422369437375
8/1913396358410364423370
8/2012384353397359410365
8/2111373349384354396359
8/228338335346339355343
8/237326331334334341338
8/266315326321329327333
8/275303322308324314327
8/284291317296320300322

※数値は概算

スポンサーリンク

1,000株:優待券5,000円の場合(投資額110万円~130万円)

  • GMOクリック証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(短期)売り」+「クロス当日に買建玉を現引」
    • 8月29日の権利落ち日に現渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
  • カブドットコム証券
    • クロス:「制度信用買い」×「一般信用(長期)売り」+「クロス当日に買建玉を品受」
    • 8月29日の権利落ち日に品渡
    • コスト=信用買い手数料+信用売り手数料+金利+貸株料
投資金額1,100,000円1,200,000円1,300,000円
証券会社GKGKGK
クロ
ス日
貸株
日数
制度制度制度制度制度制度
一般一般一般一般一般一般
7/29343,6573,8053,953
7/30333,6123,7553,899
7/31323,5663,7063,846
8/1293,4313,5583,685
8/2283,3863,5093,632
8/5273,3403,4593,579
8/6263,2953,4103,525
8/7253,2503,3613,472
8/8213,0373,0693,2663,1643,4963,258
8/9202,9213,0243,1403,1143,3583,205
8/13192,8052,9793,0133,0653,2213,151
8/14182,6892,9342,8873,0163,0843,098
8/15152,3412,7982,5072,8682,6732,938
8/16142,2252,7532,3802,8182,5362,884
8/19132,1092,7072,2542,7692,3992,831
8/20121,9932,6622,1272,7202,2612,777
8/21111,8772,6172,0012,6702,1242,724
8/2281,5292,4811,6212,5221,7132,564
8/2371,4132,4361,4942,4731,5762,510
8/2661,2972,3911,3682,4241,4392,457
8/2751,1812,3461,2412,3751,3022,403
8/2841,0652,3011,1152,3251,1642,350

※数値は概算

おわりに

GMOの在庫が後半戦まで残ることを期待するか、それとも固く、カブコムで早めにクロスするか。複数に口座を持っている方は悩みどころかもしれませんね。

株価が1,100円~1,300円の範囲におさまるかどうかわからないので、この記事はまた見直します。

 

8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄のまとめ記事はこちら

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。

【2019年】8月株主優待 クロス取引可能なおすすめ25銘柄一覧!貸株日数の早見表、証券会社別の手数料・金利つき。
2019年8月権利、おすすめの株主優待です。記事執筆時点で、すべて一般信用でのクロス取引が可能な銘柄です。一覧に加えて、個別の詳細記事も用意があります。

 

※記事内容は2019年5月23日が基準となっています。最新情報は、各WEBサイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました